国内上映権終了間近!アップリンク全館でジョン・カサヴェテス日本最終上映決定!

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映

国内上映権終了間近!
アップリンク全館でジョン・カサヴェテス日本最終上映決定!

ジョン・カサヴェテスは「インディペンデント映画の父」と称され、ジャン=リュック・ゴダールやマーティン・スコセッシ、ヴィム・ヴェンダース、ジム・ジャームッシュといった世界の巨匠たちから敬愛された唯一無二の映画監督。

ハリウッドの商業主義に対抗し、公私ともに最良のパートナーである女優ジーナ・ローランズや信頼できる仲間たちと「自分の撮りたいものを撮る」という信念のもと、自身の俳優活動で得た収入を注ぎ込んで映画を製作し、インディペンテント映画の可能性を知らしめた。

さらに、マンブルコア界のミューズと言われ、現在公開中の『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』を監督したグレタ・ガーウィグやヤン・イクチュン、濱口竜介など目覚ましい活躍をする世界中の若手監督たちにも絶大なる影響を与えている。

この度、2012 年に映画ファンを熱狂させた特集上映「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」で上映された 5 作品(『アメリカの影』『フェイシズ』『こわれゆく女』『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』『オープイング・ナイト』)の国内上映権の終了間近に伴い、“日本最終上映”の開催が決定!

今回の日本最終上映では、1989 年に 59 歳で逝去したカサヴェテスが世に残した監督作品 11 本の中から代表作 5 本を一挙に上映。

『アメリカの影』(59)

マンハッタンで暮らす若者たちのありのままの姿をシナリオなしの即興演出で作り上げ、世界を驚かせた監督デビュー作

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映

『アメリカの影』(82分)(c)1958 Gena Enterprises.

『フェイシズ』(68)

中流アメリカ人夫婦の破綻した関係が崩壊へと至るまでの 36 時間を描き、ヴェネツィア国際映画祭で最優秀監督賞を受賞

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映

『フェイシズ』(130分)(c)1968 JOHN CASSAVETES

『こわれゆく女』(74)

壊れかけた家庭を繋ぎとめようとする夫婦愛を描き、アカデミー賞主演女優賞、監督賞にノミネートしたカサヴェテスの代表作の一つである

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映

『こわれゆく女』(147分)(c)1974 Faces International Films,Inc.

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映

(c)1977 Faces Distribution Corporation

『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』(76)

フィルム・ノワールの雰囲気が漂う異色のサスペンス

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映

『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』(135分)(c)1976 Faces Distribution Corporation.

 

『オープニング・ナイト』(77)

有名女優の舞台前の極限の緊張を描き、ジーナ・ローランズがベルリン国際映画祭主演女優賞を受賞した

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映

『オープニング・ナイト』(144分)(c)1977 Faces Distribution Corporation

2012 年の特集上映では、5 週間のロングラン上映で週を重ねるごとに口コミが広がり、映画ファンだけでなく 10 代~20 代のファッションやカルチャー好きな若い女性やカップルなどもこぞって来場。最終日では満席・立ち見の上映となった。

また今は閉館してしまった吉祥寺バウスシアターでのアンコール上映や俳優の村上淳や渡辺真起子などをゲストに呼んだイベントも急きょ開催。そして脚本家で俳優の宮藤官九郎が連載中の週刊文春にて『こわれゆく女』を紹介し話題となった。

普遍的な「愛」をテーマに、人間の内面に潜む「孤独」や「狂気」をすくいあげ、人間の真の姿を追求し続けたカサヴェテス。実験的な演出によって生み出される俳優たちのありのままの姿は、台詞に出さずともその心の痛みが聞こえるほどに生々しく、観る者の感情を大きく揺さぶる。「他の人がおかしいと思うような人に心を寄せていた」と生前語った通り、カサヴェテスの作品に通じるのは、社会のはみ出し者のような不器用な人々を、あたたかく、そして深く見つめる眼差しだ。孤高の映画作家のスピリットは、今なお鮮烈な衝撃をもって受け入れられるだろう。

なお、本特集で上映する 5 作品は日本国内での上映権が終了するため、スクリーンでの上映は今回が最後のチャンスとなる予定。ぜひこの機会に劇場でご覧ください!

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映は、8 月 14 日(金)よりアップリンク渋谷、8 月 28 日(金)よりアップリンク吉祥寺、アップリンク京都の 3 館にて開催!

「ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ」日本最終上映予告動画

上映劇場とスケジュール

アップリンク渋谷:8 月 14 日(金)~8 月 27 日(木)
アップリンク吉祥寺:8 月 28 日(金)~9 月 13 日(日)
アップリンク京都:8 月 28 日(金)~9 月 13 日(日)

 

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  2. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  3. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…
  6. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  7. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る