CMでも話題の「山田杏奈」主演映画『ミスミソウ』続々と全国上映開始

映画『ミスミソウ』舞台挨拶
Pocket
LINEで送る

ガーナチョコレートのCMで話題の「山田杏奈」主演、映画『ミスミソウ』が続々と全国で公開が始まっています。押切蓮介原作の大人気コミック「ミスミソウ 完全版」を実写化した注目の映画で、エスカレートしたイジメに対する山田杏奈演じる「野崎春花」の復讐劇が注目だ!!

【今後の上映場所一覧】
・立川シネマシティ:5/19~
・出町座(京都府):5/19~
・小山シネマロブレ:6/3~
・フォーラム盛岡 :6/29~7/5
・フォーラム福島 :6/29~7/5
・フォーラム八戸 :6/29~7/5
・ 山形(ソラリス):7/13~19

また、映画「ミスミソウ」の大ヒットを記念し、5/12(土)以降に上映が始まる全劇場で【押切蓮介先生書き下ろしイラストの特製ポストカード】の入場者プレゼントが決定!


■ 山田杏奈さんインタビュー

2018.4.7 (土) より、新宿バルト9ほか全国で公開される映画「ミスミソウ」で野咲春花役として初主演を務める山田杏奈さんにお話を伺いました。人気漫画家「押切蓮介」氏の代表作、伝説のコミック「ミスミソウ 完全版」を実写化した注目の映画で、今、最も勢いのある若手女優の一人、山田杏奈さんがこの映画で初主演を射止めました。
山田さんが演じる主人公「野咲春花」は東京から田舎に転校してきた部外者として、地元のイジメグループから壮絶なイジメを受けていた。同じように転校してきたクラスメイトの相場晄清水尋也さん)が唯一心の支えだったが、春花に対するイジメは益々エスカレートしていき・・。
そんな壮絶なイジメを受け、絶望の果てに芽生えた狂気を演じる山田杏奈さんへの単独インタビューをご紹介します。
―映画初主演が決まった時、どんなお気持ちでしたか?―
すごく嬉しかったのですが同時にプレッシャーも感じました。私としては映画の主演をやらせてもらえることはもっと先のことだと思っていたので、驚きと多少の不安がありました。でも気持ちの上では嬉しさの方が勝っていました。
原作は中学生の時に友達に薦められて読んでいました。確かに後味の悪い内容でしたが、自分が好きなコミックでしたので、実写化されると知った時は「あの強烈な物語や描写を実写化しちゃうんだ!」と素直に驚きました。そして、自分が春花を演じることが決まった時は、原作を知っている自分だからこそ春花に込められる想いもあるのではないかと思いました。
春花と同じような年頃でこのような機会をいただけてすごくタイミングも合っていたと思うし、なかなかないチャンスなのでこの機会を大事にしたいと思いました。

押切蓮介原作、映画『ミスミソウ』主演山田杏奈さんインタビュー
―実写版の春花を演じる上での難しさはありましたか?
好きな作品が実写化されると聞いて、出来ることなら自分がやらせていただきたいと思いました。漫画ではストーリーのテンポの良さが魅力的だなと感じていましたし、今回はいじめられ復讐するという大変な役柄だったのですが、そこは「映像だからこそ表現できることがある」、「映像だからこそ出せる良さがある」と思い、それが自分の中で表現出来れば良いなと考えていました。
原作との違いという点では、映画のほうが少しだけ希望の持てるお話になっていると思います。


―少ないながらも妹・祥子や家族とのシーンは温かいものでした。撮影が終わって家族に対しての想いなどに変化はありましたか?
撮影のために10日間くらいコテージのようなところにずっと泊っていました。私は家が大好きなので「家に帰りたい!」「お母さんのご飯を食べたいな」と思うこともありました。あとは犬を飼っているので「犬に会いたいな」とかも思いました。仕事とかで家を離れてみると家族の良さが分かることがたくさんありました。


―撮影時の雰囲気や他のキャストとのエピソード―
春花はいじめられる役なので、他のキャストさんたちとはあまり仲良くしすぎないように意識していました。ちょっと距離を取るようにはしていたのですが、やっぱり同じ年頃の子がたくさんいる現場なので色々と話をしましたし、刺激も受けました。そういう意味ではとても良い雰囲気の中で撮影が出来ました。
撮影の時以外では残酷的な描写もみんなで楽しむようにしていましたし、そういう雰囲気の中で役を演じていました。


