12/5(火)モーツァルト追悼イベント オフィシャルレポート 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』
Pocket
LINEで送る

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

人気急上昇中の芸人脳みそ夫登壇!
「モーツァルトの給食当番」「脳みそ夫体操」も披露!

【レポート内容】

世界中で親しまれ、数々の名曲を生み出したアマデウス・モーツァルト。本作は、偉大なる天才音楽家の生誕260年を記念して、アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』(84)以降、満を持して制作された本格的モーツァルト映画。1787年、モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を作曲したという史実に想を得て、猟色家ドン・ファンを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係を描いていく。

12/5(火)モーツァルト追悼イベント オフィシャルレポート 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

この日、天才音楽家モーツァルト 226回目の命日を記念し、バラエティ番組で“聖徳太子”や“モーツァルト”など偉人をフィーチャーした異色ネタが話題を呼び、最近では女子中高生の動画アプリでもブームを巻き起こしている注目の芸人・脳みそ夫が登壇。モーツァルトの音楽にのって金髪のカツラに割烹着という強烈な衣装で登場し、「こんちわ~す!おいらのこと知ってる人いるっす?2人?とほほ~」とすぐに持ちギャグを織り交ぜ、会場から笑いを誘い雰囲気を和ませた。

「挨拶代わりにネタを披露するっす!モーツァルトのネタをやってるってことで今日は呼んでもらったみたいなので、モーツァルトのネタをするっす。モーツァルトだって給食当番するっつーの!」と代表作<モーツァルトの給食当番>を披露。モーツァルトやベートーベン、バッハ、チャイコフスキーなど名だたる作曲家達が登場し、「しぶしぶ四分音符」など音楽にちなんだワードがネタ中にふんだんに盛り込まれているが、今日披露されたネタには映画にちなんでプラハ男爵やスザンナ、プラハも盛り込まれており、会場内は笑いに包まれた。

■ モーツァルト追悼イベント動画



ネタを披露し終わると「ようやく会場内が一つになれた気がしたっす」と本人も満足気な様子だった。なぜモーツァルトをネタにしようとしたのかという質問には、「聖徳太子とか千利休とか、偉人を題材にネタを作っているけど、モーツァルトもビジュアルにパンチがあるので使わせてもらったっす」と実は“見た目”から「モーツァルトの給食当番」のネタを思いついたという。

映画の感想を聞かれると、「すごい面白かったっす。まず、音楽が良いし、衣装が凄く豪華で!サロカ男爵とスザンナさん、モーツァルトの本当にドロドロした展開も見逃せない。あと、やっぱタイトル見て、皆さんまず何を思いました?(キダタロウの)浪速のモーツァルト思いつかなかったっす?原題が全然違うじゃないっすか。浪速のモーツァルトに引っ張られる本家ってどうなんですか。ちなみに今日は、会場にキダタロウさん来てないんですか?」とボケを繰り出し爆笑の渦に。今後の抱負は「こんちわ~す!を浸透させたいんすよ。」と意気込み、「手はグー、口はタコにして、こんちわ~す!」とやり方を再現しつつ、コツをレクチャーする一幕も。

12/5(火)モーツァルト追悼イベント オフィシャルレポート 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

映画の中で、スザンナを巡り、サロカ男爵とモーツァルトの三角関係を描いていることから、現在ライバル視している相手を問われ、「ピコ太郎さん。おいらもメガヒットを狙いたいんすよ。どかんと一発、世間でムーブメントになるようなのを狙って、曲を作ったっす!作詞作曲したっす!」と新たな挑戦をアピール。

「それはジャスティン・ビーバーに見つけてもらえそうですか?」というMCのツッコミには「いや、絶対見つからないと思いますよ。あ、知り合いだったりします?」とすかさず切り返した。終盤では「こんちわ~す!」「脳みそ夫だ~い」がリズムよく盛り込まれた、ダイジェスト版の<脳みそ夫体操>を披露。女子中高生の間で脳みそ夫体操を動画投稿するアプリが流行っていることに触れ、「自分たちで振付を変えて踊るのが流行ってるみたいで、今みたら3万件も投稿してもらってたっす。すごいっすよね。ただ、観たらおいらの原型が全くないっすよ。みんな思い思いのことしてて、しかも歌詞まで変えてるっすよ。とほほ~。まぁ、ムーブメントを起こしているってことでありがたいっす」と感謝していた。

