芦田愛菜「多面的な部分を表現できたらいい」映画『星の子』完成報告イベントレポート

映画『星の子』舞台挨拶

芦田愛菜「多面的な部分を表現できたらいい」
映画『星の子』完成報告イベントレポート

9月3日(木)、東京都の恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルームにて芦田愛菜の6年ぶりとなる待望の実写映画主演作『星の子』(配給:東京テアトル、ヨアケ、10/9(金)全国公開)完成報告イベントが行われました。

この日のイベントには、主人公の中学3年生のちひろを演じる芦田愛菜、そして芦田演じるちひろを深く愛しながらも“あやしい宗教”を深く信じているという両親を演じる永瀬正敏原田知世大森立嗣監督が登壇しました。

芦田愛菜「多面的な部分を表現できたらいい」

映画『星の子』舞台挨拶

主人公の中学3年生のちひろを演じた芦田愛菜

6年ぶりの実写映画主演作に髪の毛をバッサリ切った芦田愛菜。 脚本を読んだとき、「“信じる”というのがひとつのテーマになっているのかなと思いました」とその感想を語った。演じた主人公ちひろは芦田と同世代だが、演じるにあたり、「一人でいる時は悩んだり、悲しんだり、決意を感じさせたり、かと思えば、友だち過ごしているときは純粋に楽しんでいたり、そんな多面的な部分を表現できたらいいなと思っていました。また、“信じる”という言葉は、身近に使っている言葉ですが、ちゃんとわかってないなあと。自分の答えを、ちひろと一緒に、探していこうと思いました」と述べ、髪を切ったことについては、「髪が長い自分が、ちひろを演じいているのがしっくり来なかったので、大森監督に相談させていただきました」と明かした。

大森立嗣監督「感情を固定化しないことを大切に」

映画『星の子』特報・場面写真解禁!永瀬正敏&原田知世が両親役に!

本作は、芥川賞作家・今村夏子の初の映像化作品だが、大森監督は「ちひろの感情を固定化しないことを大切にしました。心の揺らめきを芦田さんが自由に演じられる環境を作りたかった。芦田さんにがんばってもらうしかないのですが、さすがでした」と振り返る。さらに「両親との会話で生まれてくるものを大事にしてくださいと伝えていたんですが、楽しんでくれていたみたいでした」と明かした。

親子を演じた芦田愛菜、永瀬正敏、原田知世だが、永瀬は「原田さんは久しぶりですが、全く変わっていなくて、現場でずっと『変わっていないですね』と言っていました」、原田は「愛菜ちゃんは、小さいときから活躍している姿を見ていて、親しみを持ってご一緒しました。16歳になって、すてきな女の子になりましたけど、見ていると幼いころ面影が見えてきて、愛しくなりました」と共演の感想を語った。

“信じる”ことを語る

登場人物それぞれの“信じる”ということが描かれた『星の子』 。

芦田にとって“信じる”とは「よく、その人のことを信じようと思いますという言葉を使うことがありますが、それってどういう意味なんだろうってと考えました。それは、その人自身を信じているのではなくて、自分が理想とするその人の人物像みたいなものに期待してしまっていることなのかなと感じて。だから人は、裏切られたとか、期待していたのにと感じてしまう。でもその人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけであって、その見えなかった部分が見えたときに、あっ、それもその人なんだと受け止められる揺るがない自分がいるか、信じられるかということなのかなと思ったんです。けれど、揺るがない自分の軸を持つのってすごく難しく不安になったりします。だからこそ、人は『信じる』と口に出して、成功した自分とか理想の人物像にすがりたいんじゃないかと思いました」と思いを述べた。

これに永瀬も「しっかりしてるでしょ(笑)。これ以上の答えはないですよ」と、脱帽。永瀬は「僕は信じているのは一貫して映画です。映画に裏切られたことないので映画を信じています」と熱い思いを語った。

