キャスト・スタッフの作品愛に満ちた必死の宣伝実る!『探偵はBARにいる3』シリーズ最高の大ヒットスタート

12月1日(金)より全国334館にて公開された映画『探偵はBARにいる3』(監督:吉田照幸)。公開3日間の動員で、1作目の「探偵はBARにいる」(2011/9/10(土)公開/251scrスタート/最終興収12.2億)と比較して動員比103.7%、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」(2013/5/11(土)公開/305scrスタート/最終興収8.9億)と比較して動員比118.5%と第3作目にしてシリーズ最高の大ヒットスタート!!

公開初日となった金曜日は、平日にもかかわらず映画の公開を心待ちにしていたファンが映画館に殺到し、いち早く映画を観たシリーズファンの観客からは「やっぱり探偵の大泉洋が一番好きだ」「今回の3作目が一番面白い!」「まさか探偵でこんなに泣くとは思わなかった」「まさに大人が楽しめる娯楽作」などといった意見が聞かれるなど、シリーズ最高傑作との呼び声も高く、「寅さんのように毎年やってほしい」「これからもシリーズとして続いていってほしい」「4も待ってます!」と今後のシリーズ続行を願う声も多くあがりました。

また、今作から探偵シリーズを観たという観客からも、「はじめて探偵を見たけど、今年観た映画の中で1番!」「笑えて、アクションもあって、泣ける」「とにかく楽しかった!」「リピ(リピート)決定!」などという感想が聞かれており、ぴあ映画初日満足度ランキングでも実写映画としてはNO.1となるなど映画としても高評価となりました。
異例の大宣伝!映画館でのバイトはまさかの大赤字!

静岡県の映画館で2時間アルバイト

新幹線で向かった為交通費が足りず大赤字!

初日舞台挨拶で主演の大泉洋さんは今回の大宣伝について、「映画は撮影より宣伝の方が大変なのではないかと思うくらい、とにかく宣伝をやりまくりました。大泉洋を見ない日はない、中にはもう見飽きたから、『映画は観なくても良いかな』なんて声も。『バカヤロー』」と、大宣伝を報告。そして公開日に行ったのが映画館でのバイト。静岡県のシネプラザサントムーンで2時間バイトを行い、会場には多くのファンが押し寄せた模様。制服、交通費支給との条件で参戦したものの、支給された交通費は100円。新幹線で現地に向かったため、バイト代含めても大赤字だったと報告する一幕も。まさに稼ぎより、記憶に残る大宣伝が実った大ヒットスタート!シリーズ最高興収を収め、次回作へスピーディーに繋がることをファンも大いに期待しているのではないでしょうか。
2018年ブレイクの予感、志尊淳!
初日舞台挨拶で熱烈なファンが集まったのが「疾風ロンド」「サバイバルファミリー」「帝一の國」「覆面系ノイズ」など話題作への出演が止まらない志尊淳さん。この日のトークでも主演の大泉洋さん、高田役で映画の中では「無理だ!」と言わしめた松田龍平さんと軽快なトークで絡み、演技のみならずトークでも会場を盛り上げてくれました。文句なしのルックスはもちろんトークでも才能の片鱗を見せ、2018年は志尊淳大ブレイクの期待が高まります。

■ 予告編




関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  2. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…
  3. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  4. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…
  5. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  6. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  7. ■ストーリー アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガ…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る