天才音楽家の創作の裏側を捉えた本編映像解禁!コトリンゴ、真鍋大度ら著名人のコメントも到着!『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』

コトリンゴ、真鍋大度ら著名人のコメントも到着!
『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』本編映像解禁

観客は開演した真夜中から明け⽅まで、会場に並べられたベッドに横たわり “眠っている間に聞くために作られた 8 時間以上に及ぶマックス・リヒターの【スリープ(SLEEP)】ライブ演奏を聴く。そしてそのまま本当に眠ってしまったり、歩き回ることも⾃由。

ロサンゼルス野外のグランドパークやシドニーのオペラハウス、アントワープの聖⺟⼤聖堂など世界各地のシンボリックな場所で次々と開催し話題をさらった“眠り”をテーマとするまったく新しいスタイルのコンサート【スリープ】の全貌とその裏側を、このコンサートを企画、そして「スリープ」の作曲・演奏も⼿掛けた⾳楽家マックス・リヒターの素顔とともに追いかけた珠⽟のドキュメンタリー『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』 3 ⽉ 26 ⽇(⾦)に⽇本公開決定!
この度、天才⾳楽家の創作の裏側を捉えた本編映像、及び、コトリンゴ、真鍋⼤度ら各界著名⼈によるコメントが解禁されました。

最⾼級の“眠り”と“⽬覚め”の体験を感じられる珠⽟のドキュメンタリー

“芸術”と“科学”、相反するように⾒えるこの2つの世界が持つ、不思議な共通点について⾔及することから映像は始まる。それは、前の2つの数の和が次の数になる“フィボナッチ数列“。花びらの枚数、⾙殻のらせん模様や松ぼっくりのかさの並びなど⾃然界に数多く存在する不思議な法則だが、作曲に利⽤されることも多いという。「ドビュッシーやバルトークはこの数列を⽤いて曲の盛り上がりを表現した」と語られ、芸術の世界と数学や科学の世界はには美しさの共通項があり「我々が⽣きる混沌とした世界を読み解くための⾔葉なんだ」と⾔及される。ピアノに向き合いひとり静かに作曲活動に勤しむリヒター。「作曲中はうまくいくか不安で、落ちていくような感覚だった」と当時を思い起こし「これほど⻑い曲は頭の中にとどめておけない、思いついた瞬間に書く。従来の作曲法には反したやり⽅だ」「⾃分が熟知している領域の中なら、マックス・リヒターらしい曲がすぐ作れる。でも【スリープ】はそういう光から出て、暗闇を探りながら作った」と、8 時間にも及ぶ楽曲【スリープ】を製作した際の苦労を明かしている。

合わせて、各界の著名⼈総勢 13 ⼈から本作コメントも到着。⾳楽家のコトリンゴは「不思議で穏やかな夢を⾒ているよう」、アーティスト・インタラクションデザイナー・プログラマ・DJ など多岐に渡って活躍する真鍋⼤度は「表現活動に関わる全ての⼈に⾒てもらいたい」と語り、モデルの前⽥エマは「『睡眠を共有する』そんな夢のような話が、ここには本当にありました。」とその驚きを表現しています。

「世界睡眠デー」3/19(⾦)を記念して、続々と本作によるイベントやキャンペーンも開催!第⼀弾として、特別なスピーカーシステムを備えたヒューマントラストシネマ渋⾕のスクリーン“オデッサ”による本作の特別先⾏上映会の実施や、第⼆弾として、世界的ベストセラー「スタンフォード式 最⾼の睡眠」(サンマーク出版)から⽣まれた最⾼の睡眠を⽣み出す、脳が眠る枕「BRAIN SLEEP PILLOW」のプレゼントキャンペーンを 3/12 かから実施するなど、公開に向けて続々と盛り上がりを⾒せています!

