原発推進論者の科学者が ”世界一安全な場所”を探す旅『地球で最も安全な場所を探して』公開決定

原発推進論者の科学者が ”世界一安全な場所”を探す旅『地球で最も安全な場所を探して』公開決定

”核のごみ”をどこに捨てる?
必見ドキュメンタリー映画2021.2.20劇場公開

新作ドキュメンタリー映画『地球で最も安全な場所を探して』劇場公開決定およびビジュアル解禁となりました。

この 60 年間で、高レベル放射性廃棄物 35 万トン以上が世界で蓄積された。それらの廃棄物は数万年にわたって、人間や環境に害を与えない安全な場所に保管する必要があるが、そうした施設が世界中で十分に整備されないまま “核のごみ” は増え続けている。『地球で最も安全な場所を探して』画像そんな中、英国出身でスイス在住の核物理学者で、国際的に廃棄物貯蔵問題専門家としても高名なチャールズ・マッコンビーが、世界各地の同胞たちとこの問題の解決に取り組む姿をエドガー・ハーゲン監督が撮影。アメリカ・ユッカマウンテン、英国・セラフィールド、中国・ゴビ砂漠、青森県六ヶ所村、スウェーデン、スイスなど各国の最終処分場や候補地を巡る旅に出る。

果たして彼らは世界に 10 万年後も安全な“楽園”を見つけることはできるのか─『地球で最も安全な場所を探して』画像

日本でも最終処分場候補地に北海道の2村が立候補

54 基の原発を抱える日本では 2020 年、北海道の寿都町と神恵内村が最終処分場の候補地として手を挙げ、11 月から文献調査が開始された。2007 年に高知県東洋町が立候補し文献調査に関する認可が出されていたが、調査が行われないまま反対の動きなどを受け白紙撤回されたため、実質的に今回が全国で初めてとなる。『地球で最も安全な場所を探して』画像科学者・専門家たちの理想とする提案に突きつけられる現実、現地住民の反対。これまで候補となった土地で起きた様々な状況を彼らと世界を巡りながら目にする。原発推進・反対派であれ避けては通れないこの問題を、未来への負の遺産としないために正面から向き合う本作は、いままさに必見の作品である。

日本の“核のごみ”事情

2020 年 3 月時点で全国の原発や六ヶ所村再処理工場で貯蔵されている使用済み核燃料は 1 万 9 千トンに上り、全保管容量の 8 割近くに達している。またそれを再処理したあとに残る高レベル放射性廃棄物はガラス固化体で 2000 本分以上保管されている。『地球で最も安全な場所を探して』画像そもそも日本では原発からの使用済み燃料からプルトニウムやウランを取り出して再処理し、MOX 燃料に加工してもう一度発電に利用、さらに燃料のプルトニウムを高速増殖炉(もんじゅ)で増やすという「核燃料サイクル」を目指していたが、六ヶ所村の再処理工場は 1993 年の着工からいまだ未竣工で、福井県敦賀市のもんじゅも 1985 年から 1 兆円を超す税金が投じられながら 2016 年 12 月に廃炉が決まり”夢のサイクル”は破綻状態で、使用済燃料自体の処理が問題になっている。『地球で最も安全な場所を探して』画像

『地球で最も安全な場所を探して』予告編映像(海外サイト)

キャスト

チャールズ・マッコンビー『地球で最も安全な場所を探して』画像
プロフィール
1945 年スコットランド生まれ。
1978 年から 99 年にかけてスイスの放射性廃棄物管理共同組合(NAGRA)で高レベル放射性廃棄物処分計画を開発。90 年代半ばには、8 年間米国科学アカデミーで放射性廃棄物処分委員会に在籍。その後の 10 年間は、スイス・バーデンの Arius(地域および国際地層処分協会)代表として、世界各地で多国籍の処分計画を立ち上げ、日本の NUMO(原子力発電環境整備機構)の最終処分計画など、各国の処分計画に助言している。スイス在住。

監督

エドガー・ハーゲン
プロフィール
1958年スイス・バーゼル生まれ。バーゼル大学とベルリン自由大学で哲学、ドイツ語、ドイツ文学を学ぶ。
1987年に文学修士号取得。数年間、記者およびドラマトゥルク(アートマネージャー) として働いたあと、
1989年よりフリーのフィルムメーカーとしての活動を始める。
2000 年には映画とドキュメンタリーのストーリーテリングについての講義を始める。
2010 年よりスイス・フィルムメーカー協会(ARF/FDS)の理事を務め、
2013 年にはFOCAL(映画・視聴覚メディアのプロ向けの教育財団)のドキュメンタリー映画監督部門の代表に就任。スイス・バーゼル在住。

『地球で最も安全な場所を探して』作品情報

制作:ミラ・フィルム
後援:在日スイス大使館
日本語字幕:平井かおり
配給:きろくびと
英題:Journey to the safest place on earth
2013 年/スイス/英語・ドイツ語・中国語・日本語/カラー/100 分
公式 HP: kiroku-bito.com/safestplace

2021.2.20(土)より シアター・イメージフォーラムにてロードショー
ほか全国順次公開

『地球で最も安全な場所を探して』画像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  2. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  6. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  7. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る