極上ヒューマンドラマ『アフター・ラヴ』【感想】第33回東京国際映画祭

アフター・ラヴ,画像
5/5 (1)

急逝した夫の秘密に迫る妻
人生は複雑、でも乗り越えた先に大きな”愛”があった
映画『アフター・ラヴ』感想

10月31日(土)から開催中の第33回東京国際映画祭。11月2日(月)10:50から上映される『アフター・ラヴ』は絶対に観るべき傑作だ!映画祭の序盤で上映チャンスがなくなってしまうのは何とも残念!!3日にはアリーム・カーン監督をゲストに迎えてのオンライントークイベントがあるのでそちらも要チェック!

映画ログスタッフのどこよりも早い感想レポートです!(日時・場所・チケットは映画祭公式HPでご確認下さい)

映画『アフター・ラヴ』感想

東京国際映画祭2日目。プレス向け上映で韓国、フィリピン、インドとアジア各国の映画を満喫した後のラストはイギリス映画『アフター・ラヴ』。「カンヌ批評家週間」選出された実力作だ。

これはもはや説明が不要、とにかく観て欲しい!!!

急逝した夫の財布を整理していたら知らない女性の写真を見つけてしまう妻・メアリー(役:ジョアンナ・スカンラン)。船乗りでイギリスとフランスを行き来するパキスタン人の旦那のため、イスラム教に改宗したイギリス人女性なのだが、愛する夫にはフランスでの生活が存在していた…。

夫の秘密に導かれるようにフランスに渡り、ジュヌヴィエーヴ(役:ナタリー・リシャ―ル)を訪ねるのだが、亡き夫アーメドのさらなる秘密を知り、自分が妻だと打ち明けられない。

一方、フランスのジュヌヴィエーヴはメアリーを清掃人と勘違いし、引っ越しの手伝いをさせる。なんとも不思議な構図なのだが、メアリーの様々な表情が決して派手ではないものの印象的に映し出されていく。

アフター・ラヴ,画像

そして、ジュヌヴィエーヴがメアリーの秘密を知ることになり、彼女もまたアーメドにとって大切なものが何かに気が付いてしまう…。真実は残酷だ。

登場人物が限られているし、特殊なケースなのかもしれないが、人生はとても複雑。鏡越しに自分の身体を見つめるメアリーが抱いた感情を後々気が付くことになり、なんとも言えない感情になる。

アフター・ラヴ,画像

差し出されたテープを返すシーンに涙し、思い出の崖の画が心に残る。メアリー目線で観ても、ジュヌヴィエーヴ目線で観ても、彼の目線で観ても、何度でも味わいたい傑作を目の当たりにした。人生は複雑で、だけど人間には乗り越える力がある、この映画がそのことを教えてくれた。

予告動画

キャスト

ジョアンナ・スカンラン
ナタリー・リシャール
タリッド・アリス

作品情報

監督:アリーム・カーン
アジアン・プレミア
公式HP:after-love
90分/カラー/英語、フランス語、アラビア語、ウルドゥー語/日本語・英語字幕/2020年/イギリス/長編1作目の監督作品
©British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, After Love Production 2020 © RÅN studio

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  2. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. 多くのミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与えあいながら数々の名曲を生んだウェストコースト・ロックの…
  5. “私に得も言われぬ嫉妬心を呼び起こした”――。ポン・ジュノ監督 激賞! 本屋大賞受賞の傑作ベスト…
  6. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  7. “映画”を愛するすべての人へ 巨匠チャン・イーモウが贈るラブレター 1秒でもいい、娘の姿をこの…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る