マックス・リヒターは、クラシックとエレクトロニック・ミュージックを融合させて作られるポスト・クラシカルの旗⼿であると同時に映画やテレビのサントラも数多く⼿掛け、『戦場でワルツを』(2008 年)がヨーロッパ映画賞作曲賞、『メアリーとエリザベス ふたりの⼥王』(2018 年)がハリウッド⾳楽メディア賞作曲賞を受賞したほか『アド・アストラ』(2019 年)が、2021 年度に開催される予定の第 63 回グラミー賞最優秀スコア・サウンドトラック賞にノミネート、加えて、⼤ヒット SF 映画『メッセージ』(17)のオープニング&エンディングでも彼のオリジナルスコア「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」が使⽤され⽇本でも iTunesクラシック・チャート1位を獲得するなど、いま、映画⾳楽の世界においてもっとも重要なアーティストの 1⼈ともいわれる⼈物。劇中ではそんなリヒターと彼の公私に渡るパートナーであり、本コンサートも⼀緒に作り上げてきたマールへのインタビューや、15 年間にわたって彼⼥が撮りためていたリヒターの創作の様⼦を捉えたプライベート映像、そして、彼が作曲家として成功するまでの苦難の道のりやマールとの強い絆も明らかにされていく。監督はボノやサム・スミスなど様々なミュージシャンとコラボレートしてきたナタリー・ジョンズ。その繊細な演出と美しい映像で「SLEEP」の魅⼒を浮かび上がらせる。

仕事に追われ、誰もが⽣き急いでいるような現代社会。そんな中、睡眠と芸術を題材に、⼈間にとって本当に必要なものは何かを考えさせてくれ、同時に、劇場の観客も観賞後は実際にコンサート【SLEEP】に参加したかのように最⾼級の“眠り”と“⽬覚め”の体験を感じられる珠⽟のドキュメンタリーとなっている作品です。

コメント⼀覧

※順不同/敬称略
コトリンゴさん(⾳楽家)
美しい映像と共に、「SLEEP」をちょっと体験できた気持ちになり、
不思議で穏やかな夢を⾒ているようだった。
とても贅沢な⾳楽会、そして睡眠のかたち。
会場で「SLEEP」と共に眠ると、私はどんな感情と⼀緒に⽬覚めるのだろう。
⾃分のベッド持参で参加してみたい!

真鍋⼤度さん(アーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ)
権威や政治に負けず⾃分の信念を貫き通す姿を通じて、作り⼿として何を⼤事にすべきか、
そして⼈⽣において何に重きを置くかを強く問いかけてくる。
表現活動に関わる全ての⼈に観てもらいたい

前⽥エマさん(モデル)
「睡眠を共有する」
そんな夢のような話が、ここには本当にありました
そしてそれは、芸術家として共に⽣き抜くパートナーの記録だったのです。

⽔野蒼⽣さん(指揮者/クラシカル DJ)
こんなに⼼地の良い「超低⾳」を体験したのは初めての経験
映画はもちろんのこと、あの「SLEEP」の⾳楽を映画館で堪能できること本当に贅沢な体験!

鈴⽊惣⼀朗さん(⾳楽家)
ぼくも震災の年、ボルダリングジムで眠りにまつわるコンサートをやったことがあって、
マックス・リヒターの「SLEEP」の試みのことは気にしておりました。
アルバムを拝聴させていただき、本当に素晴らしかった。
今回の映画体験でも、充分に、その⾳楽的意図は伝わってきました。刺激になりました。

寒川裕⼈さん(現代美術家)
はじめは先鋭的なコンサートのドキュメンタリーとして⾒ていましたが、
すぐになにかが違うと気づきました。
この映像、そして『Sleep』⾃体が、「夫婦ふたりの⼈⽣の作品」なのだと。
そう⾒え始めた瞬間、深く⼼を打たれました
リヒターが作る曲が優しいのは、それゆえなのだと。
複雑な現代に必要な癒しだと思います。

⼭崎まどかさん(コラムニスト)
内省的になって、どんどん感覚が研ぎ澄まされていく。
他の⾳楽ドキュメンタリーでは決してできないような体験だった。
映画が終わった後は、まるでぐっすり寝たかのように、
⼼から余計なものが取り払われて、本当に清々しかった。
ありがとう、マックス・リヒター。

⼭崎晴太郎さん(アートディレクター)
まどろみの中に⼼は何を感じ、⾝体は何を想うか。
この⾳の粒の前に全ては露わになる。
⾳は、我々の⾝体に委ねられ、⾁体を通じて⼼の奥底へと染み込んでいく。
マックスの⾳楽を聴きながら、⾃分⾃⾝の⼈⽣を聴いているのだ
誘われる世界は、こんなにも儚く優しさに溢れている。
私たちは皆、固有の⼀⼈であり、私たちは皆、固有に美しい。

宇野維正さん(映画・⾳楽ジャーナリスト)
⾳を研ぎ澄ませていった先の必然としての、聴取環境そのものを創出するという試み。
それが堅苦しいものではなくどこか微笑ましいところに、
マックス・リヒターという⾳楽家の本質がある。

