アメリカの未来は『行き止まりの世界に生まれて』のラストベルトの若者世代に託されている!

アメリカの未来は『行き止まりの世界に生まれて』のラストベルトの若者世代に託されている!

アメリカの未来は『行き止まりの世界に生まれて』の
ラストベルトの若者世代に託されている!!
前嶋和弘さん×ダースレイダーさん白熱のトークライブ!!

この度、初監督作にして第91回アカデミー賞&第71回エミー賞にWノミネートという快挙を果たし、サンダンス映画祭をはじめ59の賞を総なめ、ロッテントマト満足度100%と全米の批評家・観客が絶賛!さらにオバマ元大統領が「感動的で、示唆に富む。ただただ惚れ込んだ」と年間ベスト(2018年)に選んだ傑作ドキュメンタリー『行き止まりの世界に生まれて』が、9月4日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開いたします。

映画の公開を記念して、先日8/19(水)21:00~YOUTUBE生配信が行われました!

昨今トランプ大統領の動向に注目が集まる中で、テレビ、新聞など数々のメディアに引っ張りだこの現代アメリカ政治外交研究者、上智大学教授の前嶋和弘さんと、様々な専門家をゲストに迎えた幅広いテーマのトークを展開中のYOUTUBEチャンネルが、人気を集めるラッパー・ダースレイダーさんにご登場いただき、2016年の大統領選でトランプ大統領を誕生させたと言われるラストベルト(錆び付いた工業地帯)について、ラストベルトが舞台のドキュメンタリー『行き止まりの世界に生まれて』を通して知る、現代アメリカを独自解説して頂きました!

白熱したトークは、BLM(Black Lives Matte)などで刻々と変化していく社会の中で行われる、秋の大統領選の情勢についても触れ、画面越しに熱の伝わる熱いトークとなりました!

まさに”アメリカなう”!誰が見ても共感出来る!
YOUTUBEイベントの前に事前に作品を見た前嶋さんとダースレイダーさん。冒頭は観た感想から始まった。
「揺さぶられる瞬間がたくさんありました。キラキラとした熱を持っていて、そしてスケートビデオの爽快さが本当に素晴らしくて!3人の青年を10代から12年間追いかけ、その成長や葛藤、社会にどう適応して行くかという姿が映し出されます。多層的な映画で、まさに”アメリカなう”という感じの映画」とダースレイダーさん。
そして前嶋さんも「登場人物のひとりであるビンが監督だからこそ、映されている人たちもカメラがあることを忘れて、普通にビンに語りかけているように見える構造も見どころの一つ。そして10代の誰もが持つ葛藤やなんとも言えない逃げられないような感覚は、きっと誰でも共感出来るんじゃないかと思います。50代の僕でも思い出して共感しました」とトーク開始早々に熱い感想を披露!

ダースレイダー「ラストベルトは”絶望している地域”」

本作の舞台はイリノイ州ロックフォード。錆び付いた地帯と言われるラストベルトに位置している。

「ラストベルトは”Rust Belt”、言わば錆のついたベルトと言う意味で、錆びが付いて動かないような工場とかを想像してもらえると。
日本で言う、〇〇産業地帯とか、例えば京浜工業地帯のような、製造業が盛んな地域のこと」と前嶋さん。
「地図でいうと五大湖の半分をちょうど囲む辺り」とダースレイダーさんも解説。

そこで生活する人にとってはどのような場所だったのか。
「昔は未来につながるベルトだったんです。第二次大戦あたりから70年代頃に産業が一気に発達して、まさに世界の産業の中心のような場所だったんです。働いている人たちは「俺たちが世界を引っ張っている」というプライドを持っていた」と前嶋さんが説明。だが、世界の状況が製造業から金融やITにシフトすることで、次第にラストベルトは廃れていったという。

「かつて世界の中心だった場所で、そこに住む人たちは自動車や家を買えた。その子供達は自分よりも良いところに住める、という希望や夢を持っていた分、プライドが折れてしまったんだと思う」と続けて解説した。
ダースレイダーさんは「バックラッシュが大きかったんですね」と景気の反動を機械の仕組みに例えた。
希望を失った世代の、子供、孫の世代にあたるのが『行き止まりの世界に生まれて』の主人公3人の年代というわけだ。

2016年世界を驚かせた大統領選の裏に、助けを求める多くの声

2016年、ヒラリー・クリントンを破ってドナルド・トランプが大統領になった。ラストベルトは、ほとんどの州が競りにせった激戦州となり注目を集めた。

「2016年の大統領選挙の時、トランプが赤いキャップで”Make America great again”と言った演説は今でも印象にありますよね。まさにこの言葉の”取り戻したいアメリカ”というのがこのラストベルトや、そこに住む人達に響いた」とダースレイダーさん。
「昔は所得再分配で助けてくれた民主党だがそれも今はなく、未来が見えず、誰にも振り向いてもらえないラストベルトの人たちは、トランプの言葉に「俺たちを助けに来てくれるのか?」と心を動かされたのだろうと思います」と前嶋さんもその場所に住む人達が2016年の大統領選でどのような感情を抱いたのかを解説した。