―撮影時はコンビニに行くことが楽しみ―
雪山での撮影なので、コンビニまで車で30分かかるんです。だからコンビニに行くのがとても楽しみでした。でも、春花たちはそういう閉塞感がある中で生活していたのかな、と思うとその経験を少しでも出来たことは良かったと思います。
―雪山での撮影は大変だったのでは―
死体役の役者さんたちは、本当に雪の中に埋まっていたので大変だなと思ってしまいました。アクション・シーンで自分が倒れたりする場面では、雪がクッション替わりになってくれました(笑)。それでも転ぶシーンが多かったので、その時は気がつかなくても後になってアザだらけになっていたりしました。
―百武朋(ひゃくたけ・とも)さんの造形について―

CGではなく本物に近い表現をする百武さんの造形は、気持ち悪さを感じるというよりも、逆に面白かったです。「へぇ、こうなっているんだぁ」みたいな感じです(笑)

目玉がそこら辺に転がっていたり、ボーガンが刺さったマネキンが転がっているとか、色々と仕込んでいる部分を目にしていたので、実際の復讐シーンや暴力シーンも変な意識をすることなく取り組むことができました。
―目に釘が刺さるシーンなど、衝撃的でびっくりしたのですが―
押切蓮介原作、映画『ミスミソウ』主演山田杏奈さんインタビュー

刺された子は、釘が目に刺さった状態で歯を磨いていて、その時の写真を撮りましたよ(笑)。原作の押切先生が来られた時も、お腹に包丁が刺さった状態で来たので面白かったです。もちろん慣れもありましたし、内容が内容なので現場では逆に面白がるように意識していました。
―嫉妬や好意が異常な行動に繋がってしまう部分が絶妙に描かれていました。ご自身は友達とかグループで常に一緒にいたいタイプですか?
私自身は束縛するのも、されるのも苦手なタイプです(笑)面倒くさい関係がチラつくと一歩引いてしまうこともあります。もちろん深い友達もいるし必要だとは思います。ただ、学校では同世代の仲間がずっと一緒にいるというある意味特殊な環境だと思っていて、その中ではグループでというよりは「付かず離れず」というか、広く浅くという感じです。
―演技の練習は何かしていましたか?
演技の練習よりは暴力的なシーンが多いのでアクションの練習を多くしました。殴る、蹴る、刺す、鉄パイプを振り回す、みたいなアクションです。
この辺りの演技はスピード感が大事だと感じたので、単に暴力的なシーンというよりはテンポ感とアクションのキレが出せるように意識しました。指をスパッと切り落とす場面など、「シュッ」と切り裂く動きなどを練習していました。

押切蓮介原作、映画『ミスミソウ』主演山田杏奈さんインタビュー
―憎悪や復讐心の膨らませ方について-
復讐心や憎悪という心境を作る時は、実際に両親が殺されたらとか、そういうことをイメージして気持ちを膨らませながら心をもっていきました。「声が出なくなる」シーンなどは特に大変だったのですが、監督がまずやって見せてくれて再現もしてくれるので想像しやすかったです。「叫ぶ」シーンなども全部監督がやって見せてくれました。とにかく、監督のおかげでうまく表現出来たと思っています。


―特に印象に残るシーンや難しかったシーンはどこですか?
復讐していく時は淡々と復讐していくのですが、相場君との距離感は少し難しくて、自分が復讐していることへの罪悪を感じる場面もありました。でも、そこは復讐している時にはあまり表に出さないようにしていました。
―唯一の理解者「相場君」の意外な展開について―
春花が相場君の本性を理解するのは最後の最後なので、最初からそのシーンは意識せずに演じていました。周りがみんな敵だらけの中で、相場君だけが味方だって信じていた気持ちがあるので、本当はこの人とずっと一緒にいれたら、それが一番じゃないですか! 春花の中で認めたくない気持ちは最後まであったと思います。私自身も少し辛くなってしまって、何で?と思う部分があったり。それでもあのシーンの撮影が近づくにつれて、私自身春花の気持ちがどんどん理解できていくような感覚がありました。すごく想いの詰まった展開になっているので、是非劇場で観てください!


―映画を観る人に伝えたい想い―
田舎の何の変哲もない地域で暮らす一人一人はごく普通の人間なのに、愛情の裏返しや憎しみなどが重なって、あそこまで酷い惨劇になり、しかも人格まで変わってしまう。その背景には、例えば恋愛で抱える悩みや心の葛藤、人を憎む気持ち、様々な原因があるのだと思います。ただのバイオレンス的要素だけの映画ではなく、恋愛だったり、友情だったり、心の葛藤も意識して観ていただきたいですし、とても奥が深い映画だと思います。

