『劇場版ポルノグラファー』竹財輝之助 猪塚健太 吉田宗洋 三木康一郎監督登壇!

映画『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』竹財輝之助、猪塚健太、吉田宗洋、三木康一郎監督登壇!

『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』舞台挨拶実施!

2月27日(土)、新宿ピカデリーにて『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』 公開記念舞台挨拶が実施され、竹財輝之助、猪塚健太、吉田宗洋、三木康一郎監督が登壇し、公開を迎えての感想やファンの方への感謝の想いを述べた。さらに猪塚から竹財へサプライズで手紙が用意され、本作を一緒に作り上げた竹財に向け、熱い気持ちを披露!なお、舞台挨拶の様子は全国の劇場15館へ生配信された。
劇場版ポルノグラファー~プレイバック~,画像大きな拍手に包まれながら、登場した4人。冒頭の挨拶で竹財は「このような状況下で足を運んでくださってありがとうございます。今日の眼鏡は春くんに選んでもらいました」とニッコリ。猪塚は「ここまで来れたのは、みなさんのおかげです。短い時間ですが、楽しんでいただきたいです。よろしくお願いいたします」と会場を見渡す。

吉田は「前回、昭和の芸人役で名前も授かりました……」と前回の爆笑?!イベントを振り返ろうとしたところで、場内から笑い声が漏れるなか、キリッとした表情で「城戸士郎役です」と改めて挨拶し、「みなさんぜひ楽しんでください」と笑顔で呼びかけた。三木監督は「いよいよ公開されました。足を運んでいただいて、みなさん、ありがとうございます。楽しんでいただけましたでしょうか?」と問いかけると、会場は大きな拍手に包まれた。

続けて「なぜこの場所に吉田くんがいるのかはわかりませんが……」とお約束の”吉田いじり”がスタートすると、吉田は「ずっと今日も舞台袖でそればかり言ってるから……」といじりにまんざらでもない様子で大笑い。続けて三木監督が「せっかくなら(明実)春子(役)に来てほしかったな」と本日のキャスティングに物申す場面も。冒頭から『ポルノグラファー』らしい楽しい空気に包まれながら、舞台挨拶がスタートした。

公開を迎えたことについて、竹財は「感無量です。感慨深いです。3年(1つの役に)関わり、映画で終わるという経験をしたことがなかったので、それができたのもファンの方の後押しが大きい作品なので、本当に幸せです!」と満足の様子。劇場版ポルノグラファー~プレイバック~,画像
猪塚は「作品に込めた感謝の気持ちをみなさんに受け取ってほしいです。3年前、ドラマ版が始まった頃は、このようにスクリーンの前でみなさんに舞台挨拶ができるなんて夢にも思っていませんでした。みなさまの応援の力があって、3部作を映画という形で終わることができるというのは、本当にうれしいです。僕らは全員そう思っているので、その気持ちが伝わればいいなと思っています」とファンへの感謝の意を述べる。

続けて「ふと思ったのですが、理生さんと春彦としてもドラマで、”あの後二人の関係はどうなっていくんだろう”という状態であのまま終わるはずだったのですが、みなさんの応援の後押しがあったからこそ、原作の丸木戸(マキ)先生も続きの”プレイバック”という作品を書いてくれることになって。理生さんと春彦の深い愛が実るという結末にできたことにも感謝したいです」とファンの後押しの強さに改めて触れた。劇場版ポルノグラファー~プレイバック~,画像
製作陣のチームワークについて質問された吉田は「ご覧の通り、みんなが僕を尊敬の眼差しで見てくれます」とコメント。すると猪塚がすかさず「スベってますよ!」とツッコミを入れる“いつもの”チームワークを見せる。気を取り直した吉田は「3年前、ドラマが始まるという話を聞いたあの日から、たくさんの出会いを重ねてきました。今日という日を迎え、今、この状況下で映画が公開されていること、ファンの方たちと劇場でお会いできること、に意味があると思っています。物語はこれで完結しますが、長い時間かけて、愛していただければうれしいです」と思いを熱く語る。劇場版ポルノグラファー~プレイバック~,画像
すると、三木監督から「(質問の)チームワークはどこにいった?」と指摘が。「思いが強すぎて、すみません!」と照れ笑いする吉田。吉田が語り、三木監督、竹財、猪塚がその都度ツッコミを入れるという”ポルノグラファー”チームの定番?!とも言えるトーク展開に、会場は笑い声と拍手に包まれた。

