マイルドなインド映画『遺灰との旅』【感想】第33回東京国際映画祭

遺灰との旅,画像
※この映画はまだ評価がありません。

今年は叔父さん増員!
『遺灰との旅』感想

六本木で開催中の第33回東京国際映画祭からTOKYOプレミア2020選出インド映画『遺灰との旅』

昨年の第32回東京国際映画祭コンペティション部門で東京グランプリ/東京都知事賞を受賞した『わたしの叔父さん』に続き、叔父さん系。しかも、今年は叔父さんが複数登場、増えた。

映画ログスタッフのどこよりも早い感想レポートです!(日時・場所・チケットは映画祭公式HPでご確認下さい)

映画『遺灰との旅』感想

※この感想には一部ネタバレが含まれます。鑑賞前の方はご注意ください。

カルカニス一族の大黒柱の父が急死。息子オーム(役:アメーイ・ワーグ)、そしてオームの叔父さん叔母さんは父の遺言に従って、遺灰を撒く旅に出る。彼らの動機はずばり金。遺灰を撒いたのちに遺書の封を切ってよしと言い残されたから。

旅で運転手を務めるオームは定職にもつかず、兄弟の中で落ちこぼれ扱い。生前父親からは叱責され、道中も叔父さんから馬鹿にされ続ける。そんな、旅人たちもそれぞれ訳アリで、一筋縄には進まない。

遺灰との旅,画像

一方、留守番をしている母は銀行へ預金を引き出しに行くと旦那には衝撃の真実が…。ということで、『アフター・ラヴ』と同様に急死した夫には別の家族が居ました系、再び。このネタが流行なのだろうか…。

参加者は癖があり、それぞれに事情を抱えていて、死んだ親父も問題だらけ。インド映画名物のソング&ダンスはないものの、時折叔父が繰り出すイイ音楽と、インドの風景を楽しみながら、訳アリ一族の絶妙な間を感じてみてはいかが?イチオシは何かを目撃した叔母さんが車に戻ってきた時。

予告動画

キャスト

アメーイ・ワーグ
モーハン・アーガーシェー
ギーターンジャリー・クルカルニー

作品情報

監督:マンゲーシュ・ジョーシー
ワールド・プレミア
公式HP:ashesonaroadtrip.com
109分/カラー/マラーティー語/日本語・英語字幕/2020年/インド
©Nine Archers Picture Company, 2020

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  4. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  5. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  6. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  7. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る