『ワンダーストラック』実写洋画では異例の試み! バリアフリー字幕つき上映決定!!文部科学省選定作品

アカデミー賞主要6部門ノミネートに輝いた『キャロル』のトッド・ヘインズ監督最新作、『ワンダーストラック』が4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国公開。

『エデンより彼方に』『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が、『ヒューゴの不思議な発明』原作者のベストセラーを映画化。これまでも人種差別や、同性愛など社会的マイノリティのテーマにしたドラマを描いてきたヘインズ監督。本作では、1977 年のミネソタに住む、母親を亡くした少年ベンと、1927 年のニュージャージーに住む、聴覚障害の少女ローズという2 人の子供たちを主人公に、見失ってしまった大切なものを探しに旅に出るという2つの物語が交互に語られていく。

ベンを演じるのは、『ピートと秘密の友達』のオークス・フェグリー。ローズ役には、自身も聴覚障害を持ち、今回映画初出演となるミリセント・シモンズが大抜擢された。この二人をつなぐ重要な人物を演じるのは、ヘインズ監督と4 度目のタッグとなるオスカー女優のジュリアン・ムーア。ベンの母親役には、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞助演女優賞ノミネートのミシェル・ウィリアムズが扮している。

聴覚障害のある少年少女が出会う“ワンダーストラック=驚きと幸せの一撃”を描く本作を実際に同じ障害を持つ人々にも届けられるよう、実写洋画では異例のバリアフリー字幕つき上映を実施。「バリアフリー字幕」とは、高齢者や聴覚に障害のある人のために、セリフや音など耳から得る情報を字幕にして補足するもの。この度、実際に聴覚障害を持つ観客にも、この映画を通して主人公たちの“ワンダーストラック”な旅を楽しんでもらえるよう、バリアフリー字幕つき上映を全国の劇場で実施することが決まり、全国24 館にて上映される予定です。

『ワンダーストラック』実写洋画では異例の試み! バリアフリー字幕つき上映決定!!文部科学省選定作品『ワンダーストラック』実写洋画では異例の試み! バリアフリー字幕つき上映決定!!文部科学省選定作品

主人公ローズ役を演じた聴覚障害のある女優ミリセント・シモンズは、「私は聾でよかったと思っています。手話は美しくて素晴らしい言語です」と語り、力強いメッセージを残している。ハリウッドでは障害を持った俳優が大衆映画に出演するという例があまり無く、障害者の役も健常者が演じることがほとんど。そんな中ヘインズ監督はミリセントだけでなく、サイレントで描く1927 年のパートに登場するキャストの多くにろう者の俳優を起用。障害をものとものしない役者たちの演技も見所の一つとなっている。


第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門選出作品
『キャロル』トッド・ヘインズ監督×『ヒューゴと不思議な発明』ブライアン・セルズニック原作・脚本

【イントロダクション】
『エデンより彼方に』『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が、マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』原作者ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化。第44回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出され、第55回ニューヨーク映画祭の目玉となるセンターピース作品として上映されるなど、世界中の映画ファンの熱い注目を集めている本作。「まさに、完璧」(Indie Wire)、「独創的な傑作」(Hollywod Reporter)、「優しくて愛にあふれた感動作」(Playlist)など、海外メディアでは大絶賛の嵐で、今後の映画賞レースの大本命との呼び声も高い、アカデミー賞最有力候補のひとつとなっている。

これまでも人種差別や、同性愛など社会的マイノリティのテーマにしたドラマを描いてきたヘインズ監督。本作では、疎外された2人の子供たちを主人公に、見失ってしまった大切なものを探しに旅に出るという2つの物語が交互に語られていく。1977年のミネソタに住む、母親を亡くした少年ベンと、1927年のニュージャージーに住む、聴覚障害の少女ローズとの、時代を越えた交流を描くストーリーだ。本作で脚本家デビューを果たした原作者のセルズニックは、ローズのパートは「白黒でサイレント」、ベンのパートは「カラーで音あり」で描くなど、独創的にその世界観の違いを表現。ヘインズ監督は、脚本の最初の1ページを読むや、瞬く間にその類まれな映画的アイデアに満ちた内容に惹かれたことを明かし、セルズニックの脚本家としての手腕を絶賛している。

映画『ワンダーストラック』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

少年ベンを演じるのは、『ピートと秘密の友達』の天才子役オークス・フェグリー。少女ローズ役には、自身も聴覚障害を持ち、今回映画初出演となる13歳のミリセント・シモンズが大抜擢された。この二人をつなぐ重要な役どころとなる人物を演じるのは、映画『SAFE』、『エデンより彼方に』、『アイム・ノット・ゼア』に続き、ヘインズ監督と4度目のタッグとなるオスカー女優のジュリアン・ムーア。少年ベンの母親役には、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞助演女優賞ノミネートのミシェル・ウィリアムズが扮している。

【ストーリー】
1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと向かう。異なる時代に生きた2人の物語はやがて謎めいた因縁で結びつけられ、ひとつになっていく――

■ 予告編

■ 原題・英題
Wonderstruck

■ クレジット
監督:トッド・ヘインズ 
脚本・原作:ブライアン・セルズニック
製作:クリスティン・バション、パメラ・コフラー、ジョン・スロス
エグゼクティブ・プロデューサー:ブライアン・ベル、サンディ・パウエル
撮影:エドワード・ラックマン
編集:アフォンソ・ゴンサウヴェス
美術:マーク・フリードバーグ
音楽:カーター・バーウェル
衣装:サンディ・パウエル
2017/アメリカ/英語/カラー/5.1ch/スコープ/117分/字幕翻訳:松浦美奈 
配給:KADOKAWA

■ 出演
オークス・フェグリー
ジュリアン・ムーア
ミシェル・ウィリアムズ
ミリセント・シモンズ

■ コピーライト(スチール写真のクレジット)
PHOTO : Mary Cybulski

■ コピーライト(ポスター・予告等宣材物のクレジット)
(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

■ 公開情報
2018年4月、角川シネマ有楽町他全国ロードショー

■ 公式サイト
http://wonderstruck-movie.jp





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  2. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…
  3. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  4. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  5. ■ 作品紹介 新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた物語。夜にな…
  6. ■作品紹介 裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持…
  7. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る