映画『ミセス・ノイズィ』感想続々!渋川清彦「これぞ映画。最高でした!」

映画『ミセス・ノイズィ』感想続々!渋川清彦「これぞ映画。最高でした!」
dTV

映画『ミセス・ノイズィ』感想続々!

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督、出演:篠原ゆき子、大高洋子、新津ちせ ほか)が、2020年12月4日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開となります。

本作をいち早くご覧いただいた、柴田理恵さん、水野美紀さん、渋川清彦さん、福岡晃子さん、三島有紀子監督、大久明子監督、冨永昌敬監督、森達也監督、笠井信輔さん、池内ひろ美さん、コトブキツカサさんから感想&応援コメントが到着しました。

ささいなすれ違いが大事件へ!

映画『ミセス・ノイズィ』は、第32回東京国際映画祭・スプラッシュ部門のワールドプレミアで大反響を呼び、劇場公開が熱望された衝撃の問題作です。

ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやネット社会を巻き込んで、やがて2人の女の運命を狂わせる大事件へと発展。「SNS炎上」や「メディアリンチ」など現代の社会事情も絡みつつ、後半は思わぬ方向に事態が進んでいくサスペンスフルな展開の、あらゆる「争い」についての普遍的真理をテーマにした、天野監督によるオリジナル脚本の意欲作です。

北米最大の映画祭JAPAN CUTS(ジャパンカッツ)でも観客賞を受賞しました。

『ミセス・ノイズィ』に寄せられたコメント

誰も悪くないのに何かしら問題を抱えるのが「家族」です。
悪意ではなく善意からトラブルとなることもありますし、少しの誤解が家族を巻き込む大きな騒動へと繋がりかねない。
不安な時だからこそ観ておきたい作品です。
池内ひろ美(家族問題評論家)

ミスターではなく、ミズでもなく、ミセス。エンターテインメントの形を巧みに取りつつ、日本の家族制度や婚姻制度の歪みをノイズィに訴えた映画、と見た。野郎どもに届け。ていうか、女ども何してんの?私もだよオイ!
大九明子(映画監督)

怖いオバちゃんがベランダでふとんを叩いて逮捕された「引っ越しオバサン騒音事件」。あの事件の真相はもしや…という視点で描くアナ―ザーストーリー。激突する女優2人に圧倒されながら、最後は目に涙する快作だ!
笠井信輔(フリーアナウンサー)

メディア報道やSNSのあり方に警笛を鳴らすこの物語はアップデートされたラショーモンアプローチだ。
観客に人間の尊厳と常識を投げかける本作のラストに救いを見た。
コトブキツカサ(映画パーソナリティ)

一言で、恐ろしい映画。ペンは剣よりも強しというが、ペンの持つ暴力はとてつもない。
SNSもマスコミも、またしかり。暴力を振るわれた側はただ耐えるしかないのか。それでも強く生き抜くしかないのか。「表現の自由」が、弱い人を踏みにじっていないのか?
柴田理恵(女優)

今、いつもと違う日常、ミセス・ノイズィ観た。このご時世への警鐘と天野監督の眼差し。
役者の活き活きさ。
篠原さんの音が天野千尋の音に似ている気がして、天野さん本人の叫びみたいな気がした。
これぞ映画。最高でした!
渋川清彦(俳優)

映画館にも幼稚園にも行けず、家に閉じこもるしかなかった今節の疫病禍のもとでは、泣く子がうるさいのもお互い様。わが家もお隣りさんも元気な証拠。しかし『ミセス・ノイズィ』の苛烈きわまる隣人関係には、「お互い様」なんて到底ありえなかったようだ。ベランダの仕切板を火蓋のごとく弾け飛ばした女たちの戦いは、匿名の視線によって物見高く消費され、傷だらけに炎上してゆく。でもそこで終わりなんかじゃない。篠原ゆき子と大高洋子がお互いに幸福なノイズであるために費やすその後の年月に、監督天野千尋の生活者としての本気を感じるのだ。
冨永昌敬(映画監督)

時代と共に変化する「常識」と「非常識」の狭間で、わたしたちに求められる正しさとは何か
この映画を観終えたら、その答えに近づくことができる。
福岡晃子(作詞作曲家/チャットモンチー済)

篠原ゆき子の戦い。大高洋子の慈しみ。
これは、ふとんたたきから始まる、天野監督のスバラシキ反戦映画だと思う。
三島有紀子(映画監督)

私のように、前情報なるべく無しで見て欲しい
予想は少しずつ裏切られ、その度に引き込まれ、胸いっぱいのラストに導かれます。
とにかく観てみて!
水野美紀(女優)

後半の展開はまったく予想を超えていた。提起される問題は「SNS炎上」と「メディアリンチ」。
事実は視点で変わる。10人いれば10の真実がある。つまりこれは現代版『羅生門』だ
森達也(映画監督)

映画『ミセス・ノイズィ』予告編映像

キャスト

篠原ゆき子 大高洋子

長尾卓磨
新津ちせ
宮崎太一
米本来輝

洞口依子
和田雅成
田中要次
風祭ゆき

監督・脚本

天野千尋

映画『ミセス・ノイズィ』作品情報

制作:ヒコーキ・フィルムズ インターナショナル/メディアプルポ
企画協力:アクターズヴィジョン
配給:アークエンタテインメント
特別協力:アミューズメントメディア総合学院

2019年/日本/106分/シネスコ/5.1ch/カラー

©「ミセス・ノイズィ」製作委員会

公式サイト http://mrsnoisy-movie.com/
公式Twitter https://twitter.com/MrsNoisy_movie

12月4日(金)~ TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画『野球少女』,イ・ジュヨン,画像
    韓国の新世代スター イ・ジュヨン主演『野球少女』 韓国を代表する豪華キャストが結集! 「梨泰院ク…
  2. ディズニープラス『ワンダヴィジョン』,画像
    『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く、 マーベル・スタジオ初の オリジナルドラマシリー…
  3. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  4. ステージ・マザー,画像
    ごく普通の主婦ジャッキー・ウィーヴァーが “がけっぷち” ドラァグクイーンとゲイバーを再建!? …
  5. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  6. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…
  7. 痛くない死に方
    「病院」か「在宅か」 この物語は患者と家族、そして医者の物語である 医学の進歩に伴い、「延命治療…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る