最後にこの映画の見どころを聞かれると、「本当に観て素直に思ったんすけど、全編に渡って衣装がめちゃくちゃ綺麗なんですよ。そこは楽しめると思うっす。あと、音楽もいいし、モーツァルト役のアナイリンさんの演技も良くて、イケメンだし。やっぱり、アカデミー賞とった『アマデウス』の奇天烈なイメージがあったんですけど、それよりもっとイケメンでダンディーな感じなんで、そのへんを楽しんで欲しいっす」と新しいモーツァルト像を絶賛した。

イベント中、何度か音響障害に見舞われるも、トラブルも笑いに変える安定感を見せ、写真撮影中もカメラマンの要望に応え複数のポーズを披露し、最後まで会場に笑いを巻き起こした脳みそ夫だった。

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』は、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか大ヒット公開中。

モーツァルト生誕260年記念
『アマデウス』に続き、遂に誕生したモーツァルト映画の最新作!
1787年、プラハを舞台に、天才音楽家を巡る愛と陰謀が錯綜する――

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【イントロダクション】

アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』以来、久々に登場した本格的モーツァルト映画。モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を初演したという史実に想を得て、華麗なる恋と陰謀のストーリーが“百塔の都”プラハの上流階級を舞台に繰り広げられる。主演のモーツァルトには、『ダンケルク』にも出演する新進俳優アナイリン・バーナード、悲運の歌姫スザンナ役に『高慢と偏見とゾンビ』のモーフィッド・クラークを配し、悪の男爵サロカを『ハイ・ライズ』の名優ジェームズ・ピュアフォイが演じる。

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

中世の街並みが色濃く残るプラハ市で全編ロケを敢行し、チェスキー・クルムロフ城劇場を初めとし、実際にモーツァルトが訪れた市街や建物を映画の舞台として再現。さらに、映画の鍵となる傑作オペラ「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」を初めとする音楽を演奏するのは、プラハ市立フィルハーモニー管弦楽団。この冬一番の歴史ロマン音楽ドラマである。

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【作品紹介】

1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―

■ 予告編



監督・脚本:ジョン・スティーブンソン 『ジム・ヘンソンの不思議な国の物語』
脚本:ブライアン・アシュビー、ヘレン・クレア・クロマティ
制作:ヒュー・ペナルット・ジョーンズ、ハンナ・リーダー
美術:ルチャーナ・アリギ
衣装:パム・ダウン

■ 出演

アナイリン・バーナード『ダンケルク』
モーフィッド・クラーク『高慢と偏見とゾンビ』
ジェームズ・ピュアフォイ『ハイ・ライズ』
サマンサ・バークス『レ・ミゼラブル』

2016年/UK・チェコ合作/103分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:Interlude in Prague/字幕翻訳:チオキ真理/

配給:熱帯美術館
提供:熱帯美術館、ミッドシップ

■ 公式ホームページ

Mozart-movie.jp

■ コピーライト表記

© TRIO IN PRAGUE 2016.

■ 公開情報

12月2日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

関連記事

コメントは利用できません。

映画『Vision』大ヒット公開中!

注目映画

  1. 映画『モリのいる場所』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    文化勲章を断ってしまった! 30年、ほとんど自宅から出ず、庭を愛した! 蟻は左の2本目の足から歩…
  2. 映画『グレイテスト・ショーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る映画史上最高にロマンティッ…
  3. 映画『レディ・プレイヤー1』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 誰もが知る大人気シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ジュラシック・パーク』『…
  4. 映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    アカデミー賞最有力! ゴールデン・グローブ賞主演男優賞<ゲイリー・オールドマン>ノミネート! …
  5. ■ ストーリー 錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「ゼニガタ」…
  6. 映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【イントロダクション】 少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を――。 高校生の青春を描いた武田…
  7. 映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    私は、家族を焼き殺された。 卒業まであと2ヶ月、私ね、人を殺したの。 【イントロダクション】 …

予告編 夜間もやってる保育園

予告篇 ワンダーウーマン

予告編 あしたは最高のはじまり

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る