”人間まるだし” スーパーカラフルドキュメンタリー映画公開!!

500日のスーパーカラフルドキュメンタリー『ラプソディ オブ colors』公開決定

500日のスーパーカラフルドキュメンタリー『ラプソディ オブ colors』公開決定

障害がある人、ない人、グレーな人たちの十人十色な《生》がほとばしるバリアフリー社会人サークル colors の 500 日をきりとった”人間まるだし” スーパーカラフルドキュメンタリー映画『 ラプソディ オブ colors』 が、2021 年 5 月 29 日よりポレポレ東中野ほか全国順次公開することが決定しました。あわせて、キービジュアル、予告編、出演者、監督コメントが到着しました。

監督も含めて 出演者はみなグレーゾーン!十人十色なラプソディ(狂騒曲)が鳴り響く

障害がある人、ない人、グレーな人たちが集まるバリアフリー社会人サークル colors。
毎月 10 本ものイベント開催に年間 800 人が来場する。大学教授の講義や音楽フェス、いい加減な飲み会など。発達障害、身体障害、音楽家、写真家、ただの呑んべえ、食いしん坊ほかカラフルな参加者たちの《生》がほとばしる。
500日のスーパーカラフルドキュメンタリー『ラプソディ オブ colors』公開決定
「感動の物語」の一言では片付かない!問答無用、人間まるだしの日々の記録。
2018 年から始まった colors の撮影は予定を遥かに超過、だけどカメラは止まらない。色々な人物や色々な出来事が次から次へと現れる。難病の百人一首シンガーの野望。脳性麻痺の元デリヘル嬢が悩むエッチと介助。実録・ガイドヘルパー物語 e.t.c…。さらには、colors が入居する建物の突然の取り壊しが決まり、まさかの閉鎖へ。colors 代表と参加者たちの日々は、色々な人たちの色々な世界は……何色に染まる!?誰もが複雑なグラデーションの中にいることに気付かされる。
ラプソディ オブ colors,画像
ラプソディ オブ colors,画像
ラプソディ オブ colors,画像
colors 代表 ・石川悧々さんは、頚椎損傷と脳の血腫による障害者であり、DET(障害平等研修)のトップファシリテーターとして活躍。強烈な個性で聖女とも魔女とも称される。もう一人の強烈なキャラクター、中村和利さんは、地域の障害福祉の立役者で NPO 法人理事長。服はヨレヨレ、だらしなさ満載。そんな 2 人の発言や関係からも目が離せない。
監督は、『 kapiw と apappo ~アイヌの姉妹の物語~』(16)で民族の中の個人を瑞々しく描いた佐藤隆之。「私の見ていた世界の狭さとコミュニケーション能力不足に愕然!」「障害や福祉のレクチャーではない"人間まるだし"な映画にしたかった」と振り返る。

コメント

出演:colors 代表・石川悧々(イシカワ リリ)
「生きてる意味はなんだろう?」と、誰しも一度は自問するだろうが、それは障害者の場合には自問だけではなく、赤の他人から言われたりもする。
健常者も障害者も「colors」の中で一緒になってゴチャゴチャと遊び、そして、その人たちの生活までも撮ったこの映画は、輝きと強さと、同時に非情な残酷さがあふれ出している。
「障害者を応援しよう」という映画を見慣れた皆さんには大変ショッキングな内容だが、それも含めて全部が現実だ。
そんな丸裸のリアルを目の当たりにしたら、皆さんの心は必ず震える。そしたら「生きてる意味」の謎がちょっとは解け、障害者にその問いかけをするってことが何なのか、解るかもしれない。
自分を楽しむことの天才と、生きてることへの意味付けの天才が、この映画の中に何人も出てくる。
それは思うよりも楽で簡単に出来ることなんだと、この映画を観て感じてもらえたならば、私も映画の中で全てを丸裸にされた甲斐がある。
ラプソディ オブ colors,画像

製作/監督:佐藤隆之 (サトウ タカユキ)
撮影開始当初の旗印は【アンチ感動ポルノ】だった。障害当事者や深く関わる人達は皆それに賛同してくれた。ほとんどの人たちがいわゆる【感動物語】に仕立て上げられることに抵抗感を感じていたのだ。
しかし、撮影を進めるうちにそんな旗印は私の中で次第に薄らいできた。眼の前の現実があまりに面白く、また予想以上の展開になって、そして私自身がその波に飲み込まれていったから。
2年弱の撮影と約1年の編集作業は平坦な道のりではなかった。ある出演者は編集後になって出演を拒絶し連絡がとれなくなった。またある聾の人には意図や計画をうまく伝えることができず、悔しさと自責に苛まれた。完成した作品も劇場公開が決まるまでには紆余曲折があった。意図せぬままにすべてがあるがままに流れ、その波に乗れたのは幸運としか言いようがない。その幸運はこの映画を観る人にもきっと繋がっていくと思う。

『ラプソディ オブ colors』予告編映像

キャスト

石川悧々
中村和利
新井寿明
上田繁
Mayumi

監督・撮影・編集

佐藤隆之

応援撮影・グレーディング:塩谷茂(24fps) 出口さとみ
ドローン撮影:中野政勝(CIAN aviation)
音声ガイド/日本語字幕:シティ・ライツ

協力:バリアフリー社会人サークル colors 特活!風雷社中 朱紅 障害平等研修フォーラム 曹洞宗 須磨ユニバーサルビーチプロジェクト(公財)世界宗教者平和会議日本委員会
企画製作 : office + studio T.P.S
助成 : 文化庁文化芸術振興費補助金 ( 映画創造活動支援事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
2020 年/日本/カラー/ 16 : 9 /ステレオ DCP 108 分
配給: 太秦
公式HP:https://www.rhapsody-movie.com/
© office + studio T.P.S

2021 年 5 月 29 日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  6. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る