「美しくも険しい映画だ」「涙が溢れるのを止められなかった」映画『羊飼いと風船』絶賛コメント

「美しくも険しい映画だ」「涙が溢れるのを止められなかった」映画『羊飼いと風船』絶賛コメント
メディフィット定期の商品概要はこちら

映画監督、作家、専門家が絶賛!
我々に通ずる普遍的な“選択の葛藤”に、共感、涙!

アッバス・キアロスタミやウォン・カーウァイも、その才能に惚れ込み高く評価し、作家としても高い実績をもつ、チベット映画の先駆者 ペマ・ツェテン監督の待望の劇場初公開作となる『羊飼いと風船』2021年1月22日(金)にシネスイッチ銀座ほか全国順次公開となります。日本公開に先駆けて鑑賞した各界からの著名人より絶賛コメントが到着。遠い土地に住む家族が直面する“選択”に、日本に住む我々にも共感や葛藤を生み、ラストに涙する人も…!

日本の映画界を担うクリエイターたちも絶賛!

山田洋次(映画監督)
優しくて厳しくて神秘的で、そしてそこはかとなくユーモラスな家族の姿を、
遙か遠い国のチベットの監督が鮮やかに描いた。

西川美和(映画監督)
大地や羊とともに生き、変わらない暮らしをする人たちは、
永久に変わらないままでいて欲しい——
こちら側が勝手に抱くロマンは、ゆるやかに冷水に沈められていく。
「変わらないでどう生きろというのか」という反発と
「変わった果てにいいことなんてあるのか」という懐疑がせめぎ合い、
映画を観終わってしばらくたっても、答えが出ない。
青く広い空の沈黙が、苦しい。
実に、映画を観終わった後らしい苦しさ。

向井康介(脚本家)
その手触りは清水宏作品の風景と似ている。
写実的な朴訥さは一見優しさを孕んでいるが、
信仰と文化に挟まれて立ち往生するチベット人の懊悩が根底にはずっと流れている。
美しくも険しい映画だ。

市山尚三(東京フィルメックス ディレクター)
チベットに豊饒な映画文化を築き上げたペマ・ツェテンの作品が遂に劇場公開される。
一つの家族を媒介にチベットの伝統文化と近代化の相克を見事に描いた
「羊飼いと風船」は、今最も見られるべき傑作だ。

作家の一面を持つペマ監督の表現力に、作家が涙!

渡辺一枝(作家)
懐かしい草原の風景。
奇妙な風船で遊ぶ少年の姿をニンマリと見ていたら、スクリーンには”チベットの今”が深く抉り出されていた。
少年の手から離れた赤い風船が、たゆたいながら青い空に吸い込まれていくのをじっと見つめる彼らと共に、私もその先へ想いを馳せる。

松田青子(作家)
伝統と信仰、新しい制度と習慣が混じり合う日々のなかで、女性の体が負担を強いられることも
また”日常”になっていることについて、考えずにはいられない。

樋口毅宏(作家)
「チベット映画って観たことない」という不安は、始まってものの数分で氷解した。
いつの時代もどこの国にもいる家族と、犠牲を強いられる性の物語だった。
人間と羊に違いはあるのか。
少なくとも、女と羊にはない。
ここ数年観た映画の中で、もっとも美しいラストシーン。『ROMA/ローマ』級の感動。
涙が溢れるのを止められなかった。

小池昌代(詩人・作家)
空へ吸い込まれていく赤い風船を見たとき、
心が共に、天に釣り上げられ、気づくとわたしは泣いていました。

瀧井朝世(ライター)
ユーモアも厳しさも、大らかさも切なさも詰まった生活賛歌。
小説家として監督として、優しく鋭い眼差しを持った
ペマ・ツェテンの描写力に感服。

遠い神秘の地に造詣が思いを深い文化人が馳せる、伝統と現実――

ヨシダナギ(フォトグラファー)
伝統と近代化、宗教と政策の交差。
そして、生と死が備えた、ある種のもどかしさ。
人はいつだって、なにかの狭間に生きている。

たかのてるこ(旅人・エッセイスト)
生きるとは、変わっていくこと。
変わっていく女(妻)と、変われない男(夫)。
この家族の未来を、心から応援したくなる!

新井敏記(SWITCH/Coyote編集長)
異国の村のくらし
悲しくて優しい、異国のある村の羊飼いの一家に流れる時間を見つめていたい。
赤い風船がつなぐこんな静かな愛のかたちがあることを、ぼくは忘れていた。

林紗代香(TRANSIT編集長)
「世界は変わったのに君たちは変わらないな」という台詞が心に残った。
長年積み上げてきた伝統的な暮らしや文化や価値観は、
時の流れに逆らうことは難しい。変わった人、変わろうとする人、変われない人。
儚く脆い人びとの心は、風船のように宙を舞い、どこへ流れてゆくのだろうか。

赤坂憲雄(民俗学者)
生と死と、性のあわいに、風船が揺れる。だれもがもてあそばれる。
やがて壊れて、空の高みへ。羊と人と、性食の詩学のかなたへ。

池谷和信(国立民族学博物館・教授)
日本とチベットでは、生き物と人、人と人とのかかわり方が大きく違う。
しかし、変わりゆく社会のなかでそれらを繋げ、
維持していく難しさや大切さは、文化を越えて我々に伝わってくる。

『羊飼いと風船』予告編映像

キャスト

ソナム・ワンモ
ジンバ
ヤンシクツォ

監督・脚本

ペマ・ツェテン

『羊飼いと風船』作品情報

配給:ビターズ・エンド 英題:BALLOON 原題:気球
2019年/中国/102分/チベット語/ビスタ
©︎2019 Factory Gate Films. All Rights Reserved.

2021年1月22日(金)より
シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ミセス・ノイズィ
    ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が マスコミやネット社会を巻き込んで大事件に… 今、あ…
  2. 映画,レディ・トゥ・レディ,画像
    社交ダンスでエール届ける! 笑いと興奮のダンス・エンターテインメント もう一度踊る!何度でも踊る…
  3. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  4. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  5. 今最も旬な俳優・藤原季節主演✖業界大注目の新鋭・内山拓也監督による20年代の青春映画 誰の心の中に…
  6. 画像,声優夫婦の甘くない生活
    スター洋画声優だった夫婦の第2の人生は、アブない冒険、イケない出会いの連続!? いつも側にいるあの…
  7. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る