『この世界の片隅に』『マイマイ新子と千年の魔法』片渕監督舞台挨拶決定!5/27(日)横浜ニューテアトル

   
この世界の片隅に

6月1日(金)をもって惜しまれながら映画館の営業が終了となる横浜ニューテアトルは、前身である“テアトル横浜”から、洋画2本立て興行を行う二番館として現館名で1972年7月に再オープン。以来、時代のニーズに応じて上映形態を刷新しながら46年間、数多くの作品を上映し、横浜の映画ファンに愛され続けてきました。今回はお別れイベント第2弾として片渕須直監督の舞台挨拶が決定!2016年の公開以来、多くのファンに愛され続けている映画『この世界の片隅に』だけではなく、前作『マイマイ新子と千年の魔法』の上映も決定し、映画館のラストに相応しい、映画ファン必見のイベントとなりそうです。

ロングランが続いている『この世界の片隅に』について、「映画館の存在そのものがこの映画にとっては大事なこと。だから、舞台挨拶でもできるだけ映画館に足を運んで、お客さんにももちろん、映画館の方々ともお互いに一つのものを巡って、上映したり作ったりとかいう関係で、ずっと進んでいけたら」と映画ログプラスの取材に対して語ってくれた片渕監督自身の想いもあって実現したのではないでしょうか。

上映時間や舞台挨拶の詳細は公式HPをご確認ください。
【上映】
『この世界の片隅に』 5月26日(土)~6月1日(金)
『マイマイ新子と千年の魔法』 5月26日(土)~6月1日(金)
【舞台挨拶】
5月27日(日)
「この世界の片隅に」12:30の回上映終了後実施(予告編なし)
「マイマイ新子と千年の魔法」15:30の回上映終了後実施(予告編なし)
【登壇者(予定)】
片渕須直監督
※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。
【料金】
「マイマイ新子と千年の魔法」調整中
「この世界の片隅に」調整中
※招待券・割引券は使用不可
【チケット販売について】
・劇場窓口販売:5月19日(土)9:00より販売。
※インターネットでの事前予約、販売はございません。予めご容赦ください。
予告編

■キャスト
のん
細谷佳正
小野大輔
尾身美詞
稲葉菜月
■スタッフ
監督:片渕須直
原作:こうの史代
脚本:片渕須直
企画:丸山正雄
プロデューサー:真木太郎
■公開日
2016年11月12日
■公式サイト
http://konosekai.jp
コピーライト

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 : 4.5 点

・最近本当にいい映画に出合えていなかったので、この作品との出会いは衝撃的だった。映画が総合芸術であるという事を再認識させてくれた作品。(kuniyanさん)
・予想をはるかに超えた素晴らしい作品でした。後半では何度も何度も号泣してしまいました。(備忘録さん)
・この映画だけでも良いので、評価点、10まで許してください! って言いたくなる映画です。監督のたんたんの積み重ねた努力、原作が持つ、ひたすらに真摯な視線。この映画にクラウドファンディング参加していただいた、すべての方にありがとう。(smzmskさん)
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. 映画,一度も撃ってません
    先日、石橋蓮司(いしばしれんじ)、大楠道代(おおくすみちよ)、岸部一徳(きしべいっとく)、桃井かおり…
  2. 画像,映画,あらすじ,ストーリー,はちどり,韓国,キム・ボラ,パク・ジフ,キム・セビョク,イ・スンヨン,チョン・インギ
    ベルリン映画祭を始め、世界各国で45以上の賞を受賞! 韓国の単館公開としては異例、 公開1か月で…
  3. SKIN,画像
    白人至上主義者として生きてきた男の、過去との決別。 人は、生まれ変わることができるのか。 映画『…
  4. 画像,ヴァイオレット・エヴァーガーデン
    再上映中!! 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』 代筆を通し…
  5. 画像,ホワイト・クロウ
    おすすめ映画!バレエ編 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 『ボリショイ・バレエ 2人のスワン…
  6. 内藤瑛亮監督 8 年ぶりの新作映画『許された子どもたち』
    あなたの子どもが人を殺したらどうしますか? 映画『許された子どもたち』 少年犯罪を映画化 …
  7. MOTHER マザー,画像
    母と息子。ひとつの殺害事件。 実話をベースに描く感動の衝撃作 映画『MOTHER マザー』 長…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

ページ上部へ戻る