ミニシアターの未来を語る「ミニシアタークラブ」トークイベント実施

「ミニシアタークラブ」ローンチ・トークイベント
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YouTuberやTikToker参戦!ミニシアターを語る

ミニシアター文化の再発見、盛り上げのためにスタートした映画オンライン・コミュニティ「ミニシアタークラブ」のスタートを記念して、1月30日(土)渋谷のユーロスペースにてローンチ・トークイベント「ミニシアターの未来をかけて」が文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」として開催されました。

イベント開催概要

■1月30日(土) 12:00〜14:10
■渋谷 ユーロスペース (東京都渋谷区円山町1−5)
■登壇者:
北條誠人(ユーロスペース支配人)
恩田泰子(読売新聞)
小峰健二(朝日新聞)
川村夕祈子(キネマ旬報)
井上知大(毎日新聞):リモート参加
入江悠監督
國宗陽子(配給会社トランスフォーマー宣伝プロデューサー)
映画好きYouTuber もっちゃん
映画感想TikToker しんのすけ
司会:森直人(映画評論家)

ユーロスペース北條支配人「未来に向かって」

第一部では、ユーロスペース北條支配人が登壇し「ミニシアタークラブ」設立の経緯について、「昨年のSAVEtheCINEMAやミニシアター・エイド基金等の応援が大いに励みになった。その声に何かお礼ができないかと思った時に、オンライン・コミュニティの企画の話があり、せっかくのこういう時代なので新しい挑戦をしながら今までできなかったミニシアターの歴史を紐解いたり、配給会社の方からより深い話を聞いたりして、未来に向かって取り組んでいければと思ってます。」と語った。

第二部では、新聞記者、映画雑誌編集者らが登壇。「ミニシアター存続の議論は、2000年からずっと議論されてきたことだが、このコロナ禍で本気で取り組まざるを得なくなった状況になった。問題の先送りも限界に来ている。非常事態宣言の営業時間自粛等で苦しい状況は続いてはいるが<特集上映>などは満席になったりすることもある。シネコンとは違う取り組み方に改めて気づきがあった。」と語り、「場」としての「ミニシアター」の存在意義については、映画監督、映像作家を育てる「揺りかご」のようなものであったり、作品を選出するキュレーションとしての機能として重要な位置づけであるなど様々な意見が取り交わされた。
「ミニシアタークラブ」ローンチ・トークイベント
さらに第三部では、入江悠監督が「SR サイタマラッパーで、ミニシアターが満員になりお客さんや劇場の方の反応をダイレクトに感じられたのが原体験」と語り、配給宣伝の國宗氏は「ミニシアター作品を宣伝で意識していることは、誰が観たいのか?を意識しながら宣伝を丁寧に組み立てていくこと」と語った。
また、いかに若い世代に映画、ミニシアター作品を届けるか?という議題について、多くの若者の支持を受けるインフルエンサーの映画感想YouTuberのもっちゃん氏、映画感想TikTokerのしんのすけ氏が登壇し二人のソーシャルを活用したコミュニケーション方法に議論が白熱した。今や、誰でも情報を発信できる時代になり情報が溢れすぎている。若い世代に対して、きちんと映画情報を伝える発信者がもっと増えてくれたらいいのと、やはりミニシアター自体が映画のキュレーション機能を持っているので、若い人が映画館という場所に行きたくなるような場所になって欲しいという意見がでた。

ミニシアタークラブとは?

https://basic.motion-gallery.net/community/minitheater/
「映画がみなさんに届くまでをちょっとのぞいてみませんか?」
映画は見る人に届いて初めて完成します。そこまでに様々な人達が関わります。その仕事にまつわる成功や失敗の(愛と苦悩の!?)裏側を共有することで映画本編以外の過程をお楽しみいただけます。

◆活動内容
限定Facebookグループ内でライブ配信で、映画に携わる様々な人たちから聞くリアルな話や時には失敗談も共有していきます。
・ミニシアター支配人によるおすすめ作品トーク
・ミニシアターの歴史講座
・国内外映画祭事情
・買付け、邦画製作ここだけの話、配給宣伝、ポスターデザイントークなど

「BASIC by MOTION GALLERY」について

月額で資金を募ることで、劇場などの文化施設やクリエイターに毎月継続的に資金を調達し、クリエイティブな活動の基盤を支えるサービス。
支援を受ける側は、毎月インカムがあることで、創作活動やリサーチ・ディベロップメントに注力することが可能に。支援するメンバーは、彼らの活動を継続的に応援できることに加え、オンラインセッションへの参加や制作中の作品の閲覧などのお返しを受け取ることができる。
投資や融資ではないため、フラットな関係を築くことが可能。既存のファンとの継続的なコミュニケーションから関係性を深め、一緒に目標をつくる場所になることも期待できる。
https://basic.motion-gallery.net/

「ミニシアターの未来をかけて」映像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  4. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  5. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る