『この世界の片隅に』『マイマイ新子と千年の魔法』片渕監督舞台挨拶決定!5/27(日)横浜ニューテアトル

この世界の片隅に
Pocket
LINEで送る

6月1日(金)をもって惜しまれながら映画館の営業が終了となる横浜ニューテアトルは、前身である“テアトル横浜”から、洋画2本立て興行を行う二番館として現館名で1972年7月に再オープン。以来、時代のニーズに応じて上映形態を刷新しながら46年間、数多くの作品を上映し、横浜の映画ファンに愛され続けてきました。今回はお別れイベント第2弾として片渕須直監督の舞台挨拶が決定!2016年の公開以来、多くのファンに愛され続けている映画『この世界の片隅に』だけではなく、前作『マイマイ新子と千年の魔法』の上映も決定し、映画館のラストに相応しい、映画ファン必見のイベントとなりそうです。

ロングランが続いている『この世界の片隅に』について、「映画館の存在そのものがこの映画にとっては大事なこと。だから、舞台挨拶でもできるだけ映画館に足を運んで、お客さんにももちろん、映画館の方々ともお互いに一つのものを巡って、上映したり作ったりとかいう関係で、ずっと進んでいけたら」と映画ログプラスの取材に対して語ってくれた片渕監督自身の想いもあって実現したのではないでしょうか。

上映時間や舞台挨拶の詳細は公式HPをご確認ください。
【上映】
『この世界の片隅に』 5月26日(土)~6月1日(金)
『マイマイ新子と千年の魔法』 5月26日(土)~6月1日(金)
【舞台挨拶】
5月27日(日)
「この世界の片隅に」12:30の回上映終了後実施(予告編なし)
「マイマイ新子と千年の魔法」15:30の回上映終了後実施(予告編なし)
【登壇者(予定)】
片渕須直監督
※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。
【料金】
「マイマイ新子と千年の魔法」調整中
「この世界の片隅に」調整中
※招待券・割引券は使用不可
【チケット販売について】
・劇場窓口販売:5月19日(土)9:00より販売。
※インターネットでの事前予約、販売はございません。予めご容赦ください。
予告編

■キャスト
のん
細谷佳正
小野大輔
尾身美詞
稲葉菜月
■スタッフ
監督:片渕須直
原作:こうの史代
脚本:片渕須直
企画:丸山正雄
プロデューサー:真木太郎
■公開日
2016年11月12日
■公式サイト
http://konosekai.jp
コピーライト

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 : 4.5 点

・最近本当にいい映画に出合えていなかったので、この作品との出会いは衝撃的だった。映画が総合芸術であるという事を再認識させてくれた作品。(kuniyanさん)
・予想をはるかに超えた素晴らしい作品でした。後半では何度も何度も号泣してしまいました。(備忘録さん)
・この映画だけでも良いので、評価点、10まで許してください! って言いたくなる映画です。監督のたんたんの積み重ねた努力、原作が持つ、ひたすらに真摯な視線。この映画にクラウドファンディング参加していただいた、すべての方にありがとう。(smzmskさん)
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  2. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  3. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  4. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  5. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  6. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  7. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る