『ソン・ランの響き』
加藤るみ(タレント)、溝口彰子(BL研究家)ら
各界著名人から絶賛コメントが解禁!
来日予定のレオン・レ監督&リエン・ビンファットからの
ビデオメッセージも公開!

ニュース

2月22日(土)より新宿K’s Cinemaほか全国順次公開の映画『ソン・ランの響き』へ、各界著名人からの絶賛コメントが到着しました。 また来日予定のレオン・レ監督、主演のリエン・ビン・ファットからビデオメッセージも。

本作は、1980年代のベトナム・サイゴンを舞台に、借金の取り立て屋のユンと、ベトナムの伝統歌舞劇<カイルオン>の花形役者リン・フンの刹那的な3日間の出会いを、退廃的で美しい80年代サイゴンのビジュアルとともにいた「ボーイ・ミーツ・ボーイ」の物語。


ユンを演じたリエン・ビン・ファットの演技が世界中の映画祭で話題を呼び、第31回東京国際映画祭ジェムストーン賞、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で37もの賞を受賞している。

2/22(土)からの公開を前に、美しくも悲しい2人の情愛の世界に魅了された著名人から絶賛コメントが届いた。

アジア映画マニアのタレント・加藤るみ「青年ふたりの目は無情なのに優しい。人生の物足りなさや曖昧さを感じていた彼らがお互いの心を通わせた時、このふたりをずっと見ていたいと思いました。」とユンとリン・フンの魅力を絶賛。

『BL進化論』シリーズの著者でBL研究家の溝口彰子は「緑と琥珀に染まったこの場所 は、1980年代のサイゴンであり、ウォン・カーウァイの60年代香港にも通じる「魔法の空間」でもある。ユンとリン・フンに感情移入しているつもりが、魔法(映画)に絡めとられる快楽」と、香港映画界の巨匠ウォン・カーウァイを援用し、作品を振り返った。

その他にも東小雪(LGBTアクティビスト/元タカラジェンヌ)、睡蓮みどり(女優・文筆家)、小野美由紀(作家)、相田冬二(映画批評家)、松崎健夫(映画評論家)、ヴィヴィアン佐藤(ドラァグクイーン、美術家)からも絶賛コメントが到着している。コメントが記載されたチラシも作成される。コメント全文は公式HP(http://www.pan-dora.co.jp/songlang )より確認できる。

コメント

映画にはどうしても見逃してはならない瞬間がある。二人の美しい男が出会うとき、瞬きするのも忘れてすでに誘い込まれている。愛の始まり、あの瞬間、この瞬間も、世界は二人のものだと錯覚したくなるほどに。
ーー睡蓮みどり(女優・文筆家)

青年ふたりの目は無情なのに優しい。
人生の物足りなさや曖昧さを感じていた彼らがお互いの心を通わせた時、このふたりをずっと見ていたいと思いました。
ベトナム映画の魅力にどっぷり浸からせてもらいました!
ーー加藤るみ(タレント)

心に傷を抱えて生きるふたりの純愛。
時代や国や文化が違っても、そして同性同士でも、普遍的な愛がある。
力強く生きなければならない現実と、内に秘められた人間らしい優しさ。
切なさと美しさに、胸が震えます。
ーー東小雪(元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト)

緑と琥珀に染まったこの場所は、1980年代のサイゴンであり、ウォン・カーワイの60年代香港にも通じる
「魔法の空間」でもある。ユンとリン・フンに感情移入しているつもりが、魔法(映画)に絡めとられる快楽。
ーー溝口彰子 (『BL進化論』シリーズ著者)

世の中には“知られざる人生”がある。誰かに告げることも、誰かが語り継ぐこともない、それゆえ誰にも知られることがない、とてもパーソナルな物語のことだ。そんな小さな物語が誰かの人生を変えてゆく。ここにあるのは、
かくの如き秀麗なる邂逅だ。
ーー松崎健夫(映画評論家)

相手の「負」の部分こそを敬うこと。
リスペクトの本質と、友情の根源。
深くすがすがしい筆致で、映画『ソン・ランの響き』は、それを明らかにする。
ーー相田冬二(映画批評家)

AMラジオから漏れる音、ブラウン管テレビから発する光、カイルオンの弦楽器ダングエットやベトナムギターが奏でるビブラート。揺らぎ定まることのない数々の波は、人々の生と性の在り方にも影響を及ぼす。曖昧であることの美しさと正しさ。そんなに昔ではないロマンがまだあった時代の小さなお伽噺。
ーーヴィヴィアン佐藤(ドラァグクイーン、美術家)

影と光のように、二つで1つの孤独な魂たちが妖しげな路地で密やかに溶け合う。
日本よりも「陰翳礼讃」という言葉の似合うサイゴンの街並みの美しさ、
物語が進むにつれメキメキ色っぽくなる二人の名優。必見!
ーー小野美由紀(作家)

そして、公開初日の2/22(土)に新宿K’s Cinemaで公開記念イベントを行うレオン・レ監督、リエン・ビン・ファットからのビデオメッセージもYoutubeにて公開


レオン・レ監督は「美しいラブストーリーを日本の皆さんと共有することができて、興奮しています。是非映画を応援して下さい。ガッカリさせません。」とコメント。リエン・ビン・ファットは「おはようごさいます。リエン・ビン・ファットです」と日本語で挨拶。「映画を通じてみなさんがベトナムの文化の特徴について理解を深めていただければと思います。みなさん全員とお会いするのを楽しみにしています。」と日本の観客にメッセージを送った。

コメント動画

作品情報

タイトル:ソン・ランの響き(原題:Song Lang)
監督:レオン・レ 
脚本:レオン・レ ミン・ゴック・グエン 
撮影:ボブ・グエン 
プロデューサー:ゴ・タイン・バン 
製作:STUDIO68
出演:リアン・ビン・ファット アイザック スアン・ヒエップ
提供:パンドラ 
配給協力:ミカタ・エンタテインメント 
配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト
【2018年/102分/ベトナム】 
公式HP http://www.pan-dora.co.jp/songlang/
コピーライト表記:©2019 STUDIO68

2020年2月22日より新宿K’s cinema他ロードショー
友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  2. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  3. 画像,1917 命をかけた伝令
    英国アカデミー賞9部門 全米監督協会賞&全米撮影監督協会賞など 続々ノミネート中!! 早くも、…
  4. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  5. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  6. 画像,グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    ■イントロダクション 原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッ…
  7. 映画『スキャンダル』
    世界騒然! 全米最大TV局を揺るがした衝撃スキャンダルの全貌 映画『スキャンダル』 シャーリー…

Facebook

ページ上部へ戻る