本年度アカデミー賞最有力『スリー・ビルボード』マーティン・マクドナー監督・キャストのご紹介!!

本年度アカデミー賞最有力『スリー・ビルボード』マーティン・マクドナー監督・キャストのご紹介!!
Pocket
LINEで送る

【イントロダクション】
アメリカの片田舎の大通りに並ぶ3枚の看板に、ある日突然、現れた真っ赤な広告。
それは、地元で尊敬されている警察署長への抗議のメッセージだった──。

アカデミー賞Rの作品賞への最短距離として近年特に注目されている、トロント国際映画祭観客賞受賞。先に開催されたベネチア国際映画祭でも脚本賞に輝き、早くも本年度賞レースの大本命との呼び声も高い話題作がいよいよ日本にも登場する。

【作品紹介】
舞台は、アメリカのミズーリ州。田舎町を貫く道路に並ぶ3枚の広告看板に、地元警察を批判するメッセージを出したのは、7カ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッド・ヘイズ。何の進展もない捜査状況に腹を立てたミルドレッドがケンカを売ったのだ。町の人々から嫌がらせや抗議を受けても、一歩も引かないミルドレッド。その日を境に次々と不穏な事件が起こり始め、町に激震が走るなか、思いがけない展開が待ち受ける──。

アカデミー賞R受賞の実力派スタッフ&キャストの会心のコラボレーションで放つ、世界が待ち望んだ、これぞ重量級の本物の映画ミルドレッドに扮するのは、アカデミー賞Rに4度ノミネートされ、『ファーゴ』で主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンド。ジャンプスーツとバンダナという“戦闘服”に身を包み、全身で怒りのエネルギーを放射し続けるミルドレッドを決然と演じきった。爽快なほどの毒舌でブラックなユーモアを散りばめる一方で、娘を守れなかった悲しみと後悔を繊細に表現するなど、様々な感情の芯を捉えた演技で観る者を圧倒する。

本年度アカデミー賞最有力『スリー・ビルボード』マーティン・マクドナー監督・キャストのご紹介!!

共演は、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン。愛妻家で良き父で人望厚いが、人生の終止符の打ち方に悩む署長を魅力的に演じた。さらに、トラブルメイカーのディクソン巡査役には、『コンフェッション』でベルリン国際映画祭男優賞を受賞したサム・ロックウェル。人種差別主義者でマザコン、バイオレンスでしか自分を表現できない教養に欠けた男が、ある事件をきっかけに変わっていく姿を味わい深く演じた。

その他、ミルドレッドの元夫に『ウィンターズ・ボーン』のジョン・ホークス、息子に『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズ。

監督・脚本は、劇作家としてその才能を遺憾無く発揮し、映画界でもアカデミー賞R短編賞を獲得。その後も同賞脚本賞にノミネートされるなど早くから卓越した才能を認められ、本作で未来の映画界を担う一人となることを決定づけた、イギリス出身のマーティン・マクドナー。心をかき乱す音楽は、『キャロル』でアカデミー賞Rにノミネートされたカーター・バーウェル。

各々の大切なものを守るために、予想もしない道へと外れていく大人たちをダークなユーモアを潜ませて熱く切なく描き、観る者を途方もない結末へと連れ去るクライム・サスペンス。

■ 予告編



【キャストの紹介】
■ マーティン・マクドナー( 脚本 監督 製作 )
1970年、イギリス、ロンドン生まれ。脚本家であり映画製作者でもある。舞台の戯曲からキャリアをスタートし、「ウィー・トーマス」でローレンス・オリヴィエ賞最優秀新作コメディ賞、「ピローマン」と「ハングメン」でローレンス・オリヴィエ賞最優秀新作戯曲賞を受賞する。その他、「ビューティー・クイーン・オブ・リナーン」、「ロンサム・ウエスト」、「イニシュマン島のビリー」などを手掛け、いずれもロンドンのウエストエンドとブロードウェイで上演され、現在までに40か国以上の国で30以上の言語に翻訳されて上演されている。

2004年、短編映画『Six Shooter』で映画監督デビューを果たし、アカデミー賞R最優秀実写版短編映画賞に輝き、一躍注目される。その後、脚本も担当した初長編映画となる『ヒットマンズ・レクイエム』(08・未)で、アカデミー賞R脚本賞にノミネートされ、英国アカデミー賞脚本賞を受賞する。2012年には、コリン・ファレル、サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン共演の『セブン・サイコパス』の製作、監督、脚本を務める。

その他、ブレンダン・グリーソン、ドン・チードル出演の『ザ・ガード ~西部の相棒~』(11・未)の製作総指揮、『ナショナル・シアター・ライヴ2017/ハングメン』(16)の脚本を手掛ける。

■ グレアム・ブロードベント( 製作 )
2005年に、ピート・チャーニンとブループリント・ピクチャーズを創立。マーティン・マクドナー監督の『ヒットマンズ・レクイエム』(08・未)、『セブン・サイコパス』(12)も手掛けている。
その他の作品は、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(11)とその続編の『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』(15)、『ライオット・クラブ』(14)など。

