映画『アーリーマン ダグと仲間のキックオフ』予告編動画解禁!!
Pocket
LINEで送る

『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズのアードマン・アニメーションズ、最新作にして最高傑作!!

太古の昔を舞台に、サッカーで戦う原始人(アーリーマン)たちのエキサイティングな大冒険!
アカデミー賞®4度受賞!

【日本限定本予告】

『ひつじのショーン』、『ウォレスとグルミット』などで知られ、これまでに4度のアカデミー賞®受賞歴を持つニック・パーク監督×アードマン・アニメーションズ制作、全世界待望の新作ストップモーション・アニメーション『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』(キノフイルムズ配給)が2018年7月、TOHOシネマズ 上野ほか全国公開が決定し、この度本予告映像を解禁となりました。

映画『アーリーマン ダグと仲間のキックオフ』予告編動画解禁!!

【エディ・レッドメインのコメント】
家族に、アードマンのキャラクターの声を演じることになったと告げたら、両親の世代も、甥や姪たちも、家族全員がものすごく喜んでくれました。全員が興奮状態だなんて、びっくりしましたよ。監督のニックから電話があり、主人公ダグの声に僕を考えていると言われ、僕が台無しにしては大変だと思いました。

そこで、ニックにワークショップの日を無理やり作ってもらいました。何年もの間、僕は彼とアードマン作品すべてを崇敬してきました。だから、自分がそれを台無しにする人間になりたくなかったのです。ワークショップの日に素晴らしい時間を過ごして以来、純粋に楽しんで仕事ができました。


『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズのアードマン・アニメーションズ、最新作にして最高傑作!!

邦題『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』に決定、2018年7月、TOHOシネマズ 上野ほか全国公開することとなりました。合わせてティザーポスタービジュアル、メイン写真1点を解禁いたします。本作は『ひつじのショーン』、『ウォレスとグルミット』などで知られ、これまでに4度のアカデミー賞®受賞歴を持つニック・パーク監督×アードマン・アニメーションズ制作による、全世界待望の新作ストップモーション・アニメーション。

【あらすじ】
むかしむかし、太古のむかし。まだマンモスがいた頃のお話。勇敢な少年ダグ(声:エディ・レッドメイン)は、ユーモラスな部族のメンバーとブタで相棒のホグノブ(声:ニック・パーク)と一緒に小さな谷間で平和に暮らしていた。しかしある日、ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿(声:トム・ヒドルストン)が、谷で採れる青銅を奪うため軍隊を引き連れて侵攻してきた。

故郷を追われたダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されている“サッカー”と呼ばれるスポーツでヌース卿に対抗すべく、チームを作って特訓に励む。果たしてダグたちは愛すべき故郷(ホーム)を取り戻すことができるのか・・・?!

■ 予告編

監督・製作:ニック・パーク
脚本:マーク・バートン、ジェームズ・ヒギンソン

■ 声の出演
エディ・レッドメイン
トム・ヒドルストン
メイジー・ウィリアムズ
ティモシー・スポール

2018/イギリス=フランス/アードマン・アニメーションズ提供/英語/カラー/89分/ビスタサイズ/5.1ch/

日本語字幕:稲田嵯裕里
原題『EARLY MAN』

■ 公式サイト
earlyman.jp

■ 配給
キノフィルムズ/木下グループ

■ コピーライト
© 2017 Studiocanal S.A.S. and the British Film Institute. All Rights Reserved.





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

アニメ映画『アーリーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. この世界の片隅に
    ■ストーリー 18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、…
  2. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  3. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  4. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  5. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  6. ■イントロダクション 監督:大友啓史×原作:川村元気お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観…
  7. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る