下倉幹人「沢山の人に観て欲しい」映画『アイヌモシㇼ』初日舞台挨拶でアピール

映画『アイヌモシㇼ』,画像

映画『アイヌモシㇼ』
初日舞台挨拶レポート

10 月 17 日(土)、映画『アイヌモシㇼ』が公開初日を迎え、東京都渋谷区のユーロスペースにて初日舞台挨拶イベントを実施しました。

北海道阿寒湖・アイヌコタンを舞台に少年の成長を通して現代のアイヌ民族のリアルな姿を瑞々しく描いた本作。この日は、下倉幹人さん、秋辺デボさん、下倉絵美さんが北海道から東京に駆け付け、福永壮志監督とともに満席をなった観客の前で公開初日の喜びを語りました。

―――― まずは幹人さん、初主演映画が公開され、この舞台に立ってどんなお気持ちですか?

映画『アイヌモシㇼ』,画像

下倉幹人さん
監督からお話がきた時にはこんなことになるとはイメージもつかなくて、興味本位で「やってみたいです」とお伝えしたんですけど…。感動しています。

映画『アイヌモシㇼ』,画像

―――― どういう経緯でオファーを受けたのですか?

下倉幹人さん
母の仕事でスペインへ行った時に…

福永壮志監督
当初、青年の物語を考えていたのが少年の話になり、既に関係性が出来上がっていて、印象的な目とか特別なパワーを持っていたので少年の主人公は幹人君しかいないと思っていました。

スペインというのは、初めて一緒に遊んだのがスペインでした。フランスのレジェンシーで脚本を書いていて、絵美さんがスペインで公演があるのでリハーサルの間の面倒をお願いされて、一緒に水族館へ行ったりしたんです。

―――― そこからまさかの映画主演!出来上がった作品をご覧になっていかがですか?

下倉幹人さん
正直、試写で観たときは「撮影の時あんなことあったなぁ」とか映画の話よりそっちで盛り上がったので、これから映画館で観るのが楽しみです。

―――― お母さん役であり実際にお母さんの絵美さんはご覧になっていかがですか?

映画『アイヌモシㇼ』,画像

下倉絵美さん
私も映画館ではこれから観るのですが、ほとんどが阿寒湖のそばで生活している知っている人だらけなので、みんながドギマギしながら演技している!って(笑)

みんなが真剣に取り組んでイイ映画にしようとしているのを感じて、観ていてジーンとしました。

―――― 監督はこの作品を制作するにあたり、アイヌのどんな部分に惹かれたのでしょうか。

映画『アイヌモシㇼ』,画像

福永壮志監督
北海道出身ですが、(アイヌのことを詳しくは)知らずに思春期を過ごし、アメリカに渡ってからアメリカ人の先住民に対する意識の差を感じて、その時に自分の生まれ育った北海道にアイヌという先住民がいるのに全然知らないことにハッとして、知らないことが恥ずかしいことだと思って、いつか映画を撮れたらとぼんやり思いました。

創るにあたっては創り方もとても大事だと思ったので、行き着いた先が皆さんに(出演を)お願いすることでした。

―――― デボさんにはいち早くオファーがあったそうですが、どんなオファーでしたか?

映画『アイヌモシㇼ』,画像

秋辺デボさん
覚えていないです。

映画を創るにあたって、ストーリーの展開とか、アイヌだったらどうかということがアドバイス出来たらいいなと思って監督と付き合っていたけど、あんな風に映画に出されるとは思っていませんでした。

だいたい初めて会った時、なんだか暗くて不景気な男だなって。うまいこといって追い帰そうと思ったんです。でも、熱心でねぇ。

監督は最初から出すつもりだったかもしれないけど、そんな気はなかった。アイヌがアイヌを演じるのは難しいですよ。

映画『アイヌモシㇼ』,画像

福永壮志監督
出ていただくのは最初の頃から思っていました。

デボさんには本当に撮影の大黒柱として、出演者としてだけではなくて、文化的なところも、脚本も一番読んでもらったと思います。

―――― 先ほど、幹人さんの目の力が魅力だと仰っていましたが、撮影中にスゴイと思ったシーンなどはありましたか?

福永壮志監督
元々の性格が素直で魅力的な子です。

カメラを向けられたら緊張しますし、テイクを重ねたら自然ではなくなることが誰しもあると思います。カメラがあってみんながいても自然に演じていて、テイクを重ねても新しく出来る、素晴らしかったです。

―――― 緊張はされなかったのですか?

下倉幹人さん
勿論、緊張はしました…。

―――― 絵美さんは息子さんが横で演技をされているのを見ていかがでしたか?

下倉絵美さん
あまり構えていなくて良かったです。

スタッフの皆さんがよくしてくれたのでリラックス出来たのだと思います。

映画『アイヌモシㇼ』,画像

―――― 本日は絵美さんが特別に“ムックリ”を演奏してくださいます!!

