西川美和監督最新作『すばらしき世界』トロント国際映画祭で上映&リモート記者会見

すばらしき世界

トロント国際映画祭で世界初お披露目!
役所広司、西川美和監督がリモート参加!

直木賞作家・佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案としたの西川美和監督(『ディア・ドクター』『夢売るふたり』『永い言い訳』)最新作『すばらしき世界』が2021年2月11日(木・祝)全国ロードショーとなります。(配給:ワーナー ブラザース ジャパン合同会社)

この度本作は、米アカデミー賞前哨戦となる「第45回トロント国際映画祭」正式出品作品に選出され、現地時間9/10、ワールドプレミア上映が行われました。新型コロナウイルス感染拡大影響により世界中の映画祭が規模縮小を余儀なくされ、トロント国際映画祭に於いては例年の 1/4 程度に絞られる中での非常に狭き門を見事突破し、正式出品作品として選出された本作。上映作品は、コロナ禍の試みとして、ソーシャルディスタンスを守った劇場 、ドライブインシアター、野外やインターネット上で披露され、レッドカーペットや記者会見はバーチャルで行われています。

現地時間の 9 月 10 日、ワールドプレミアが行われ、主演の役所広司、西川美和監督が日本からリモート参加。プログラミングディレクターのジョバンナ・フルピ氏は、本作を「脚本が非常によく練られストーリーが感動的 。見事に質感がありリアルに感じられる。(主人公 ・三上を演じた)役所は、役の解釈がとても素晴らしくニュアンスと個性が豊かでカリスマ性を感じる」と絶賛。


Q.今までの西川監督の長編作品はオリジナルストーリーで、文学賞も受賞 してこられました。『すばらしき世界 』は別の方が書いた小説を原案とした初めての作品となります。社会になじもうとする元ヤクザを描いたこのストーリーのどんなところに惹きつけられましたか?また、佐木さんの原作「身分帳」にはどのくらい忠実に翻案されましたでしょうか。

西川美和監督
前作『永い言い訳 』の撮影中に佐木隆三さんが亡くなられたと新聞を見て知りました。その記事の中で、佐木さんをよく知る作家の方が、佐木さんの真骨頂は非常に有名な「復讐するは我にあり」よりも「身分帳 」ではないか、と書かれていたんです。それがきっかけでこの原作を手に取りました。

そこで描かれていたのは、犯罪者が刑務所を出た後になんでもない日常を取り戻すために、こつこつと生きる地味な話だった(笑 )。これは、自分で探しても見つけられるテーマではないと思い、映画化してみたいと強く思いました。たくさんのエピソードが詰め込まれている小説を2時間の映画にどう集約するかということが、オリジナルで映画を作ってきた私にとっては、とても手こずった部分でしたが、2、3年かけて取捨選択して書き上げました。

小説「身分帳」原案 映画『すばらしき世界』2021年春公開決定!

Q. 役所広司さんの演技は息をのむほどで、この役にぴったりでしたが、三上役にはどのようにキャスティングされたのでしょうか。脚本の段階ですでに役所さんが頭にありましたか?

西川美和監督
17歳の時に、役所さんが連続殺人鬼の役をやられたテレビドラマを観ていたくショックを受け、それがきっかけでものを書く仕事につきたいと思うようになりました。映画監督をやることになり、いつか役所さんを主役に映画を撮れないかと考えてきました。本作の三上 という男は非常に面白い役なので、憧れの役所さんに一念発起してオファーをしたところ、「前向きに考えます」とお返事をいただき、それが自信となって脚本を書き進めることができました。

Q.役所さん、三上の役の解釈がとても素晴らしかったです。ニュアンスと個性が豊かで、感動的かつカリスマ的でした。この役にはどのような準備をされましたか?

役所広司さん
原案である小説 「身分帳 」と西川監督が書いた脚本 を比べて読みながら、小説はもちろんト書きが多いのでその部分は脚本と照らし合わせて、三上という男を探し求めていました。しかしこの男がなかなか掴めなかった。撮影が始まってから、ワンシーン撮ったものがまた次のシーンのヒントになり、少しずつ三上という男に近づいていく感じがありました。

あとは、ミシンの練習を一生懸命やりました(笑 )。また監督と一緒に旭川刑務所を見学できたことは非常によい経験になりました。


世界が待ち望んだ西川美和監督最新作!

過去作『ゆれる』(06)で第59回カンヌ国際映画祭〈監督週間〉に出品、当時韓国で公開された折には、アートシネマの中で突出した記録となる 6 スクリーン15日間で30万人動員というスマッシュヒットを記録。

『ディア・ドクター』(09)は日本アカデミー賞10部門他国内で数々の賞を受賞。『夢売るふたり』(12)でトロント国際映画祭<スペシャル・プレゼンテーション部門>正式出品、『永い言い訳』(16)はアジア各国に加えフランス、ポルトガルでも公開しトロント国際映画祭<スペシャル・プレゼンテーション部門>正式出品。同映画祭への出品は、本作で3作品連続の快挙となった。

『すばらしき世界』映像初解禁!

冒頭、テレビマン津乃田(仲野太賀)と TV プロデューサー吉澤(長澤まさみ)の、「相手にしない方がいいんじゃないですか?放送に耐えられる対象じゃないっすよ。」「そこが面白いんじゃん。」という会話で始まる。

津乃田が持つカメラが向けられるその先にいるのは、優しくて真っ直ぐすぎる性格の男・三上(役所広司)。しかし、実はこの男、人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯だった――。

社会のレールから外れた男と、それをネタに食い物にしようとする TV マン。「この世界は地獄か、あるいは――」怒りを目に浮かべたこの男の結末は?片時も目を離せない特報が、遂に完成した。

西川美和監督が、初めて実在の人物をモデルとした原案小説をもとに、その舞台を約 35 年後の現代に置き換え、徹底した取材を通じて脚本・映画化に挑んだ本作。人間の本質をあぶり出す作品で世界でも高い評価を得てきた西川監督が、学生時代から憧れ続けた役所広司と初タッグ。役所も「いつか西川監督とご一緒したいと思っていた」と語り、相思相愛の二人が世に送り出すのは、どのような『すばらしき世界』なのか?2021 年2月 11 日(木・祝)全国公開。

映画『すばらしき世界』特報

あらすじ・ストーリー

下町の片隅で暮らす短気ですぐカッとなる三上は、強面の見た目に反して、優しくて真っ直ぐすぎる性格の男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で暮らした元殺人犯だった――。

一度社会のレールを外れるも何とか再生したいと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンがすり寄り、ネタにしようと目論むが…。三上の過去と今を追ううちに、逆に思いもよらないものを目撃していく――。

出演キャスト

役所広司
仲野太賀 六角精児 北村有起哉 白竜 キムラ緑子
長澤まさみ 安田成美 / 梶芽衣子 橋爪功

脚本・監督:西川美和
原案:佐木隆三著「身分帳」(講談社文庫刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

公式HP:subarashikisekai-movie.jp

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  3. ラーヤと龍の王国,画像
    エルサとアナに次ぐ、ディズニーのニューヒロインが誕生! “ひとりぼっち”じゃ、世界は変わらない― …
  4. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  5. ステージ・マザー,画像
    ごく普通の主婦ジャッキー・ウィーヴァーが “がけっぷち” ドラァグクイーンとゲイバーを再建!? …
  6. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…
  7. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る