映画『東京バタフライ』公開決定!水石亜飛夢、白波カミンがコメント

映画『東京バタフライ』公開決定!水石亜飛夢、白波カミンがコメント
メディフィット定期の商品概要はこちら

映画『東京バタフライ』9.11公開決定
白波多カミン、水石亜飛夢コメント到着!
小林竜樹、黒住尚生も出演!

「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」「ヴィンランド・サガ」など大ヒットアニメを手掛けるアニメーションスタジオWIT STUDIOと数々の国際映画祭での受賞歴を持つTokyo New Cinemaが再びタッグを組み、シンガーソングライターとして活動する白波多カミンをはじめ、水石亜飛夢、小林竜樹、黒住尚生ら新進気鋭のキャストが集結。

叶わなかった夢の残り香を胸に、先の人生をどう生きていくか― 不器用な彼らの音色が紡ぐ、ほろ苦くも温かいヒューマンストーリー『東京バタフライ』が9月11日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開することが決定致しました。

これまでに『四月の永い夢』や『わたしは光をにぎっている』、『静かな雨』など映画ファンに良質な作品を提供し続けているWIT STUDIO×Tokyo New Cinemaによる最新実写映画である本作は、過去の後悔や挫折と向き合い、必死にもがきながら前に進んでいく同世代への共感必至な作品に仕上がっています。

夢を追いかけた4人が叶わなかった夢を“ちゃんと終わらせる”までの物語

かつてメジャーデビュー寸前まで行った人気大学生バンド4人組。ささいな行き違いで解散してしまった彼らは、6年後、20代後半となってそれぞれの生活を歩んでいた。結婚、仕事、人間関係……。さまざまな人生の悩みに直面した彼らは、ふとしたきっかけで再び集まることになる。叶わなかった夢の残り香を胸に、30代を迎えようとする彼らのリアルを描く音楽ムービー。

人生うまくいかないことだってあるけれどそんな中でも腐らず目の前の生活を一生懸命生きる若者の姿を描いた本作。生きていく上で誰もが抱える後悔や挫折とストーリーをリンクさせ同世代へ共感を誘う。

本作の監督を務めるのは、大学の卒業制作で池松壮亮主演の短編映画『家族の風景』が数々の映画賞に輝いた佐近圭太郎が待望の初長編監督。主演は巫女というキャリアを経て日常と感情の交わりを描くシンガーソングライターとして活動する京都のアンダーグラウンド女王・白波多カミン。その他、現在放送中の戦隊シリーズ「魔進戦隊キラメイジャー」にメインキャストとして出演中の水石亜飛夢、映画「菊とギロチン」「真っ赤な星」などに出演してきた小林竜樹、「されど青春のはしくれ」「台風家族」などに出演してきた黒住尚生ら新進気鋭のキャストが出演。さらに松浦祐也や尚玄など個性派俳優たちが集結した。

また、あわせて解禁となった本作のメイン写真。劇中バンドとして登場する「SCORE」のアーティスト写真、キメすぎない自然体の姿から4人の絆が感じ取れるショットとなっている。

白波多カミン「じんわりつらくて、とても優しい作品」

「初めて映画の主演を務めさせていただきました。俳優のみなさん、監督、スタッフのみなさんにたくさん教えていただきながら、作品に向かう日々でした。体当たりな若者たちの、じんわりつらくて、とても優しい作品です。夢を見ること自体に勇気のいる今だからこそ、この作品をぜひ観ていただけたらと思います。」

水石亜飛夢「今歩いているこの道も正しい自分の人生」

「撮影は2年前の夏。仁という人間、そしてSCOREというバンドの長い青春、その終わりを体験しました。夢は必ず叶う、そう思いながらも、そこにたどり着けるのは実際には一握りです。もう一つの道を英断した時。その傷は少なからず心に残るはず。思い描いたようにならないのが人生。でも、だからこそ面白い。”今歩いているこの道も正しい自分の人生”そんな風に思っていただけたら幸いです。」

佐近圭太郎(監督)コメント

「夢を諦めた⼈、夢半ばで挫折した⼈、諦念を胸に秘めながらしがみ続ける⼈。社会には、後悔の念や挫折を胸に秘めながら、⽇々の⽣活を⼀所懸命に営む⼈々で溢れている。しかし、何者かになれなかったとて、⼈⽣は否応なしに続いていく。そんな中でも腐らず、⽬の前の⽣活を⼀所懸命に⽣きる⼈間の姿が、僕は好きだ。そんな、“愚直に誠実に⽣きることへの美しさ” の⼀端を、今作で感じとってもらうことができたら、こんなに嬉しいことはない。」

和田丈嗣(WIT STUDIO チーフプロデューサー)コメント

「WIT STUDIO実写第四作『東京バタフライ』の公開が決定いたしました!中川龍太郎監督に続いて、次は新鋭の佐近圭太郎監督です。プロデューサーの新井悠真を中心に、新しい才能がたくさん集まってくれました。WITの河口友美が書いた脚本を土台に、短い撮影期間の中で互いに競い、励まし、ぶつかった過程そのものが、不器用な青春というテーマに繋がっていきます。本作は、今何かにぶつかり葛藤している人達、全ての物語となっています。是非、観て頂けますようよろしくお願いいたします!」

キャスト

⽩波多カミン ⽔⽯亜⾶夢 ⼩林⻯樹 ⿊住尚⽣
松浦祐也 尚⽞ 松本妃代 ⼩野⽊⾥奈 浦彩恵⼦ 熊野善啓 福島拓哉

監督・編集

佐近圭太郎

スタッフ

脚本:河口友美
音楽:白波多カミン
撮影:星潤哉

主題歌

白波多カミン with Placebo Foxes「バタフライ」(日本コロムビア)

作品情報

制作:WIT STUDIO Tokyo New Cinema
配給:SDP 81分
コピーライト表記:©2020 WIT STUDIO/Tokyo New Cinema
『東京バタフライ』公式サイト:https://tokyo-butterfly.com/

9月11日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  2. アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌、画像
    史上もっとも売れたクリスチャン・ソングが生まれた理由、その感動の実話がいま明かされる 亡き父への想…
  3. 『家なき子 希望の歌声』画像
    3 度のアニメ化で愛されてきた児童⽂学の⾦字塔が感動の映画化︕ どんな困難にもまけず進み続ける少年…
  4. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  5. PLAY 25年分のラストシーン,画像
    過ぎた日の輝きと影。 今一度、自分の人生を「再生」する。 膨大な映像からやっと見つけた 〈本当…
  6. 彼女はひとり,画像
    彼女の孤独が復習を始める 映画『彼女はひとり』 『そのまま死んじゃえばよかったのに』 本作品は…
  7. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る