映画『星の子』舞台挨拶

続いて、作中に出てくる「流れ星」にちなみ、“今、流れ星にお願いしたいこと”を星形のフリップに回答した。
芦田は「猫と話したい」と書き、「最近、猫を飼い始めました。私のことをどう思っているか聞いてみたいです。困ってることない?楽しく生活できてる?ご飯は何がいい?と、1日だけでもいいから猫と話したいです」と嬉しそうに説明した。永瀬は「和」、原田は「自由に旅ができる日がやってきますように」、大森監督は「コロナのない日常」と、新型コロナや災害に見舞われた状況を反映させた内容となった。

「自分が信じたいと思える人って誰なんだろう」を考えるきっかえに

最後に、芦田からと「この映画を通して信じるってなんだろうと深く考えたんですけど、それは人それぞれで違いますし、答えがあるものではないと思います。でも、映画を観てくださったみなさんにとって“信じる”ってなんなんだろう、自分が信じたいと思える人って誰なんだろう、そんなことを考えるきっかけになってもらえたら嬉しいなと思います」 、作品を心待ちにされている方々へメッセージが送られ、完成報告イベントは終了した。

本格女優として新たなフィールドに踏み出した芦田愛菜と、日本映画界を代表する実力派キャストが集結した、この秋最大の感動作『星の子』は10月9日(金)全国公開となる。


キャスト:芦田愛菜 岡田将生 大友康平 高良健吾 黒木華 蒔田彩珠 新音 永瀬正敏 原田知世
監督・脚本:大森立嗣(『日日是好日』)
原作:今村夏子『星の子』(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
製作幹事:ハピネット、ヨアケ
製作プロダクション:ヨアケ、ハーベストフィルム
配給:東京テアトル、ヨアケ
公式サイト:hoshi-no-ko.jp

©️2020「星の子」製作委員会

10月9日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国公開

 友だち追加

1
コメント

avatar
1 コメント数
0 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
1 コメント者数
リョウイチ 最近のコメント
新しい順 古い順
リョウイチ
リョウイチ

答えの出ない思春期の揺らぐ愛菜ちゃんは好演だ。しかし映画はあまりに無責任である。
お姉さんが家を出た気持ちが描かれて無い。
ナイフを大友康平に向けた感情はどうなったのだろう。ラストで子供が出来たと一言で整理したつもりなのか。子供の心の中のナイフはどこに行ったのですか?
憧れの先生は大人の象徴のつもり? 教頭に怒られることを怖がり我が身保身の先生は 何と薄っぺらな大人だろ。映画の表現方式を監督は知らないのか。先生に追い詰められ愛菜ちゃんがこぼした涙の処理が無い‼️
思春期の子供の対比としての大人の先生のつもりだろうが あんな大人はいない。
両親の心が見えない。
愛菜ちゃんとお姉さんをどう育てたいのか描かれて無い。ラストのきれいな星空は彼らにどう映ったのか。
すべてに答えが無いのが思春期である。
しかし映画は答えを見つめないと作品にならない。
駄作だ。
愛菜ちゃんがかわいそうでならない
駄作 星の子 追記
人間には心のヒダがある。環境によってそのヒダが波打つ。
映画 星の子でその波打ちを表現していたのは愛菜ちゃんだけだ。終盤の集会での意味のない親探しを監督は見えない大人の心を愛菜ちゃんが探していると表現したつもりなのだろうか。
愛菜ちゃんは一生懸命心のヒダをあらわそうともがいていた。
ただ監督はその演技を受け止めてられず ただ無駄にフィルムを回すだけだった。
私が駄作と言う所以だ。
おそらく愛菜ちゃんはシナリオを読み込み 揺れ動く14歳の葛藤を演じることに集中しただろう。
監督は愛菜ちゃんの表現を理解できていなかった。
海街ダイアリーの4姉妹たちの小さな心の波打ちの表現を せめて監督は分析して欲しい。

やはり愛菜ちゃんがかわいそうである。

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  3. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  4. 映画のさりの島
    “やさしい嘘”が生み出した、おとぎ話のような一瞬の時間 2019年ミニシアターファンの心を捉え大ヒ…
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  7. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る