内藤監督編集、映画『ミスミソウ』特別映像解禁!蘇る残虐な”赤”

山田杏奈初主演 映画『ミスミソウ』解説つき名場面集
Pocket
LINEで送る

残虐すぎる描写でありながら、誰もが一度経験したことのある、孤独、閉塞感などリアルな感情と切なさで大ヒット中の映画『ミスミソウ』。この度、予告編では公開されなかった残虐シーンも含めた特別映像が公開された!観た観客はあの衝撃が蘇り、まだ観ていない観客に恐怖を植え付ける。まさに内藤瑛亮監督の世界が凝縮された衝撃映像!

Spotify新CMに出演し、まさに旬の若手俳優・清水尋也くん

壮絶ないじめを受ける野咲春花の心の支え相場くんに、赤い血・・・

クラスの女王、小黒妙子にも赤い血・・・

殴る、刺す!真っ白の雪に染まる残虐な赤・・

CMでも話題の「山田杏奈」主演映画『ミスミソウ』続々全国上映開始

内藤監督みずから編集した、WEB限定・ヤバすぎる特別映像はこちら!!


【ストーリー】
東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。
そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。
やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。
■ 監督
内藤瑛亮
■ キャスト
山田杏奈
清水尋也
大谷凜香
大塚れな
中田青渚
紺野彩夏
■ 原作
押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』(双葉社刊)
■ コピーライト
©2017「ミスミソウ」製作委員会
■ 公式ホームページ
http://misumisou-movie.com/
■ 公開表記
2018.4.7 [土] より 新宿バルト9ほか全国ロードショー!


【原作】


ミスミソウ完全版 作者名:押切蓮介
BookLive!


電子書籍ストアBookLive!で試し読み

 


■ 映画『ミスミソウ』から山田杏奈・清水尋也・大谷凜香、原作者押切蓮介さんのコメントをご紹介!!
http://tokushu.eiga-log.com/new/4811.html

■ 山田杏奈 主演映画『ミスミソウ』完成披露イベントレポート
http://tokushu.eiga-log.com/new/5616.html



関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  2. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  3. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  4. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  5. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  6. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  7. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る