競技ダンスに“全集中” 映画『レディ・トゥ・レディ』舞台挨拶レポート

映画 『レデイ・トウ・レディ』舞台挨拶レポート
メディフィット定期の商品概要はこちら

大塚千弘&内田慈、藤澤浩和監督
ヒューマントラストシネマ渋谷舞台挨拶に登壇!

映画コメンテーターのLiLiCoや俳優の鶴見辰吾も賞賛の声を寄せる、映画『レディ・トゥ・レディ』12月11日(金)から絶賛公開中!12月13日(日)には公開記念舞台挨拶がヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、W主演を務めた大塚千弘内田慈、商業映画監督デビューとなる藤澤浩和監督が登壇した。

生活に疲れたさえない主婦・真子(大塚)と同級生の売れない女優・一華(内田)が、前代未聞の女性同士ペアで競技ダンスに挑む。しかし二人の前には「男女ペアでなければ認められない」というルールが立ちはだかる。

内田と女性同士のペアを組んで競技ダンスに挑んだ大塚は「こんなにも体力と筋肉が必要なのかと驚いた。約2ヶ月の練習では朝から2時間くらい“全集中”で踊っていたので、ダンスの稽古だけで4キロ以上体重が落ちた。ダンス後はお腹がペコペコでした」と競技ダンスの知られざるハードさに苦戦。
『レディ・トゥ・レディ』画像
内田も「大会シーンはプロのダンサーの方々が大勢いる中で、色々なダンスが同時進行する。何テイクも撮影できないので、ダンスシーンは“全集中”で臨みました。まさに“阿吽の呼吸、ダンスの形”」と大ヒットアニメ『鬼滅の刃』に引っ掛けて舞台裏を明かした。『レディ・トゥ・レディ』画像

そのダンス大会のシーンについて大塚は「大勢のダンサーの方が参加してくれて、私たちも煌びやかに着飾らせてもらいました。撮影ではダンス練習期間の想いが溢れてきて、一回目のワルツで感情が溢れ出て涙が…。二人で目を合わせながら“泣ける~!”となって、藤澤監督から『泣くのは早いです!』とNGになりました」と照れ笑い。内田とは偶然にも誕生日が一緒で、大塚は「一ヶ月以上頑張った二人の気持ちを通い合わせながら踊ることができました」と絆を口にした。

専業主婦を演じた大塚は「自分の専業主婦の母を見て、そこから盗めるものは盗みました。例えばサンバイザーを付けたり、ウォーマーを付けたり。そういったものを衣装合わせの際に御提案しました」とこだわり回想。

一方の内田は「かつて店頭販売のバイトをしていたので、アルバイトシーンは当時を思い出しました。またオーディションのシーンでは客観的に見て下手に思われるように、緊張してちょっと声が上ずっているような演技を意識」と明かすと、大塚は「オーディションのシーンは見ていて爆笑しました」と内田の狙い通りのリアクションを取ってた。

これが商業映画監督デビューの藤澤監督は、競技ダンスを題材にしたことを「テーマは役割からの解放。その中で競技ダンスのリード&フォローの概念を知りました。そしてお互いがお互いを支えるのがダンスだと理解。女性同士でお互いを支えるという設定に辿りつきました」と説明した。『レディ・トゥ・レディ』画像

最後に内田は「映画の認知はまだまだこれからですが、沢山の方々に観てほしいです。価値観が大きく変わる世の中で、なかなか今までのようにはいかず、どうやったら希望を持てるのかわからない時代かもしれません。真子と一華は前例のないことに突破して、やりたいからやる!と言い切ります。そこに希望がある。夢を語るのはタダ!この映画がみなさんのエネルギーになれば」と力強くアピール。

大塚も「コロナ禍という暗いニュースが多い中で、今こそ『レディ・トゥ・レディ』は公開するべきだと思いました。元気をもらったり、明るくなれたり、観てくれた方がちょっとでも挑戦をしようと思ってくれたら幸せです。明るくスッキリしたスポコン映画。このエンタメで気分転換してもらえたら嬉しい」と大ヒットを祈願した。『レディ・トゥ・レディ』画像

予告編映像

あらすじ

生活に追われる主婦・鈴木真子(大塚千弘)と、売れない独身女優・城島一華(内田慈)。

かつて高校時代に競技ダンスで脚光を浴びた二人だが、今は互いに人生の崖っぷち。そんな二人が同窓会で再会するもクラスメートの手前で切った大見栄がきっかけで競技ダンスカップルを組む事に。初めて家庭のためではない自分のために時間を生きる事になった真子と、傷だらけの女優生命を懸けた一華の壮絶な練習の日々が始まった。

かつてのコーチ・木村(木下ほうか)に師事しつつも簡単には取り戻せない肉体のキレ。 しかしパートナーとの衝突、肉体との対話は確実に二人の人生を変えていく。そして迎える競技ダンス大会。女性カップルの話題と共に二人の演技は大会を席巻する。しかし、女性ペアの是非を問う議論がおこり、大問題に!一方、真子には家庭の、一華には仕事の危機が迫る。果たして二人のダンスは、性差、常識を破り、世界を変える事ができるのかー!?

キャスト

大塚千弘
内田慈
新納慎也
清水葉月
朝見心
本間叶愛
オカモトジョージ
福田温子
山中敦史
生田智子
木下ほうか

スタッフ

監督・脚本:藤澤浩和
ダンス監修:堀口史朗 桜田まゆ

配給 ・宣伝 トラヴィス
Ⓒ 2020 イングス

絶賛公開中

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  2. ミセス・ノイズィ
    ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が マスコミやネット社会を巻き込んで大事件に… 今、あ…
  3. この世界に残されて,画像
    2020年米アカデミー賞® 国際長編映画賞ショートリスト選出! ハンガリー映画批評家賞3部門受賞…
  4. 映画,レディ・トゥ・レディ,画像
    社交ダンスでエール届ける! 笑いと興奮のダンス・エンターテインメント もう一度踊る!何度でも踊る…
  5. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  6. 画像,天外者(てんがらもん)
    時代を超え、志は未来に生き続ける― 日本の未来を切り開いた“五代友厚”の物語を映画化! 三浦春馬…
  7. 画像,声優夫婦の甘くない生活
    スター洋画声優だった夫婦の第2の人生は、アブない冒険、イケない出会いの連続!? いつも側にいるあの…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る