【ネット炎上】究極な鬼母しつけ映像解禁!『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』
Pocket
LINEで送る

歪んだ「しつけ」がもたらした成功と影…。

アカデミーが選んだ究極の鬼母アリソン・ジャネイ、
【ネット炎上】究極な鬼母しつけ映像解禁!

【ネット炎上】究極な鬼母しつけ映像解禁!『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』

フィギュアスケート史上最大のスキャンダル<ナンシー・ケリガン襲撃事件>—。この事件の渦中だった実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの波乱万丈な半生を描いた話題作『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』が、5月4日(金・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー

【ネット炎上】究極な鬼母しつけ映像


トーニャ・ハーディングによるフィギュアスケート界を揺るがした史上最大のスキャンダルーーー。オリンピック出場権を巡る、ライバル衝撃事件の真相を描く!

【作品紹介】
貧しい家庭で、幼いころから暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫だったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート人生は一変。

映画『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

転落が始まる。一度は栄光を掴み、アメリカ中から大きな期待を寄せられたトーニャ・ハーディングだったが、その後、彼女を待ち受けていたのは・・・・・・。フィギュアスケート史上最大といわれる衝撃的な事件の意外な真相と、彼女の波乱万丈な半生の物語。

【予告動画】

■ 出演
マーゴット・ロビー
セバスチャン・スタン
アリソン・ジャネイ
マッケナ・グレイス

■ 監督
クレイグ・ギレスピー

■ 脚本
スティーブン・ロジャース
クレイグ・ギレスピー

■ 編集
タチアナ・S・リーゲル

2017年/アメリカ/英語/120分/カラー/レイティング:PG12/原題:I,TONYA/

■ 配給
ショウゲート

■ 公式ホームページ
tonya-movie.jp

■ コピーライト
© 2017 AI Film Entertainment LLC

■ 公開表記
5月4日(金・祝)より TOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  3. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  4. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  5. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  6. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  7. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る