カテゴリ: ニュース

大阪新世界が舞台の映画『ねばぎば』快挙!WICA最優秀主演男優賞W受賞

上西雄大「コロナ禍の状況の中、人々の心にあるのはまさにnever give up、ねばぎば!」

現在ロングランヒット中の映画「ひとくず」上西雄大監督の最新作「ねばぎば 新世界」(英題:「OSAKA BROS」)で、主演の赤井英和上西雄大が、WICA(ワールド・インデペンデント・シネマ・アワード)で外国映画部門最優秀主演男優賞(Best Lead Actor in a Foreign Language Film)を受賞。上西雄大から喜びのコメントが届いた。

本作は大阪新世界を舞台に、かつての大映映画作品、勝新太郎・田宮二郎の「悪名」シリーズを彷彿とさせる痛快アクションドラマ。新世界・西成に棲む人間味溢れる個性と、今も残る浪速の人情を織り交ぜ、社会の明と暗、善と悪、表と裏の世界観の中、若かりし頃ヤクザの組を潰して回った悪名高い二人がストレートに【悪】に立ち向かい、弱者を痛快に救う。
赤井英和・上西雄大がダブル主演、西岡德馬、有森也実、坂田聡の他、田中要次、小沢仁志、菅田俊、神戸浩など豪華出演陣が作品を彩っている。脚本・監督は主演を務めた上西雄大。2021年中の公開を目指している。

上西雄大 コメント

憧れの俳優、赤井英和さんと共に最優秀主演男優賞を頂くと言う名誉は言葉に出来ない程の喜びであります。
本作(ねばぎば新世界)の冒頭はサンドバッグを激しく打つ赤井さんの姿から始まります。目指したのは昭和の痛快アクション映画。
かつて、子供の頃観たスクリーンで、暴れる昭和の男達の様に本作は、赤井さんと僕が暴れまくる、まさに、時代を逆行した様な作品です。それが、外国の方にも受け取って頂き、この様な名誉ある賞を頂けた事についてまずは素晴らしく魅力的な主人公を演じ、痛快に暴れまくって頂いた赤井親分に心から感謝を申し上げたいと思います。

コロナ禍の状況の中、人々の心にあるのはまさにnever give up、ねばぎば!であるはずです。
本作を劇場公開に向け、押し出す想いもまさにねばぎば!
本作を僕に撮らせて頂ける機会を与えて下さった全ての方に心から御礼申し上げます。特に、大阪を象徴するソウルフード串カツのだるまの会長であり、本作で、見事に赤井親分の後輩役を演じられた上山勝也会長へ赤井英和さんに等しく心から感謝申し上げます。

大阪新世界から混沌とする世界に声を上げる映画、『ねばぎば新世界』ねばぎばやー!

あらすじ

大阪新世界。かつてヤクザの組を潰して廻っていた村上勝太郎(通称・勝吉)は、自身のボクシングジムを営んでいたが、練習生がジムで覚醒剤取り引きをし逮捕されたことでジムを畳む。その後、幼馴染みの経営する串カツ店で働き出す。
ある日、勝吉が串カツ屋で働く折、新世界を逃げる少年・徳永武に出会い、声を掛けるが逃げてしまう。
またある日、勝吉は刑務所の慰問に誘われ、訪れた刑務所で、かつて、共にヤクザを潰して廻った弟分・神木雄司(通称・コオロギ)と再会する。コオロギは釈放され、勝吉と共に串カツ店で働きだす。
慰問から戻ると、武が悪徳宗教団体に捕まっていた。
勝吉とコオロギは再びコンビで、悪徳宗教団体へ乗り込む。しかしそこには、かつて勝吉をボクシングへ導いた元チャンプの娘の琴音が、女幹部チャマリとして立ちはだかるのであった。
個性的な人間たちの協力を得て、勝吉とコオロギの2人が軽快に悪と立ち向かう。

キャスト

赤井英和 上西雄大
西岡德馬
有森也実
徳武未夏
古川藍
堀田眞三
坂田聡
國本鍾建
リー村山
田中要次
小沢仁志
菅田
神戸浩
金子昇 

監督・脚本

上西雄大

プロデューサー

上山勝也
柴山勝也
草刈健太郎

作品情報

制作:テンアンツ 
配給:渋谷プロダクション

Share