⻄野精治さん (睡眠研究者、著書「スタンフォード式最⾼の睡眠」)
140 億の⼤脳の神経細胞が同期してハーモニーを奏でる、それが深い⼼地よい睡眠だ。
私は、マックス・リヒターの⾳楽と映像が⾃分の神経細胞と同期することを体験した。
⽬覚めも爽快だ。ぜひこの体験を分かち合いたい。

佐藤博康さん(㈱イースタンサウンドファクトリー 代表取締役/odessa ⾳響システムスピーカー設計)
⾳のすごさに驚かされました。感動しました!!
様々な低周波をコントロールしてエネルギー感を操っているようです。
時間軸共に低周波のうねる場所が異なり、⼼地が良い低周波の海にいるようでした。
ピアノの⾳⾊も素晴らしかったです。
ピアノがピアノに、バイオリンがバイオリンに聴こえてました。

村尾泰郎さん(⾳楽/映画ライター)
この映画を観た後は、眠ること、そして、⾳楽に⽿を傾けることが、
いかに豊かな体験なのかを実感できるはず。
そして、「スリープ」を疑似体験するには、暗闇の中、⾒知らぬ⼈々と
同じ時間を共有する映画館ほど、うってつけの場所はないだろう。

前島秀国さん(サウンド&ヴィジュアル・ライター/マックス・リヒター・プロジェクト企画監修)
僕が 2017 年の「スリープ」アムステルダム公演で体験した
低周波の重低⾳が⾒事に再現されていました。
マックス・リヒターが望んだ通りのサウンドが映画館で聴けて感無量です。

世界睡眠デー(3/19 ⾦)を記念したキャンペーン続々開催!

<第⼀弾>『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』特別先⾏上映開催!
*マックス・リヒター&ユリア・マールよりショートメッセージ映像公開
*来場者全員にプレスブックプレゼント!
*通常料⾦¥1800-(各種割引使⽤可・ムビチケ使⽤不可)
★⽇程: 3/19(⾦) 18:15 開映(上映時間 99 分)
★劇場:ヒューマントラストシネマ渋⾕/シアター1(odessa 上映)
★チケット発売開始:3/12(⾦)19:00 より(オンライン&劇場窓⼝にて)
<本件に関するお問い合わせ先>
ヒューマントラストシネマ渋⾕(劇場の営業時間内 03-5468-5551)
https://www.ttcg.jp/human_shibuya

<第⼆弾>「スタンフォード式 最⾼の睡眠」(サンマーク出版)から⽣まれた最⾼
の睡眠を⽣み出す、脳が眠る枕が当たるキャンペーンを開催!

SLEEP マックス・リヒターからの招待状,画像
★商品名:「BRAIN SLEEP PILLOW」 STANDARD タイプ
★販売価格:ダブルメッシュカバーとのセット 30,000 円(税抜)
★応募⽅法:作品公式 Twitter&Instagram 「@maxsleepmovie」をフォローの上、
2 つのハッシュタグ #SLEEP #マックスリヒターをつけて、
「@maxsleepmovie」にアップされている、本プレゼントキャンペーン告知をリツイ
ート or 作品のレビューや期待をコメントしてくださった⽅の中から、抽選で 1 名様
にプレゼント(キャンペーン期間:2021/3/12〜4/15、プレゼント発送時期:4 ⽉下旬予定)
<本件に関するお問い合わせ先>
アットエンタテインメント(平⽇ 10:30〜18:30 03-6419-3737)
http://www.at-e.co.jp/

『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』作曲秘話 本編映像

キャスト

マックス・リヒター
ユリア・マール
(ソプラノ)グレイス・デイヴィッドソン
(チェロ)エミリー・ブラウサ、クラリス・ジェンセン
(ヴィオラ)イザベル・ヘイゲン
(ヴァイオリン)ベン・ラッセル、アンドリュー・トール

監督

ナタリー・ジョンズ

製作

ステファン・デメトリウ
ジュリー・ヤコベク
ウアリド・ムアネス
ユリア・マール

撮影

エリーシャ・クリスチャン

2019 年/イギリス/英語/99 分/シネスコサイズ
原題:Max Richterʼs Sleep
映倫:G
配給:アット エンタテインメント
公式HP:max-sleep.com
©2018 Deutsche Grammophon GmbH, Berlin All Rights Reserved

3/26(⾦) 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋⾕、
ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  2. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  3. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  4. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  5. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  6. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…
  7. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る