映画『みをつくし料理帖』完成披露試写会レポート

みをつくし料理帖

日本の映画史に残る名作が誕生!
豪華キャストが角川春樹監督の撮影現場を語る

9 月 17 日、映画『みをつくし料理帖』完成披露試写会が東京・銀座にある丸の内 TOEI にて行われ、主演の松本穂香、共演の奈緒若村麻由美窪塚洋介小関裕太藤井隆石坂浩二中村獅童、そして角川春樹監督が出席しました。本作は作家・髙田郁による 400 万部超えのベストセラー時代劇小説を、“時代の風雲児”角川春樹が映画化し、いよい10月16日から公開されます。

豪華メインキャストが一堂に会したこの日。神田にある蕎麦処「つる家」の女料理人・澪役の松本は、角川監督の印象について「現場では毎日『芝居良かったよ~!』と私と奈緒さんには仰っていたんですが、撮影前に女性陣はほめて伸ばす、男性には厳しくと宣言されていたので、褒められてもそれが頭をよぎる。本当に思ってくれているのかな?って」と苦笑い。

生き別れた澪の幼馴染・野江役の奈緒も「本当に優しくて不安になることもありました。でも角川監督から『OK を出しているのは OK だから』との言葉をいただきました」と喜んでいた。

その男性陣の一人である小関は「厳しかった」と宣言通りだと笑いつつ「でも優しくて、優しい中に厳しさがある。完成した作品を観て、初めての自分の姿を見た気がします。新しい自分がいる!と感動しました」と初の角川組で新境地を実感したことに笑顔で語ってくれた。

窪塚も「角川春樹といえば、龍とか朱雀とかもはや伝説。実際にお会いして、人となりや言動に触れる中でハンパじゃない人だと思った。雨予報の日に『雲切りをしてきた』と言っていて、実際に雨が降らなかった。…龍なんだと伝説を体感しました」と角川春樹パワーに脱帽していた。

一方、藤井は「女優さんには優しく、男性には厳しくですか?割と僕は褒めて伸ばしていただいた」と笑わせつつ「カットの後に『いいよ!藤井!』と呼び捨てで呼んでいただけたことも嬉しかった」と身振り手振りで撮影当時の様子を語り、会場を笑いの渦に包んだ。憧れの女優・薬師丸ひろ子との夫婦役共演には「今でも嘘だと思っている。実際に僕出ていました?」とボケを披露。

角川、プロデュース作品『蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜』(2007)以来の若村は、今回の撮影を振り返り「角川監督は一人一人の登場人物を愛して、キャストを愛して愛の眼差しで撮影をされていました。自分はその包容力に身をゆだねて、一生懸命やるだけ。居心地のいい現場でした」とニッコリ。松本については「とてもひたむきな方。角川監督からは親子のようにと言われましたが、こんな素敵な娘がいればいいなぁと見とれていました」と娘・松本に慈愛の視線を投げていた。

映画『男たちの大和/YAMATO』(2005)以来の獅童は「角川監督はずっと応援してくれていて、駆け出しのころから『お前は大丈夫だ』と声をかけてもらいました。それが心の支えになり、再び呼んでいただいた嬉しさは一言では言い表せません。そして新しい中村獅童を引き出してもらいました」とシミジミ。藤井隆との殺陣シーンでは「段取りの段階なので流れを緩くやっていたら『何をやっているんだお前たち!真剣にやれ!』と怒鳴られた」と笑いつつ「その声を聞いたときに『角川監督はまだ大丈夫だ』と思った。角川監督はこれが最後の監督作だとおしゃっているけれど、まだまだ撮り続けていただきたい」と監督続投を懇願した。中村獅童の息子の名前は角川春樹の名前からとられているが、角川監督は「ストレス発散の憂さ晴らしのために付けたと私は思っています」と仲の良いトークで笑いを誘っていた。

『犬神家の一族』(1976)からの付き合いである石坂は「当時の角川監督の、映画界をなんとかしなければ!という熱をいまだに覚えています。そして今回も改めて日本の映画界を!という気持ちを感じた」と熱量を受け取ったそうで「角川監督には『店じまい』とか言ってまたやる!みたいな感じになってほしい」と監督業続投を期待した。

“ラスト監督作”を銘打っている角川監督だが「原作はまだ 2 作くらいの映画ができるネタがあります。撮影後の打ち上げの時にスタッフ・キャストに『また会おう』という声をかけました。またこの顔ぶれで映画を撮りたい」と監督業続投に意欲を見せていた。

最後に主演の松本は「大切な人と映画館で観てほしい」と劇場公開に期待を込めると、角川監督も「撮影前の神事では、全世界に映画を観る喜びと感動を与えることができるよう、世界中の人々に愛されるようにと祈りました。それが私の気持ち。みなさんから愛されるような映画になることを願っています」と思いを込めていた。

『みをつくし料理帖』予告編

あらすじ・ストーリー

時は、享和二年。大坂。8 歳の澪(松本穂香)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼馴染だった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす二人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。

――それから時は流れ、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働いていた。しかし江戸の味に馴染めず試行錯誤の日々を過ごしいたのだが、やがて「つる屋」の看板料理を見出していく。たちまち江戸でも評判になっていく店にある日、吉原の扇屋で料理番をしている又次(中村獅童)という強面の男がやってきた。

吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼むのだった。そして、この日を境に運命の歯車が動き出す。果たして、澪と野江は再会を果たせるのか? 幾度となく訪れる艱難辛苦をを乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。

出演キャスト

松本穂香 奈緒 若村麻由美 浅野温子 窪塚洋介 小関裕太 藤井隆/野村宏伸 衛藤美彩 渡辺典子 村上 淳 /
永島敏行 松山ケンイチ 反町隆史 榎木孝明 鹿賀丈史 / 薬師丸ひろ子 / 石坂浩二(特別出演) / 中村獅童

監督・スタッフ

製作・監督:角川春樹
脚 本:江良 至、松井香奈、角川春樹
原作:髙田 郁「みをつくし料理帖」(角川春樹事務所)
主題歌/手嶌 葵「散りてなお」作詞・作曲/松任谷由実 編曲/松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)
料理監修:服部幸應/音楽:松任谷正隆/制作統括:遠藤茂行/制作:楽映舎
配給:東映 Ⓒ 2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会
公式サイト:miotsukushi-movie.jp

10月16日(金)全国公開

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  2. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  3. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…
  4. 画像,本気のしるし,森崎ウィン,土村芳
    その女、出会ったことが事故だった-- 深田晃司監督が描く、弱く不器用な男女の転落劇 映画『…
  5. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…
  6. リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜
    ハチャメチャで可笑しくて、最高に懐かしい 「名古屋発・笑って泣ける最強の青春ドラマ」が遂に映画化!…
  7. 画像,ウェン・ムーイエ(文牧野),ニン・ハオ(寧浩),シュー・ジェン(徐崢),ワン・チュエンジュン(王伝君),ジョウ・イーウェイ (周一囲),薬の神じゃない!,映画,中国,金馬奨,主演男優賞
    中国で500億円もの記録的大ヒットを記録! 金馬奨・主演男優賞等の映画賞を受賞! 映画『薬の神じ…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る