前嶋「暴力は貧困と連鎖する」

では、今のラストベルトに生きる「若者」が置かれている状況とは。

「50-60年代の、寛容だった、生活も楽だったアメリカをなんとか取り戻すために、ザックの父のように厳しい規律を保つことで、今の状況をどうにかしようとした人もいた」とダースレイダーさん。だか、戻ることの出来ない現実が続く日々。

「同じくラストベルトのデトロイトが舞台の『8 Mile』とかでも描かれていたように、事件が起きても助ける人が来なかったりするようなことがある。この『行き止まりの世界に生まれて』のロックフォードも同じような部分はあるだろうし、雇用の面で言えば劇中に出てくるような屋根職人、皿洗いとか、仕事は仕事でも選択肢の幅が限定された中で若者たちも働いている」という。

雇用がないという厳しさは、生きる人々の心を擦り減らしていく。
希望が廃れた環境の中で全員が深刻な背景を抱え、劇中で暴力が日常化していることについて前嶋さんは次のように説明。「暴力は貧困と連鎖する。アメリカは日本より貧富の差があるし、その中でもラストベルトはさらに顕著で、その差から暴力に繋がっているんだと思う」と分析する前嶋さん。

そしてダースレイダーさんは「親同士の暴力沙汰を日常的に見させられていることもある意味虐待で、それが日常になっている劇中の3人はメンタルでも傷ついていますよね」と話す。
そのような環境の中で、スケボーというアイテムが重要になるのだ。人種も違う3人は、他の仲間達とともにスケートバークで新しい生活を作る。スケボーで会話を交わし、現実のメンタルダメージを転んだ痛みでコントロールしていく。そこに感じる確かな世界を糧にしていく。

スケボーを通して感じ取る煌めく希望

前嶋さんは「スケボーに限らず、友達と自転車に乗ったり、草野球したり、そういう瞬間を共有することで若者は成長していく。その煌めきがこの映画にある」と力説。

そしてダースレイダーさんは「12年間の時系列の中で、時折見せる「本当にこの時間が続けばいいのに」という瞬間の場面がいくつかあって、彼らはそれを共有しているんです。その瞬間が、瞬間といえどもスケボー乗って向先に向かっていく姿が見えるのがいい。観てる側も救われますね。スケボーは、社会と自分の間にある溝や、世代間のギャップを超えていく、かけがえないもの。未来に継承されて行くもの」と熱く語った。

アメリカの未来は『行き止まりの世界に生まれて』の若者世代に託される!

秋に大統領選挙を控えるアメリカ。本作の公開(9月4日)直後、9月7日のレイバー・デーに選挙戦も本格化する。

「歴史の中でもこの2020年の大統領選挙は大きな意味を持つかもしれないと思っている」とダースレイダーさん。

現在の戦況を語りながら、前嶋さんも「本作の舞台ロックフォードのようなラストベルトの街が、今回も大統領選の鍵を握っている。BLM運動などのうねりがある中、『行き止まりの世界に生まれて』の主人公たちのような若者の票で、今後のアメリカが大きく変わっていくかもしれない」と分析した。

90分にわたるトークの最後になんだかんだ言っても前知識なくても十分楽しめる映画、と太鼓判を押すお二人。

前嶋さんもダースレイダーさんも、LIVE中に何度も何度も「空を飛んでいるようなスケートシーンの疾走感、爽快感に、前に進む希望を感じられて本当に素晴らしい!!ぜひスクリーンで観てほしい!」と熱弁した!

『行き止まりの世界に生まれて』予告編映像

あらすじ

傷だらけのぼくらが見つけた明日――
「全米で最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビンの3人は貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいた。スケート仲間は彼らにとっての唯一の居場所で、もう一つの家族だった。
そんな彼らも大人になるにつれ、さまざまな現実に直面し段々と道を違えていく。カメラは、明るく見える彼らの暗い過去、葛藤を抱える彼らの思わぬ一面を露わにしていく――。

キャスト

キアー・ジョンソン、ザック・マリガン、ビン・リューほか

監督・製作・撮影・編集

ビン・リュー

スタッフ

エグゼクティブ・プロデューサー:スティーヴ・ジェイムス(『フープ・ドリームス』)ほか

『行き止まりの世界に生まれて』作品情報

93分/アメリカ/2018年 英題:MINDING THE GAP
配給:ビターズ・エンド
© 2018 Minding the Gap LLC. All Rights Reserved. bitters.co.jp/ikidomari

9月4日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー!

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  2. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  3. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  4. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  5. 決戦は日曜日
    事なかれ主義の議員秘書と政界に無知な熱意空回り候補者が 日本を変えるため、選挙落選を目指す!? 新…
  6. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  7. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る