画像,ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

おすすめ映画!動画配信『ウィンストン・チャーチル』&『ダンケルク』+α
第二次世界大戦前夜、本物のリーダー・
チャーチルの‟決断”を学ぶ

歴史好きな人にお勧め!『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』、そして史上最大の救出劇を究極の臨場感で描いた『ダンケルク』

これらの作品を通して‟司令塔側”と‟戦場側”の二つの視点で、史実を目の当たりにできる!優れた映像技術でこの歴史を経験しよう!!

決断の重みを知る『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

幾つもの史実が交錯し、ちょっとした力で大きく歴史が転換する、まさにその中心に「政界一の嫌われ者」が立っていた。
四面楚歌、大酒飲み、人を怖がらせる、、、挙げればキリがない程に際立つ個性、悪評、そして組閣当初からうまくいく見込みなどほぼゼロパーセントの険しい状況。
画像,ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
ドイツと戦う姿勢を一貫して強固に主張する首相就任後の初演説では、保守党からの反応はほとんどみられない。政権内に味方はゼロ、国王ジョージ6世は、、、。そして、ともに戦うフランスですら。上下左右どこを見ても、誰一人応援しない。。。最愛にして最大の理解者である妻クレメンティーンと若いタイピストのエリザベス・レイトン(役:リリー・ジェームズ)を除いては。
そんな中でイギリス陸軍の全30万人がフランス軍とともにダンケルクに追い込まれ孤立状態となる。ここで陸軍が全滅すれば、丸腰でドイツとのイギリス本土決戦へと突き進むことになる。カレー(現・仏北部パ=ド=カレー県の都市)でドイツ軍をひきつける守備隊4千人の命運を握ったチャーチルの決断とは?
普通の人間なら到底考えられないレベルで、しかもたった一人で、イギリスの行く末を絶対に勝利に導くことを自らに課し、その信念を貫いたチャーチルとは一体どんな人間だったのか?果たして絶望の淵に希望は見いだせるのか?
最後にチャーチルが残した有名な言葉
— 成功は決定的ではない
— 失敗は致命的ではない
— 一番大切なのは継続することだ
映画を観て改めて、単なる言葉を超えた‟行動した人の言葉”だと感じる。
画像,ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

第90回アカデミー賞

ゲイリー・オールドマン氏の迫力ある演技は、まさにオスカーで主演男優賞をとったと言わしめる名演技だった。同じくメーキャップ・ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘氏が200時間以上をかけた特殊メイクの効果で、観客はそこにチャーチルの影をみたのではないだろうか。

予告動画

史上最大の救出劇を究極の臨場感で描いた映画『ダンケルク』

1940年、海の町ダンケルクに英仏連合軍40万人の兵士(ダンケルクの戦いでの英仏連合軍の数は約35万人といわれている)が追い詰められていた。ダンケルクの南に位置するブレストに在泊しているフランス艦隊は何もしない。この時、カレー(現・仏北部パ=ド=カレー県の都市)ではイギリス軍の守備隊4千人がドイツ軍をひきつけていた。
画像,ダンケルク
画像,ダンケルク
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を観れば、カレーとダンケルク、各々の戦地に対するチャーチルの決断がイギリスを救ったといっても過言ではない。ダンケルクの戦いでの救出作戦(ダイナモ作戦)がイギリス国民の士気を精神的に後押しすることにもなり、歴史的な意味を持つ作戦となった。

予告編 『ダークナイト』『インセプション』『インターステラ―』のクリストファー・ノーラン監督が描く

関連記事

チャーチルの秘書エリザベス・レイトンを演じたリリー・ジェームズ 動画インタビュー!
映画「ダンケルク」

公式HP

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』churchill-movie
『ダンケルク』warnerbros.co.jp/movies

おまけ(+α)

この2台作品に加えて、まだまだイギリスのことが知りたい!貴方には・・・プラスアルファで、、
『英国王のスピーチ(2011年英)』がオススメです!!

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』にも登場する、ジョージ6世(現エリザベス2世の父親)のこれまた真実の物語。当然本作にはチャーチルもチェンバレンも出てくるし、子供の頃のエリザベス女王も登場。
何と言っても、‟吃音”だったジョージ6世(役:コリン・ファース「キングスマン」)は戦争演説の度にイギリス国民を鼓舞し続けたわけだが、その王をライオネル・ローグなる言語療法士が支えたという実話。ジョージ6世の心の痛みへ歩み寄ることができるのはローグをおいて他にいない。観ている我々にはジワリとそれが伝わってくる。さらに、実話らしさを際立たせてくれるのが、ジョージ6世の兄であり本来は王位を全うするはずだったエドワード8世と2度の結婚歴をもつウォリス・シンプソンの存在だ。エドワードはウォリスとの結婚によって、一度は王位に就くがその地位をジョージに明け渡すことに。劇中にはないが、1986年ウォリスの葬儀にはあのダイアナ妃も参列していた。
ここで紹介する3本を観れば、イギリスへの興味が深まること間違いなし!!

配信・パッケージ


Amazon ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(吹替版)


Amazon ダンケルク(字幕版)


Amazon ダンケルク(吹替版)


英国王のスピーチ (吹替版)

日本最大級の動画サービス【U-NEXT】

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 画像,ペンギン・ハイウェイ
    森見登美彦氏の最高傑作が映画化! どうして”ペンギン”なの?そう思う人は多いと思うが、ペンギンはこ…
  2. 画像,バッド・ジーニアス
    おすすめ映画!動画配信『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』 クライマックスは、28分間におよぶ手…
  3. 画像,ホドロフスキーのサイコマジック
    言葉を超越した癒し 究極の映画体験 これまで創り上げてきた作品が、 いかに“サイコマジック”で…
  4. 画像,ヴァイオレット・エヴァーガーデン
    再上映中!! 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』 代筆を通し…
  5. Netflix映画
    おすすめ映画! 動画配信『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』Netflix GWに映画…
  6. 内藤瑛亮監督 8 年ぶりの新作映画『許された子どもたち』
    あなたの子どもが人を殺したらどうしますか? 映画『許された子どもたち』 少年犯罪を映画化 …

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

ページ上部へ戻る