全米で若者震撼!2020年秋公開ホラー映画『カウントダウン』迫りくる恐怖写真5枚解禁!

COUNTDOWN,映画『カウントダウン』

全米で若者震撼!
2020年秋公開ホラー映画『カウントダウン』
迫りくる恐怖写真5枚解禁!

都市伝説的テーマが全米ティーンの間で話題となり、2019 年秋の全米映画興行界を席巻し、スマッシュ・ヒットを記録した、映画『カウントダウン』の迫りくる恐怖写真が新たに5点到着。

本作は、現代社会の絶対必需品でもあるスマートフォンがキーアイテム。しかしそのスマホも、使い方次第では、地獄への窓口となり一気に恐怖のどん底へ引きづり込み、死を招く!自分の余命がわかるアプリをダウンロード。遊び半分でダウンロードしたが告知通リに死が訪れる。誰が何の目的で、このアプリを拡散させたのか?

都市伝説的テーマが全米ティーンの間で話題となった本作が、今秋、ついに日本でも拡散開始!死から逃げられない『ファイナル・デスティネーション』、『ザ・リング』などに通じる絶対死ホラー!上映終了後に、スマホを手にしたあなたは・・・?

『YOU 君がすべて』のエリザベス・ライル主演

主演は、『YOU 君がすべて』のヒロイン役で一躍脚光を浴び、当映画ではスクリーム・クィーンと称賛されたエリザベス・ライル。『アナベル 死霊人形の誕生』に続き、ティーン・ホラーに欠かせないタリタ・ベイトマン

撮影は、『ミラーズ』『マニアック』『死霊館のシスター』などハリウッドで最もホラー映画を撮っているマキシム・アレクサンドル。監督は、新鋭のジャスティン・デック。製作は、『ランペイジ 巨獣大乱闘』のジョン・リカードと『大脱出』のザック・シラーらハリウッドのヒットメーカーがタッグを組んでいる

警告!恐怖はあなたの手の中に

恐怖に脅える人々
今回解禁となる写真は、興味本位でアプリをダウンロードしたことで、余命時間が、お「死」らせされ、見えない恐怖に脅える彼らだ。死の運命に逆らおうとするが、「利用規約違反」の通知が届く。彼らはこのまま運命を受け入れるしかないのか、それとも逃れる方法はあるのか!

COUNTDOWN,映画『カウントダウン』

COUNTDOWN,映画『カウントダウン』

COUNTDOWN,映画『カウントダウン』

絶望的シーンだが実際は笑わないようにするのが大変!?(撮影裏話)
死へのカウントダウンが動き出し、何かから逃げ惑う絶望的シーンだが、実際はクレイジー過ぎて笑わないようにするのが大変だったという。また、マット・モンロー役のジョーダン・キャロウェイは「本作には多くの怖いシーンがありますが、たくさんのユーモアも入っています。誰かが無理をしているようなユーモアのタイプではありません。脚本が素晴らしいという証拠なんです」と語っている。

COUNTDOWN,映画『カウントダウン』

COUNTDOWN,映画『カウントダウン』

2020 年 9 月 11 日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開!

《スタッフ&キャスト》
【スタッフ】 監督・脚本:ジャスティン・デック/製作:ショーン・アンダース/ザック・シラー『大脱出』/ジョン・リカード『ランペイジ 巨獣大乱闘』/ジョン・モリス/製作総
指揮:ロバート・シモンズ/マシュー・メドリン/グレゴリー・プロトキン/タイラー・ザカリア/撮影:マキシム・アレクサンドル『クロール 凶暴領域』/音楽:ダニー・ベンジー
/ソーンダー・ジュリアーンズ
【キャスト】 エリザベス・ライル/ジョーダン・キャロウェイ/タリタ・ベイトマン『アナベル 死霊人形の誕生』/ティシーナ・アーノルド/P・J・パーン『グリーンブック』/ピーター・ファ
シネリ『トワイライト・サーガ』
2019年/アメリカ映画/カラー/90分/英語/スコープサイズ/原題:COUNTDOWN/映倫区分:G
映画公式 HP:countdown-movie.jp
© 2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
配給:カルチュア・パブリッシャーズ/配給協力:インターフィルム

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  2. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  3. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  6. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  7. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る