ブループリント・ピクチャーズ設立以前には、ダニー・ボイル監督の『ミリオンズ』(04)、『ジェイン・オースティン 秘められた恋』(07)、マイケル・ウィンターボトム監督の『ウェルカム・トゥ・サラエボ』(97)を製作している。
今後の作品には、コリン・ファース、レイチェル・ワイズ出演、ジェームズ・マーシュ監督の『The Mercy』(17)、リリー・ジェームズ出演、マイク・ニューウェル監督の『The Guernsey Literary and Potato Peel PIE Society』(18)が控えている。

■ ベン・デイヴィス( 撮影監督 英国映画撮影監督協会会員 )
1961年、イギリス、ロンドン生まれ。マシュー・ヴォーン、オル・パーカー、ピーター・ウェーバー、ジョン・マッデン、ジョナサン・リーブスマンといった名監督たちの映画を撮影してきた。

主な作品に、『レイヤー・ケーキ』(04)、『四角い恋愛関係』(05・未)、『ハンニバル・ライジング』(07)、『スターダスト』(07)、『キック・アス』(10)、『ペイド・バック』(10・未)、『ザ・ライト -エクソシストの真実-』(11)、『タイタンの逆襲』(12)、『セブン・サイコパス』(12)、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(11)、『幸せになるための5秒間』(14・未)、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)、『リピーテッド』(14)、『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』(16)、『ドクター・ストレンジ』(16)がある。
現在はティム・バートン監督の実写版『Dumbo』(19)を撮影中。

■ ピート・チャーニン( 製作 )
2005年、グレアム・ブロードベントとブループリント・ピクチャーズを創立。ブループリント設立以前には、ロスアンジェルスで長年にわたり、様々な映画会社や製作会社で活躍してきた。

■ カーター・バーウェル( 音楽 )
「ファーゴ」「ノーカントリー」でのコラボレーションなどコーエン兄弟の盟友として知られ、他にもスパイク・ジョーンズ、トッド・ヘインズといった個性派監督の数々の作品に印象的な音楽を提供し、「キャロル」ではアカデミー賞ノミネートを果たしている。
マーティン・マクドナー監督の全ての長編映画の音楽を担当しており、本作で三度目のコラボレーションとなる。

■ フランシス・マクドーマンド( ミルドレッド役 )
1957年、アメリカ、イリノイ州生まれ。イェール・ドラマ・スクール卒業。『ミシシッピー・バーニング』(88)、『あの頃ペニー・レインと』(00)、『スタンドアップ』(05)でアカデミー賞®にノミネートされ、ジョエル・コーエン監督の『ファーゴ』(96)で同賞主演女優賞を受賞、他に並ぶ存在のない個性派俳優としての地位を確立する。

コーエン兄弟の作品で知られ、『ブラッドシンプル』(84)、『赤ちゃん泥棒』(87)、『バーバー』(01)、『バーン・アフター・リーディング』(08)、『ヘイル、シーザー!』(16)にも出演している。

その他の出演作は、『ショート・カッツ』(93)、『ワンダー・ボーイズ』(00)、『しあわせの法則』(02)、『容疑者』(02)、『恋愛適齢期』(03)、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(11)、『きっと ここが帰る場所』(11)、『ムーンライズ・キングダム』(12)、『プロミスト・ランド』(12)など。

また、自ら起こした製作会社で、『シークレット・デイ』(14・未)、エミー賞の13の候補になり8つの賞を受賞したTVミニシリーズ「オリーヴ・キタリッジ」を製作する。最新作は、声の出演をする、ウェス・アンダーソン監督の『犬ヶ島』(公開2018年5月、配給FOXサーチライト)。ブロードウェイでも活躍し、トニー賞、ドラマ・デスク賞、アウター・クリティック・サークル賞を受賞する。

■ ウディ・ハレルソン( ウィロビー役 )
1961年、アメリカ、テキサス州生まれ。圧倒的な存在感で高く評価され、『ラリー・フリント』(96)と『メッセンジャー』(09)で、アカデミー賞R、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。

その他の出演作は、『幸福の条件』(93)、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』(94)、『ウェルカム・トゥ・サラエボ』(97)、『シン・レッド・ライン』(98)、『ノーカントリー』(07)、『ゾンビランド』(09)、『グランド・イリュージョン』(13)、『ハンガー・ゲーム』劇場版シリーズ(12/13/14/15)、マーティン・マクドナー監督の『セブン・サイコパス』(12)、エミー賞、全米映画俳優組合賞受賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたTV映画「ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女」(12)、エミー賞、全米映画俳優組合賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたTVシリーズ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(14)、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(17)、脚本、監督、製作も手掛けた前代未聞のライブ上映映画『Lost in London』(17)など。次回出演予定作はスター・ウォーズの続編(18/タイトル未定)。

