佐野元春「冷酷なアウトローをやってみたい」
トークイベントオフィシャルレポート

ニュース

短編映画『SIGNATURE』が第70回ロカルノ国際映画祭ほかで高い評価を受けた近浦啓監督の長編映画デビュー作『コンプリシティ/優しい共犯』が新宿武蔵野館ほか全国順次公開中です。

本作は技能実習の職場から逃亡、他人になりすまして働きにきた中国人青年チェン・リャンと、彼を受け入れる孤独な蕎麦職人・弘は親子のような関係を築いていくが、不法滞在者を追う警察の手がチェン・リャンに迫る。二人はお互いの幸せを願い、ある決断をする。嘘の上に築いた絆の行方とはー。この決断をあなたは許せるだろうかー?

メガホンをとったのは、本作が長編映画デビューとなる近浦啓監督。本作は北米最大の映画祭・トロント国際映画祭でワールド・プレミア上映され、続いて釜山、ベルリンと世界の名だたる映画祭へ入選し正式出品、そして厳しい目を持つ映画ファンが集まる東京フィルメックスで観客賞を受賞した。

この度、本作のメガホンをとった近浦啓監督と今年デビュー40周年を迎えた歌手・佐野元春とのトークイベントを実施致しました。
近浦監督が10代の頃から佐野元春の音楽に大きな影響を受け、2010年代からはその佐野元春氏の映像作品を多く手がけてきた縁から、今回のトークイベントが実現!

■日時:1月26日(日) 19:30~ ※上映前トークイベント
■場所:新宿武蔵野館 スクリーン1(新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F)
■登壇:佐野元春、近浦啓監督(敬省略)

北米最大の映画祭・トロント国際映画祭でワールド・プレミア上映され、続いて釜山、ベルリンと世界の名だたる映画祭へ入選し正式出品、そして厳しい目を持つ映画ファンが集まる東京フィルメックスで観客賞を受賞するなど世界の各映画祭で話題を呼んでいる本作。技能実習の職場から逃亡、他人になりすまして働きにきた中国人青年チェン・リャンと、彼を受け入れる孤独な蕎麦職人・弘が親子のような関係を築いていく中、不法滞在者を追う警察の手が迫った時、二人はお互いの幸せを願い、ある決断をする。嘘の上に築いた絆の行方とはー。技能実習生の不法滞在という現代社会の問題を鋭く突き、日中の実力派俳優の名演が光る傑作が公開中だ。

近浦監督が2010年代からはその佐野元春氏の映像作品を多く手がけてきた縁から、実現した今回のトークイベント。
佐野「この映画が撮っている主題、社会的なイシューは、どちらかというとドキュメンタリーで扱うテーマなんだけれども、それが映画として成立しているということに感心、感動しました」と称賛。近浦監督は満面の笑みを浮かべる。

長編映画デビューを果たしたことに佐野は「率直におめでとうございます。私のコンサートのドキュメンタリーも彼に撮ってもらいました。多くの映像監督と仕事をしてきました。音楽を理解している監督と、映像で引っ張っていく監督と2種類いるんですけど、近浦監督は珍しくその両方を兼ね備えている。」とこれまでの近浦監督との仕事で感じた印象を語る。

佐野は「ドキュメンタリーというのは作り手が1つの事実に対して自分はこう思うんだという、監督なりの結論を元に客観的な事実を積み上げていくスタイル、問題提議をしていくところが優れている。この映画はその手法プラス、現代に生きる我々や翻弄される人々の側から想像力を使ってその問題に向き合うことができる。そこが凄く素晴らしい」と本作の優れた点を語った。

ロケ地や映画公開までの流れなど、監督を質問攻めにする佐野は劇中の藤竜也について「古風な日本の父親を体現しているという意味においてクリント・イーストウッド的で、その中で葛藤している」と感じたようだ。
一目見た瞬間からルー・ユーライさんに決めていたという近浦監督の言葉や赤坂沙世さんのキャスティングの演出的な部分での起用理由に佐野は大きく頷いていた。そして「とにかくラストシーンに思い浮かぶものがありました。これから観る人たちがラストシーンにどんな思いを抱くのかとてもきになります」と続けた。

フランスのヌーベルヴァーグやアメリカンニューシネマの時代の映画に影響を受けたという近浦監督に佐野は「わたしはリアルタイムです。15才くらいでしたね。10代の頃から表現することに興味を持ってて。詩を書いたり、曲を書いたり、そして今こうなっている。他の表現も気になっていて、特に映画は表現のすべてがそこにありますから、訴求力という点ではパワフルですよね。音楽を聴くように映画にも興味を持った。よく新宿でヌーヴェルヴァーグの時代の映画を観ていましたね」と懐述した。

「映画作家として佐野さんを撮りたい」という近浦監督に、佐野は「ひとつ憧れがあって、アウトローをやってみたい。冷酷なアウトローを。もしそういうシネリオがありましたらお願いします」とまさかの逆オファーに会場からは笑いが起こった。

最後にこれから映画を観る観客に向けて近浦監督が感謝を伝え、大きな拍手が沸き起こり、舞台挨拶は終了した。

本予告編映像

作品情報

キャスト:ルー・ユーライ 藤竜也
赤坂沙世 松本紀保 バオ・リンユ シェ・リ ヨン・ジョン 塚原大助 浜谷康幸 石田佳央 堺小春 / 占部房子
監督・脚本・編集:近浦啓
主題歌:テレサ・テン「我只在乎ニィ(時の流れに身をまかせ)」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
製作:クレイテプス Mystigri Pictures 
制作プロダクション:クレイテプス 
配給:クロックワークス 
2018/カラー/日本=中国/5.1ch/アメリカン・ビスタ/116分 
©2018 CREATPS / Mystigri Pictures
http://complicity.movie

新宿武蔵野館ほか全国順次公開中
友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  2. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  3. 画像,グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    ■イントロダクション 原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッ…
  4. 画像,1917 命をかけた伝令
    英国アカデミー賞9部門 全米監督協会賞&全米撮影監督協会賞など 続々ノミネート中!! 早くも、…
  5. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  6. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  7. 映画『スキャンダル』
    世界騒然! 全米最大TV局を揺るがした衝撃スキャンダルの全貌 映画『スキャンダル』 シャーリー…

Facebook

ページ上部へ戻る