『ナチュラルウーマン』第90回アカデミー賞にて<外国語映画賞>ノミネート作品に選出!!

映画『ナチュラルウーマン』第90回アカデミー賞にて<外国語映画賞>ノミネート作品に選出!!
Pocket
LINEで送る

世界が注目する才能セバスティアン・レリオ監督×驚くべき新人“女優”が描く、愛の物語

2月24日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショーの運びとなり、このたび第90回アカデミー賞にて、本作が見事<外国語映画賞>ノミネート作品に選出されました。

米映画界の祭典、第90回アカデミー賞のノミネート作品が日本時間23日発表され、セバスティアン・レリオ監督、ダニエラ・ヴェガ主演の『ナチュラルウーマン』が〈外国語映画賞〉部門での最終ノミネート作品に選出された。チリの作品が同部門にノミネートされるのは、2013年パブロ・ラライン監督『NO』以来、2度目となり、悲願の初受賞に向け好発進を切った。

映画『ナチュラルウーマン』第90回アカデミー賞にて<外国語映画賞>ノミネート作品に選出!!

舞台はチリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナは、歳の離れた恋人の急死によって、思いもかけないトラブルに巻き込まれることに。最愛の人を失った悲しみの最中に浴びせられる不躾で容赦のない差別や偏見。それでもマリーナは愛する人に最後のお別れを告げるため、前を向いて歩き始める――。逆境に負けずまっすぐに生きる美しきヒロイン・マリーナを演じるのは、自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガ。

ダニエラは抑えた演技でありながら喜びと悲しみ、怒りをエモーショナルに伝える素晴らしい表現力を見せて女優として脚光を浴び、次回作ではストレートの女性を演じている。監督は、パブロ・ララインを輩出するなど躍進目覚ましいチリ映画界が生んだ才能、セバスティアン・レリオ。

同作は、ベルリン国際映画祭2017年コンペティション部門に出品され脚本賞(銀熊賞)を受賞したのち、【第75回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞ノミネート】、【National Board of Review 外国語作品TOP5】、【第23回クリティクス・チョイス・アワードの外国語映画部門ノミネート】、【インディペンデント・スピリット・アワード2018 外国映画賞ノミネート】など各国で高評価が相次いだ。

なお、アカデミー賞 外国語映画賞には『ナチュラルウーマン』ほか、『The Insult(原題)』『ラブレス』『The Wound』『ザ・スクエア 思いやりの聖域』らがノミネートされた。授賞式は、日本時間3月5日午前に開催される。

2017年ベルリン国際映画祭脚本賞/2018年アカデミー外国映画賞チリ代表
逆境に負けず、自分らしく生きたいと願うすべての人へ贈る人生賛歌!

【イントロダクション】
ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているマリーナは、年の離れた恋人、オルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドは突然意識が薄れ亡くなってしまう。最愛の人を失った悲しみの最中にも関わらず、マリーナはトランスジェンダーであるが故に不躾で容赦のない差別や偏見を浴びせられる。

映画『ナチュラルウーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

ふたりで暮らしていた部屋から追い出され、葬儀にも参列させてもらえない。マリーナにとって、ただ愛する人に最後のお別れを告げたい、それだけが唯一の望みだったー。理不尽な現実を乗り越えて前を向いて歩き始める彼女の姿に、観る者はいつの間に共感し、幸せを祈りながらエールを送ってしまうはずだ。

映画『ナチュラルウーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【作品紹介】
新進気鋭の監督と驚くべき“新人女優”の運命の出会い。
世界が注目するニューカマー、ダニエラ・ヴェガの熱演は観るものの心をとらえて離さない。

ヒロインを演じるのは、自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガ。トランス女優として初のオスカーノミネートもささやかれる注目の逸材だ。監督は、パブロ・ララインを輩出するなど躍進目覚ましいチリ映画界が生んだ才能、セバスティアン・レリオ。自身の前作『グロリアの青春』(13)がジュリアン・ムーア主演でハリウッドリメイクが決定するなどさらなる注目が集まっている。プロデユーサー陣は『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』『ありがとう、トニ・エルドマン』などの実力派が終結。

映画『ナチュラルウーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

“人生の向かい風”を象徴する嵐の中を歩いていくシーンなど、ラテンアメリカ独特のマジックリアリズム的世界観で表現される場面も忘れ難い。また、劇中の音楽もマリーナの心象を語り、ダニエラ・ヴェガ自身が歌うヘンデルのアリア「オンブラ・マイ・フ」や、アレサ・フランクリンが歌う「(You Make Me Feel Like)A Natural Woman」は、どんな時も当たり前に“ありのままの女”でいさせてくれる人への深い想いが胸を打つ。

【ストーリー】
チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が薄れ亡くなったことで、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれていく。それでもマリーナは女性として生きていく権利を胸に、自分らしさを守るための闘いに挑むことを決める。

■ 予告編



■ 監督・脚本
セバスティアン・レリオ
『グロリアの青春』『Disobedience』

※セバスティアン・レリオ監督
セバスティアン・レリオ監督 映画『ナチュラルウーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

■ 出演
ダニエラ・ヴェガ
フランシスコ・レジェス
ルイス・ニェッコ

2017年/チリ・アメリカ・ドイツ・スペイン作品/スペイン語/104分/

原題:Una Mujer Fantástica/
英題:A Fantastic Woman/
提供:ニューセレクト/
配給:アルバトロス・フィルム

■ コピーライト表記
©2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

■ 配給
アルバトロス・フィルム

■ 公開情報
2018年2月、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

■ 公式ホームページ
http://naturalwoman-movie.com/





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  2. ■イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を救…
  3. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  4. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  5. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  6. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  7. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る