■ サム・ロックウェル( ディクソン役 )
1968年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。ジョージ・クルーニー監督の『コンフェッション』(02)で絶賛され、ベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞。それ以降も個性的な役柄を演じて、強烈な印象を残す。

その他の出演作は、『キャメロット・ガーデンの少女』(97)、『真夏の夜の夢』(99)、『グリーンマイル』(99)、『チャーリーズ・エンジェル』(00)、『ザ・プロフェッショナル』(01)、『ウェルカム トゥ コリンウッド』(02)、『マッチスティック・メン』(03)、『銀河ヒッチハイク・ガイド』(05)、『ジェシー・ジェームズの暗殺』(07)、『フロスト×ニクソン』(08)、『月に囚われた男』(09)、『アイアンマン2』(10)、『カウボーイ&エイリアン』(11)、インディペンデント・スピリット賞にノミネートされた、マーティン・マクドナー監督の『セブン・サイコパス』(12)、放送映画批評家協会賞にノミネートされた『プールサイド・デイズ』(13)、『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』(15)など。

■ アビー・コーニッシュ( アン役 )
1982年、オーストラリア生まれ。『15歳のダイアリー』(04・未)、『キャンディ』(06)で、オーストラリア批評家協会賞を受賞し、世界からも注目される。その後、リドリー・スコット監督の『プロヴァンスの贈りもの』(06)、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(07)に出演。2009年、ジェーン・カンピオン監督の『ブライト・スター ~いちばん美しい恋の詩(うた)~』で批評家からも称賛され、英国インディペンデント映画賞にノミネートされる。2010年、ザック・スナイダー監督の『ガフールの伝説』では声の出演をする。2011年、同監督の『エンジェル ウォーズ』に出演、『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』、『リミットレス』にも出演。2012年には、マーティン・マクドナー監督の『セブン・サイコパス』に出演。続いて、『ロボコップ』(14)、TVミニシリーズ「クロンダイク・ゴールドラッシュ」(14)、『ジオストーム』(17)に出演する。

■ ジョン・ホークス( チャーリー役 )
1959年、アメリカ、ミネソタ州生まれ。『ウィンターズ・ボーン』(10)でアカデミー賞Rにノミネートされ、インディペンデント・スピリット賞を受賞する。実在の詩人マーク・オブライエンを演じた『セッションズ』(12)では、インディペンデント・スピリット賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。

その他の出演作は、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(96)、『パーフェクト ストーム』(00)、『陽だまりのグラウンド』(01)、『“アイデンティティー”』(03)、『マイアミ・バイス』(06)、『アメリカン・ギャングスター』(07)、インディペンデント・スピリット賞にノミネートされた『マーサ、あるいはマーシー・メイ』(11)、『コンテイジョン』(11)、『リンカーン』(12)、『ライフ・オブ・クライム』(13・未)、『LOW DOWN ロウダウン』(14・未)、『エベレスト 3D』(15)、『ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-』(15・未)など。

■ ピーター・ディンクレイジ( ジェームズ役 )
1969年、アメリカ、ニュージャージー州生まれ。2003年の『The Station Agent』(サンダンス映画祭観客賞受賞作)の演技で主役の既成概念を覆し、その名を知らしめた。それ以来映画界で存在感を示し続け、2つのエミー賞とゴールデン・グローブ賞を獲得したTVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」(11~17)のティリオン・ラニスター役は最大の当たり役となる。他にも、『リビング・イン・オブリビオン/悪夢の撮影日誌』(95)、『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』(07)、『X-MEN:フューチャー&パスト』(14)など多数の作品に出演している。新作は、リチャード・ギア共演の『Three Christs』(17)。

■ コピーライト
©2017 Twentieth Century Fox

■ 公式ホームページ
http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

関連記事

コメントは利用できません。

『子どもが教えてくれたこと』

注目映画

  1. 映画『グレイテスト・ショーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る映画史上最高にロマンティッ…
  2. 映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    アカデミー賞最有力! ゴールデン・グローブ賞主演男優賞<ゲイリー・オールドマン>ノミネート! …
  3. ■ ストーリー 錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「ゼニガタ」…
  4. 映画『ダンガル きっと、つよくなる』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    「神がかって面白い!」「オールタイムBEST1!」「嗚咽がとまらない!」 インド映画の世界興収№1…
  5. 映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【イントロダクション】 少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を――。 高校生の青春を描いた武田…
  6. スリー・ビルボード 映画予告動画あらすじとストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 第74回ヴェネチア映画祭脚本賞&トロント映画祭観客賞受賞!アカデミー賞受賞監督が、オ…
  7. 映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    私は、家族を焼き殺された。 卒業まであと2ヶ月、私ね、人を殺したの。 【イントロダクション】 …

予告編 夜間もやってる保育園

予告篇 ワンダーウーマン

予告編 あしたは最高のはじまり

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る