劇場版でのこだわりについて訊かれた三木監督は「テレビのときからあったこだわりの延長線上で取り組みました。映画は画面が大きくなるので、細部までいろいろやろうかなというところにはこだわりましたね。あとは撮影が暑かった記憶しかないかな」と、お茶目に微笑む。猪塚が「竹財さんの差し入れのパインアイス食べましたよね?」と撮影時の暑さを振り返ると、竹財が「そうそう、ちょっと溶けかけたパインアイス」と付け加えていた。

三木監督は、「テレビのときは、いろいろと演出もしましたが、回を重ねるごとに、そして劇場版にもなってくると、竹財くんと猪塚くんが、勝手にキスシーンとか絡みのシーンをやりはじめるので、特に僕が口出すことはありませんでした」と理生&春彦カップルのチームワークを褒める。さらに「ちょっと気持ち悪いくらい仲がよかったです」と付け加えるほど、二人の仲が自然に深まっていた様子を説明していた。

これに対し竹財は「久しぶりの撮影のときに、”ちょっと距離があるなぁ”とかボソッとおっしゃっていましたよ」と指摘。三木監督は「距離なんかあったかな? 映画のときは最初からすんなり絡んでたたと思うけど?」とすっかり忘れている様子。すると猪塚が、「監督のちょっと距離があるという言葉で僕たちのスイッチが入った気がします」と付け加えると、三木監督は「どのシーン?ラブホ?畳?でもなんか二人で勝手にイチャイチャしていたような気がする、ってこの時間から下ネタになっていくようで、すみません」と細かなシーンを振り返りながら、徐々に撮影時を思い出していたようだ。

ここで”普段言えないここだけの本音”を語るコーナーに。普段は本音しか言わないという竹財がじっくりと考えた後に「今回たくさん取材していただく中で、”これ以上、木島はやりません”と言ってきたのですが、“誰にもやらせたくない”というのが本音です。続編があったら、そのときは考えます。これ以上やらないと言ったのは、思い残すことなくやり切りたかったからなんです」と語ったところで、会場から大きな拍手が。三木監督が「来たね、拍手」とファンが期待した言葉を披露した竹財の顔を、うれしそうに覗き込んでいた。

猪塚は「本当に、今の一番の本音は、全国のファンと直接会ってお礼が言いたいです。ずっと話していたんです、全国で舞台挨拶やりたいねって、ね?」と竹財に問いかける。すると竹財は「公開までに状況が良くなれば、絶対行きたいってずっと言ってたよね、このメンバーで」と少し残念そうな表情を浮かべる。すると三木監督が「吉田くんはいらないんじゃない?」とニヤリと笑いながら質問すると、「では集合場所だけ教えてください!自分で行くので!」という吉田に3人が声を揃えて「そういうところだよ。そういう返しなんだよな」とダメ出しをするいつもの流れに。吉田はめげずに「これがチームワークです」と改めてアピール。猪塚は「このチームで全国を回りたかったです」と改めて、本音を吐露していた。

続いて吉田が「やっと猪塚くんと話せるようになったことです」と回答すると、「どういうこと?」と猪塚が質問。「春彦と城戸は役の上で、ライバルという関係性なので、なんとなくそういう目で見てしまって……」という吉田に猪塚は「子どもなんですね」とバッサリ。吉田は「僕、女々しいんです。それがそのまま現場でも出ちゃって。演じているとき以外でもそんな感じだったので、やっと今、本音で話せるようになった気がします」と明かす。すると猪塚が「役に入れば入るほど、負けないよって気持ちはありました」とうまくコメントをまとめたところで、吉田が「これがチームワークです」と会場に向かって強調する場面もあった。

このやりとりに三木監督が「で、結局何が言いたかったの?」と再び質問。竹財も「本音を教えてって言ってるのに、ピントがズレてる」と指摘。猪塚が「本音はすっごいライバル視ってことでいいですかね」と再びまとめに入ると、MCが「最高のチームワークだと思います!」と苦笑いしながら褒めていた。

