映画『ホド ロフスキーのサイコマジック』

東佳苗「定期的に見るべき処方箋映画」
ホドロフスキー愛溢れる、絶賛コメント到着!!

91 歳、アレハンドロ・ホドロフスキーの新作にして集大成、映画『ホド ロフスキーのサイコマジック』が 4 月 24 日(金)より、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開される。

「サイコマジック」とはホドロフスキーが考案した心理療法。本作では、 実際にホドロフスキーのもとに悩み相談に訪れた 10 組の人々が出演し、 「サイコマジック」がどのように実践され、作用しているのかを描く。そして『エル・トポ』や『ホーリー・マウンテン』などホドロフスキ ーの過去作の抜粋とともに、自身のこれまでの作品が、いかに「サイコマ ジック」であったかを解き明かしていく。

このたび、作家の吉本ばななさんや、ラッパーのダースレイダーさん、映 画評論家の滝本誠さん、精神科医の名越康文さん、東佳苗さん(rurumu:/縷縷夢兎デザイナー) 他、ホドロフスキーの 「サイコマジック」をいちはやく体感した各界著名人より、ホドロフスキ ー愛溢れる絶賛コメントが到着した。

ホドロフスキー愛溢れる、絶賛コメント到着!!

吉本ばなな(作家)

人の心の淀んだ傷の下には、人類全てが等しく共有する果てしなく澄んだ水がある。 それこそが愛であり芸術なのだろう。 ホドロフスキーの優しいまなざしが全編に音楽のように流れていて、包まれるようだった。

手塚眞(ビジュアリスト)

まさに現代の魔術師! 観ているこちらが魔法にかけられた気分。

名越康文(精神科医)

ここに展開されている映像は、極めてオーソドックスで正当なセラピーだと私には映る。 つまり「生まれ直し」だ。 あなたも今夜、湯船に浸かる時、胎児に戻って羊水に浮かんでいる姿を想像してみることだ。 その時あなたは、この世に望まれて生まれて来たことを知るかもしれないのだ。

ダースレイダー(ラッパー)

いままでのホドロフスキーの作品は全て彼から見える『世界の断片』であった。 その断片を繋ぎ合わせていく、縫い合わせていく手法がサイコマジックであり、それは世界の中に存在する僕た ちを癒す行為でもある。 ホドロフスキーの表情は慈愛に満ち、彼に抱かれた僕らは皆、いずれあの母親のように歌いだすことだろう。

マヒトゥ・ザ・ピーポー

無菌のサロンでお気軽な再生をうながす現代が直視すべき、神も悪魔も善悪やカルトも混雑した真の人の姿がそ こにうつされている。 その混乱と向き合うホドロフスキーの手つきは抜群に怪しいが、そもそも人間とは怪しい存在だったはずだ。 わたしの中の未使用の細胞がざわっと立ち上がる音を確かに聞いた。 それはディストーションのかかった歪んだ音だった。

滝本誠(映画評論家)

数年前、ホドロフスキーにタロット・リーディングをしてもらったとき、1年分の汗がでたが、あれはこちらの 無意識が彼の手で雑巾のように絞られて出た分泌物ではないか、と今思える。あれは手づかみ、わしづかみのサ イコセラピーだった。レシピなしのハプニング仕様。 以後、余計な覚醒もあり、とりわけ・・・。

自分にとっては人生、表現の指針となる、定期的に見るべき処方箋映画

東佳苗(rurumu:/縷縷夢兎デザイナー)

何故私がホドロフスキーを信仰しているのかが解明された。 私自身も無意識にサイコマジックのセラピーで救われている被験者だった。 固定概念を破壊した先の自我の解放、”贈与”することで関係性が生まれ、世界の一部になれること。 自分にとっては人生、表現の指針となる、定期的に見るべき処方箋映画。

プリミ恥部(宇宙 LOVE アーティスト)

おばあちゃんが「わたし演技できてる?これで正解?」みたいなシーンで涙がでた。そのシーンを使った監督の 勇気がなければ、ほんとうの自由を、みている側は得られないことをホドロフスキーさんは感じたのではないだ ろうか。制御不能な天然の哀しみ。ほんとうの姿を垣間みせてしまう映画の破綻。

どこかの宇宙タイミングで、表現者はそれぞれの方法で、地上に生きれば生きるほど、地上の悲しみに深くおの おのの感性でふれざるを得ない。映画に食い破られるように生きてきた彼の姿がスクリーンの隅々にあらわれる 度に、マジックを最後まで信じつづけるのをやめない強い意志と、宇宙のはてしない無慈悲がせめぎあうのを感 じた。地上の魔法を解くカギをあえて忍びこませた意図は、次作への予兆なのかもと感じさせた。

ご本人が、ある時から解放がはじまっていったことを映画のなかでうちあけていたように、映画という肉眼や耳 を意識せざるを得ないジレンマを超えて、現実がもっともっと流れこむ作品がこの先あらわれてくることを予感 したし、あふれでる宇宙の魂の意欲の権化すぎるし、集大成ではおさまらないメイクラブなインスピレーション に満ちた作品。

地球はいつでも悲しみを生きにくる星だったし、どんなに惨めな人生をしいられても、その底の底の頂点に愛は 存在することを、ホドロフスキーさんのハグとメイクラブで力強くみせつけられてみてください。

きっとこの先もおおくの映画を、ノリで未来永劫滅亡させつづけるのでしょう。


『ホドロフスキーのサイコマジック』 2020 年 4 月 24 日(金)、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテほか全国順次公開!

予告編映像

作品情報

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、アルチュール・アッシュほか
(2019年/フランス/104分/フランス語、スペイン語、英語/1:1.85/5.1ch)
日本語字幕:比嘉世津子
デザイン:中村友理子(HOOP)
コラージュ:河村康輔
配給・宣伝:アップリンク
■公式サイト https://www.uplink.co.jp/psychomagic
©SATORI FILMS FRANCE 2019 ©Pascal Montandon-Jodorowsky

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  2. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  3. 映画のさりの島
    “やさしい嘘”が生み出した、おとぎ話のような一瞬の時間 2019年ミニシアターファンの心を捉え大ヒ…
  4. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  5. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る