最期まで泣かずに観れますか?映画『私は決して泣かない』【感想】第33回東京国際映画祭

私は決して泣かない,画像
※この映画はまだ評価がありません。

最期まで泣かずに観れますか?
映画『私は決して泣かない』感想

六本木で開催中の第33回東京国際映画祭からユース部門 TIFFティーンズに出品されている秀作映画『私は決して泣かない』

映画ログスタッフのどこよりも早い感想レポートです!(日時・場所・チケットは映画祭公式HPでご確認下さい)
上映スケジュールはこちら

映画『私は決して泣かない』感想

※この感想には一部ネタバレが含まれます。鑑賞前の方はご注意ください。

障がい者の兄と母とでポーランドに暮らす17歳のオラ。父はアイルランドに出稼ぎに出ており、一家の生活は貧しい。オラは、どうしようもない今・抜け出せない現実への不満を抱えているのだろう。タバコをふかしては、母から説教されて喧嘩する毎日だ。だが、オラがチラリと見せる兄への優しさを見ていると、オラの性根が悪いとは思えない。

そんなオラの18歳の誕生日プレゼントとして、顔も見たこともない父は車の購入を約束していた。オラは車をあてにして何度も運転免許試験に挑むのだが、試験にはすんでのところで落ちてしまう。そんな折、父の訃報が届く。落胆する母との話し合いの末、オラは父の遺体を引き取るために仕方なく一人アイルランドに出発する。

異国のアイルランドから母国へ遺体を搬送するには金はなく、父の特徴も知らないのに本人確認の検視をし、保険金のために事故死であることを証明しようとするなど、どこで心が折れるのかと思いきや、逆にオラの眼光は増々その鋭さを増していくのだ。

ラストのオラのふるまいには、父という存在との唯一のつながり、何も持てない中でのたった一つの希望、未来への扉、生きるとはどういうことなのか?等々、いろんな解釈が出来ると思う。

さて、この作品を観る方々は最後まで涙を流さずに観ることは出来るでしょうか?
さすが東京国際映画祭ですね、文字通りの秀作です。みんなに観て、色々と感じてもらいたい作品です!

予告動画

キャスト

ゾフィア・スタフィエイ
キンガ・プレイス
アルカディウシュ・ヤクビク

作品情報

監督:ピョートル・ドマレフスキ
100分/カラー/英語、ポーランド語/日本語・英語字幕/2020年/ポーランド/アイルランド/©Akson Studios
私は決して泣かない,画像

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 運命に翻弄されながら再会を願い続けた夫婦二人の11年にも及ぶ愛の実話。 二宮和也が主演を務め、シベ…
  2. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る