三木監督の本音については、竹財も「気になる〜!」と興味津々。三木監督は「のんびり生きてみたいです」と回答。猪塚が「暖かいところに行きたい、働きたくないんだよ、って言ってましたよね」と暴露していた。三木監督の「もう1回このメンバーで(作品を)やりたいです」というコメントに、竹財と猪塚は声を揃えて「それが本音って、めっちゃうれしい!」と満面の笑みを浮かべる。そのためには原作が必要ということで、丸木戸先生に「先生、見てますか〜!よろしくお願いいたします!」と中継のカメラ越しに手を振りながら全員でリクエストすると、会場からも期待の拍手が沸き起こっていた。

さらに三木監督は「吉田くんメインで観たくないですか?」と会場に問いかけると、拍手の反応が予想以上だったようで、少し驚いた表情を見せる場面も。これについて吉田は「本音を言わせていただければ、やりたいです!」と三木監督の方を覗き込むと、「やっぱり目は合わないんですね」と残念そうにしつつ、そのあしらわれ方にも、まんざらでもない様子だった。三木監督は「本音を言えば、ここまでやってきたチームなので、終わらせるのはもったいないという気持ちです」と改めて、チームの結束力を称賛していた。

本作のテーマは手紙。ここで、猪塚から竹財へ感謝の手紙が披露されることに。サプライズの演出に竹財が「泣きませんよ!」と宣言。続けて「映画が公開できること自体が奇跡だと思っています。昨日の公開初日に映画館で作品を観たのですが、初めて自分の映画で泣きました。それは、制作チームとのいろいろな思い出に触れて泣いているのか、作品そのものに泣いているのか。どちらの涙かは、わからなかったけれど、あえて自画自賛します。これはいい映画です。最高の恋愛映画だと思っています」と胸を張った。劇場版ポルノグラファー~プレイバック~,画像
劇場版ポルノグラファー~プレイバック~,画像
そして、猪塚から竹財への感謝の手紙が読み上げられ、猪塚から手紙を受け取った竹財は改めて「泣かないよ!」としながらもまじまじと便箋を見つめ「君の文字が好きなんだ」と作中のセリフを引用し、感謝の気持ちを表現していました。劇場版ポルノグラファー~プレイバック~,画像
最後の挨拶で竹財は「作品は観てもらうことで完成します。状況が許すなら、1回とは言わず、何度も観てください。海外からも”観たい”という声が聞こえています。今、観れる状況になくても諦めないでください。うちのスタッフは優秀なので、みなさんに観ていただける状況にしてくれるはずです。スタート時から応援してくれた方にも、今回の映画から応援してくれる方にも、みなさんにお礼が言いたいです。この場に立たせていただき、本当に幸せです。ありがとうございました」と締めくくり、イベントは幕を閉じた。

『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』予告編映像

あらすじ

官能小説の「口述代筆」。奇妙な出逢いをへて恋人になった、官能小説家・木島理生と大学生・久住春彦。
木島が田舎へ里帰りしてからも、文通で遠距離恋愛を続けていた二人だったが就職したての久住とすれ違い、気まずい空気に…。そんな折、奇しくも再び腕を負傷した木島はかつてを思い出すように、地元で知り合った青年・静雄にペンを握らせる。そこへ久住がやってきてしまい…。

君と生きていきたいから
こじらせ作家の人生と愛をめぐるものがたり。

キャスト

竹財輝之助
猪塚健太
松本若菜
奥野壮
小林涼子
前野朋哉
吉田宗洋
大石吾朗

監督

三木康一郎

原作

丸木戸マキ「續・ポルノグラファー プレイバック」
(祥伝社 on BLUE comics)

音楽

小山絵里奈

主題歌※あれば

鬼束ちひろ「スロウダンス」
(ビクタ-エンタテインメント)

配給:松竹映画営業部ODS事業室/開発企画部映像企画開発室
公式HP:https://pornographer-movie.jp
©2021松竹株式会社 ©丸木戸マキ/祥伝社
『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』,画像

2021年2月26日(金)より
新宿ピカデリーほか全国映画館にて3週間限定上映

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  2. アジア系女性初の快挙!映画『ノマドランド』第78回ゴールデングローブ賞4部門ノミネート!
    フランシス・マクドーマンド主演 賞レース大注目作品! 賞レースを席捲する数多くの名作を世に送り出…
  3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  6. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  7. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る