役所広司×西川美和監督最新作!映画『すばらしき世界』のポスター&予告編解禁!

すばらしき世界 画像

ポスタービジュアル&予告編が解禁。
人生のレールを踏み外した男が見た、新たな世界とは―。

すばらしき世界 画像
西川美和監督が、初めて実在の人物をモデルとした原案小説をもとに、その舞台を約 35 年後の現代に置き換え、徹底した取材を通じて脚本・映画化に挑んだ本作。生きづらい社会の中で、一度レールを外れても懸命にやり直そうとする実在の男と、彼を追う若きテレビマンのカメラを通して「社会」と「人間」の“今”をえぐる問題作。本年度第 56 回シカゴ国際映画祭にて【観客賞】【最優秀演技賞/役所広司】2 冠の快挙を達成し、来年 2 月の公開を前にすでに国内外から絶賛の嵐を巻き起こしています。

予告編の冒頭、雪が降り積もる重い鉄の扉から一人の男、三上正夫(役所広司)が出所してくる。人生の大半を刑務所に服役をした彼は「今度ばかりは堅気ぞ。」と意気込み新たな生活を始めようとするのだが、再就職の相談に訪れた社会福祉課や、免許の再発行を求めた教習所の教官らに厳しくはねつけられ、13 年ぶりの社会復帰は思うように運ばない。
『すばらしき世界』シカゴ国際映画祭観客賞、最優秀演技賞〈役所広司〉2冠達成
そんな悪戦苦闘する三上の存在を知ったテレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)が、テレビ番組のネタにしようと三上に近寄ってくる。ある日、ふたり組のチンピラに絡まれているサラリーマンを見かねた三上は、チンピラたちを暴力で叩きのめしてしまう。吉澤の指示でビデオカメラを回した津乃田は、初めて目の当たりにする三上の一面に言葉を失う・・・。

津乃田は「何で闘ってぶちのめすしか策が無いと思うんですか。そこが変わらない限り、あなたは社会じゃ生きていけない。」と三上に社会復帰への姿勢を諭すが、三上は「お前らみたいな卑怯な人間になるくらいなら、死んでけっこうたい‼」と激しい怒号を浴びせるのだった。人生のレールを踏み外した男が見た、新たな世界とは―。三上の見つめる先には何が広がって見えるのか。
私たちが生きる今の時代は“すばらしき世界”なのか―。
すばらしき世界 画像
犯罪者に関わらず、日常の小さなきっかけで意図せず社会から排除されてしまうことは、誰の身にも起こりうること。一度社会のレールから外れた人たちに未来はあるのか?社会のルールとは何なのか。私たちが生きる今の時代は〝すばらしき世界“なのか?現代社会の問題点を鋭くえぐり、観客それぞれの胸に突き刺さる本作。
一方で【この世界は 生きづらく、あたたかい】というキャッチコピーからは、今を懸命に生きる私たちにはつらいことだけではなく、温かさもあるという希望を想起させる。主人公の三上を通して、人間の愛おしさや痛々しさ、人と関わることの喜びも感じさせる一作となっている。

喜怒哀楽の振れ幅が大きく人間味あふれる主人公 三上を演じるのは、役所広司。おのれの腕っぷしを頼りに裏社会を生き抜いてきた荒くれ者が、一般社会の中では哀れなくらい無力な存在となり、ことあるごとに社会のシステムにはじき出されていく。そんな三上の“普通の人間”への険しい道のりを、人間臭い切なさとおかしみを漂わせ、時にただならぬ凄みをみなぎらせて体現した。

三上にすり寄るテレビマン、津乃田に扮するのは仲野太賀。今最も勢いのある俳優である若手実力派が、人間のとてつもない複雑さに触れて人生観さえ一変してしまう津乃田の葛藤を迫真の演技で表現した。取材対象としての三上の面白さに目をつけ、言葉巧みに津乃田をそそのかすやり手の TV プロデューサーを、長澤まさみがクールに演じているのも見逃せない。

また、社会復帰を目指す三上が出会うスーパーマーケットの店長に六角精児、身元引受人の弁護士夫婦に橋爪功と梶芽衣子、ケースワーカーに北村有起哉ら実力派キャストが配され、絶妙なアンサンブルを披露。人生をやり直そうともがき苦しむ三上を応援する彼らの善意が、不寛容な社会と個人の衝突のみならず、人と人との関わりの尊さを描こうとした西川監督の試みに真実味を与えている。

私たちが生きる今の時代は“すばらしき世界”なのかを突きつけられ観客すべての心を震わす 2021 年必見の1本。

映画『すばらしき世界』本予告

あらすじ

下町の片隅で暮らす短気ですぐカッとなる三上(役所広司)は、強面の見た目に反して、優しくて真っ直ぐすぎて困っている人を放っておけない男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で暮らした元殺人犯だった。
一度社会のレールを外れるも何とか再生しようと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)がすり寄りネタにしようと目論むが…。三上の過去と今を追ううちに、逆に思いもよらないものを目撃していく――。

キャスト

役所広司
仲野太賀
六角精児
北村有起哉
白竜
キムラ緑子
長澤まさみ
安田成美
梶芽衣子
橋爪功

脚本・監督

西川美和

原案

佐木隆三著「身分帳」(講談社文庫刊)

配給:ワーナー・ブラザース映画
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
subarashikisekai-movie.jp

2021 年2月 11 日(木・祝)全国公開

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…
  2. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  3. ラーヤと龍の王国,画像
    エルサとアナに次ぐ、ディズニーのニューヒロインが誕生! “ひとりぼっち”じゃ、世界は変わらない― …
  4. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  5. ステージ・マザー,画像
    ごく普通の主婦ジャッキー・ウィーヴァーが “がけっぷち” ドラァグクイーンとゲイバーを再建!? …
  6. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  7. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る