映画『クシナ』予告解禁!試される母娘の愛

試される母娘の愛
映画『クシナ』予告編、場面写真、コメント解禁!

誰も知らない山奥で見つけた、母娘の愛のはなし
女だけの秘密の共同体の崩れていく日常と、試される母娘の愛を描く

女だけが暮らす男子禁制の山奥の集落を舞台に、監督自身の過去の体験に根ざした母と娘の物語を描いた映画『クシナ』は、大阪アジアン映画祭2018でJAPAN CUTS Awardを受賞。北米最大の日本映画祭であるニューヨークのJAPAN CUTSに招待され、独特の感性と映像美によって支えられる世界観は海外レビューでも高い評価を獲得。

本作は、映画やCMの演出や制作に加え、中川龍太郎監督の『四月の永い夢』では主人公の部屋のデザインとその装飾を担当するなど、独特のキャリアを築いてきた速水萌巴監督の長編デビュー作。本作では監督だけでなく、美術・衣装も担当し、美しい映像世界を構築した。

その瑞々しさで劇中の女性人類学者も魅了するヒロイン・奇稲<クシナ>には、撮影数日前に作品撮りの1枚の写真が奇跡的に監督の目に留まり、本作が映画デビューとなった郁美カデール。14歳の時にクシナを生んだ28歳の母・鹿宮<カグウ>には、ラストの表情で監督を泣かせた個性派女優・廣田朋菜。男の後輩と共に閉ざされた共同体に足を踏み入れる人類学者・蒼子に、均等にバランスのとれた美しい顔が歪な世界に足を踏み入れる現代女性の象徴としてぴったりとキャスティングされた稲本弥生。村長である、カグウの母・鬼熊<オニクマ>には、強さと母性の両方を兼ね備える小野みゆきと、各世代のミューズが集結。

速水監督は、物語が自身と母親とのものに近すぎるという理由で2年前に1度は断った配給のオファーを、本年になって勇気を出して快諾。2年の時を経て、幻の映画が、今ベールを脱ぐ。

映画『クシナ』のタイトルロール・奇稲<クシナ>は14歳だが、演じた郁美カデールは、撮影当時9歳。今年の7月で14歳になる郁美カデールを、森の中で、映画そのままの世界観で、映画本編の撮影も担当した村松良が撮影したスチール写真を投稿するインスタグラム(@kushina_after_4years)も運用開始している。本作は7月24日(金)よりアップリンク渋谷にて公開されるほか、アップリンク京都など全国順次公開される。

この度、予告編と追加場面写真が解禁となり、女だけの秘密の共同体に足を踏み入れる人類学者・蒼子役の稲本弥生とその後輩・原田役の小沼傑、村長である、クシナの祖母・鬼熊<オニクマ>役の小野みゆきより、コメントが届いた。

人類学者・蒼子役:稲本弥生 コメント


秘境の地に足を踏み入れる部外者、そこで出会ったまだあどけない少女に心を奪われ自身が抱いた事もない感情に戸惑いを隠せないという役柄で、先ず研究者としての部分は監督とも相談しリアリティの部分を埋めました。そして部外者としてどう村の女性達と関わるのかイメージを膨らませました。
自分自身も現在3児の母として育児奮闘中であり、我が子ほどの少女に惹かれる部分はなかなかの葛藤がありました。

この作品では3世代に渡り母と娘の葛藤を、無垢で不器用で狂おしいそんな歯痒さを美しい描写とともに描かれており、見る人の心の奥底を擽るような作品となっております。
ほろ苦い後味に浸って、大切な誰かを思って欲しいです。

原田役の小沼傑 コメント

ぱっと見ほんわかとした監督が打ち合わせで語る様に、作品への溢れる想いを感じました。ああ自分はどうすればその気持ちに貢献できるだろうか。女性だけの村へ立ち入る唯一の男として、構造的には目立ちつつも物語に沿った、主張し過ぎない人物を想像しました。裏側には、彼なりの人への尊重の仕方があるだろうと。
この映画に散らばるような歪みや偏りを、現実ではどう受け取るのか。近い関係だからこその摩擦。『私はあなたではないから、わからない。』で終わらずに、『だから想像する。』と言えれば。先に闘いがあるとしても、常にそこから始めていきたいです。

鬼熊<オニクマ>役の小野みゆき コメント

初めて会ったクシナは、全く飾り気のない、生まれたままのような幼い女の子でした。
人里離れた山奥で、本当に毎日走り回っているかのような自然児に見えました。
何の気負いもなく、感じたまま、素直にセリフを話すのも驚きました。
無垢なクシナそのものだったからです。一見か弱く見えるけれども、そんな繊細さの中に一本のキリッとした強さが見える、そんなところが監督の姿とも重なりました。
山村・そこを流れる川・広大な森・日本家屋、通常の撮影ではよく使うロケ場所ですが、どう撮ればこんな瑞々しい儚げな絵になるのか、完成した作品を観て不思議なのと同時に、作品に出演できた喜びを感じました。

『クシナ』予告編映像

あらすじ

深い山奥に人知れず存在する、女だけの”男子禁制”の村。村長である鬼熊<オニクマ>(小野みゆき)のみが、山を下りて、収穫した大麻を売り、村の女達が必要な品々を買って来ることで、28歳となった娘の鹿宮<カグウ>(廣田朋菜)と14歳のその娘・奇稲<クシナ>(郁美カデール)ら女達を守っていた。
閉鎖的なコミュニティにはそこに根付いた強さや信仰があり、その元で暮らす人々を記録することで人間が美しいと証明したいと何度も山を探索してきた人類学者の風野蒼子(稲本弥生)と後輩・原田恵太(小沼傑)が、ある日、村を探し当てる。
鬼熊<オニクマ>が、下山するための食糧の準備が整うまで2人の滞在を許したことで、それぞれが決断を迫られていく。

キャスト

郁美カデール
廣田朋菜 稲本弥生 小沼傑
佐伯美波 藤原絵里 鏑木悠利 尾形美香 紅露綾
藤井正子 うみゆし 奥居元雅 田村幸太
小野みゆき

監督・脚本・編集・衣装・美術

速水萌巴

スタッフ

撮影:村松良
撮影助手:西岡徹、岩田拓磨
照明:平野礼
照明助手:森田亮
録音:佐藤美潮
整音:大関奈緒
音楽:hakobune
ヘアメイク:林美穂、緋田真美子
助監督:堀田彩未、佐近圭太郎、宮本佳奈
制作協力:村上玲、小出昌輝
協力プロデューサー:汐田海平

『クシナ』作品情報

配給宣伝:アルミード
© ATELIER KUSHINA
2018 / 日本 / カラー / 70分 / アメリカンビスタ / stereo
公式HP:kushinawhatwillyoube.com

7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほかにてロードショー

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  2. ライド・ライク・ア・ガール,画像
    前人未到の栄冠を手にした女性騎手の努力と挫折を重ねた半生を描く 映画『ライド・ライク・ア・ガール』…
  3. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…
  4. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…
  5. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  6. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…
  7. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る