映画『アイヌモシㇼ』,画像

(写真)劇中でも演奏している“ムックリ”(アイヌの楽器、笛に近い)の演奏も披露する絵美さん。

―――― 監督、素晴らしい音楽ですね!

福永壮志監督
自分が作品に和人として入っている中で、本当の良さを引き出すのはご本人達にしかできないので、皆さんの協力があったからこそこの映画が出来たと思います。

―――― 今日から公開がスタートし、全国にこの映画が広がっていきます。皆さんからメッセージをお願いします。

映画『アイヌモシㇼ』,画像

下倉幹人さん
アイヌ民族のことは自分のルーツとしてはあるけど普段からずっと考えているわけではありません。それを全面に出して撮影すると言われた時に、撮影中に文化のことや伝えられてきたことを改めて考えるようになりました。

それはアイヌのことだけじゃなくて、誰しも自分は何者なのか?というものってあると思います。それってずっと考えているわけじゃないし、口頭で言うのは難しいじゃないですか。だけど映像として撮ってもらえて、色んな人に観ていただけるのは貴重だと思うので、是非沢山の人に観て欲しいです。

映画『アイヌモシㇼ』,画像

秋辺デボさん
脚本と台本があって撮影を進めたのですが、描かれているのはリアルな等身大の今の阿寒の様子がよく出ていました。自分で観ていてもそのままだなって思いました。アイヌのことを語る時はすぐ差別だの文化だのと言うけど、そういったものは生活の中に織り交ぜられながら生活している。その様子が上手く映像に出ていて、監督の力量に引き出されて良かったな、この映画に関われて本当に幸せだなと思いました。

皆さん、是非この映画を愛してやってください、よろしくお願いします。

下倉絵美さん
阿寒湖で普段暮らしている母親なので、女性の目線からみても子供を育てるには色々と葛藤したり悩んだりするんです。幹人だけじゃなくて、阿寒湖の子供たちも小さい頃や、たった2、3年前からでも全く違う成長をしていて、それを観るだけで涙が出ちゃうんです。

色んな登場人物に自分を投影させてみると身近な感覚になっていただけると思います。本当に何度でも観て欲しいです。

福永壮志監督
皆さんの言葉を聞いているだけで感極まってしまうんですけど…。

創りたいと思ってスタートして、途中創れないんじゃないかと思うことも色々ありながら、やっと完成に辿り着けました。僕の考えていたものから飛躍して、皆さんの想いや考え、人間としての魅力が入ってこういう作品になりました。

アイヌを題材にはしていますが、一人一人の人間を描こうと思って創った作品ですので、自分に重ねて観てもらえたら嬉しいです。

映画『アイヌモシㇼ』,画像

舞台挨拶最後、一昨日の10月15日に16歳の誕生日を迎えた幹人さんに福永監督、そしてキャストスタッフからバルーンブーケのプレゼントが。受け取った幹人さんは照れつつも「イヤイライケレ〜」とアイヌの言葉で感謝を述べつつ「最高です!これは忘れられない」と喜びを語り、福永監督に感謝のハグをする感動的なシーンも。

満席の会場から大きな拍手が沸き起こり、初日舞台挨拶が終わりました。監督、キャスト、スタッフの皆さん、本当に公開おめでとうございます!

映画『アイヌモシㇼ』,画像


『アイヌモシㇼ』予告動画

あらすじ

14歳のカントは、アイヌ民芸品店を営む母親のエミと北海道阿寒湖畔のアイヌコタンで暮らしていた。アイヌ文化に触れながら育ってきたカントだったが、一年前の父親の死をきっかけにアイヌの活動に参加しなくなる。 アイヌ文化と距離を置く一方で、カントは友人達と始めたバンドの練習に没頭し、翌年の中学校卒業後は高校進学のため故郷を離れることを予定していた。

映画『アイヌモシリ』グアナファト国際映画祭 最優秀作品賞受賞!

亡き父親の友人で、アイヌコタンの中心的存在であるデボは、カントを自給自足のキャンプに連れて行き、自然の中で育まれたアイヌの精神や文化について教えこもうとする。少しずつ理解を示すカントを見て喜ぶデボは、密かに育てていた子熊の世話をカントに任せる。世話をするうちに子熊への愛着を深めていくカント。

映画『アイヌモシリ』

しかし、デボは長年行われていない熊送りの儀式、イオマンテの復活のために子熊を飼育していた。

キャスト

下倉幹人 秋辺デボ 下倉絵美
三浦透子 リリー・フランキー

監督・脚本

福永壮志

配給・宣伝:太秦
公式HP:ainumosir-movie.jp
(C)AINU MOSIR LLC/Booster Project

10月17日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 星の子、画像
    芦田愛菜、6年ぶりの実写映画主演! 『日日是好日』の監督・スタッフがこの秋に贈る、圧倒的な感動作 …
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. 浅田家!,画像
    「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“家族”だった―。 映画『浅田…
  4. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  5. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る