押切蓮介原作、映画『ミスミソウ』主演山田杏奈さんインタビュー
―今後の抱負―
これまでは想像が出来ない役柄の経験はありませんでした。どこかしら自身に重ねることができたり、自分の経験を膨らませながら演じていくことが多かったです。例えばそんなことすらできない、経験とは全く無関係なサイコパスの役など、今後は違う演じ方が必要な役柄にも挑戦してみたいと思っています!
<編集部より>
山田杏奈さんは、これほど凄惨な復讐劇を演じた春花役とは想像もつかないほど、済んだ瞳とまっすぐな気持ちを持った素敵な女優さんでした。このギャップは、山田さんが徹底的に春花役になりきって、春花の気持ちを本当に理解していたからこそ生まれるギャップなのかなと感じました。3月からMBS/TBSにて放送、6月23日には映画が公開される『わたしに××しなさい!』に出演、4月には本作『ミスミソウ』で映画初主演と、2018年も大注目の山田杏奈さんのさらなる活躍を心から応援しています!

押切蓮介原作、映画『ミスミソウ』主演山田杏奈さんインタビュー

◇ヘアメイク
横山雷志郎

◇スタイリスト
杉浦 優

◇衣装クレジット
・スカート2万9000円(税抜)
・アツシナカシマ(問シアンPR /TEL?03-6662-5525)
・そのほかスタイリスト私物


―経歴―
2011年「ちゃおガール☆2011オーディション」でグランプリを受賞し、デビュー。2016年には『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で映画初出演を果たす。週刊プレイボーイ2017年1月23日号にて、2017年注目する8人「スゴカワ2017」として特集される。これまでの主な出演作にNHK大河ドラマ「花燃ゆ」(2015)、連続ドラマW「北斗-ある殺人者の回心-」(2017)、連続ドラマW「アキラとあきら」(2017)、NTV「先に生まれただけの僕」(2017)、映画「あゝ荒野」(2017)など。2018年、『ミスミソウ』で映画初主演。


■ 押切蓮介原作、映画『ミスミソウ』主演山田杏奈さんインタビュー
http://tokushu.eiga-log.com/interview/6160.html

■ 映画『ミスミソウ』から山田杏奈・清水尋也・大谷凜香、原作者押切蓮介さんのコメントをご紹介!!
http://tokushu.eiga-log.com/new/4811.html

■ 山田杏奈 主演映画『ミスミソウ』完成披露イベントレポート
http://tokushu.eiga-log.com/new/5616.html

■ 映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化
http://tokushu.eiga-log.com/featured-movie/4801.html


私は、家族を焼き殺された。
卒業まであと2ヶ月、私ね、人を殺したの。

映画『ミスミソウ』から山田杏奈・清水尋也・大谷凜香、原作者押切蓮介さんのコメントをご紹介!!
【イントロダクション】
今、最も勢いのある女優として注目を集めている若手の一人・山田杏奈が映画初主演を射止めた!主人公・春花を学校で支えている唯一の味方・相場晄役を、映画「渇き。」、「ちはやふる 上の句/下の句」など、話題作に立て続け に出演している大注目の若手俳優・清水尋也が演じる!

映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

「ライチ☆光クラブ」「先生を流産させる会」など少年少女を主人公としたクライムサスペンスの名手・内藤瑛亮監督の最高傑作! 雪に覆われた過疎の町。逃げ場のない抑圧された環境の中、虐待、いじめなど様々なトラウマを抱えた人々の感情が複雑に交錯し、ある日、壮絶な悲劇が起きた―。

映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
【ストーリー】
東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。

映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。

やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

■ 映画ミスミソウ予告動画

■ 監督
内藤瑛亮

■ キャスト
山田杏奈
清水尋也
大谷凜香
大塚れな
中田青渚
紺野彩夏

■ 原作
押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』(双葉社刊)

■ コピーライト
c2017「ミスミソウ」製作委員会

■ 公式ホームページ
http://misumisou-movie.com/

■ 公開表記
2018.4.7 [土] より 新宿バルト9ほか全国ロードショー!


【原作】


ミスミソウ完全版 作者名:押切蓮介
BookLive!


電子書籍ストアBookLive!で試し読み

 


■ 注目の映画『ミスミソウ』内藤瑛亮監督インタビュー 伝説のコミックを実写化!!
http://tokushu.eiga-log.com/interview/5777.html

■ 映画『ミスミソウ』から山田杏奈・清水尋也・大谷凜香、原作者押切蓮介さんのコメントをご紹介!!
http://tokushu.eiga-log.com/new/4811.html

■ 山田杏奈 主演映画『ミスミソウ』完成披露イベントレポート
http://tokushu.eiga-log.com/new/5616.html

■ 内藤監督編集、映画『ミスミソウ』特別映像解禁!蘇る残虐な”赤”
http://tokushu.eiga-log.com/new/6552.html

■ 話題の映画『ミスミソウ』ミニシアターランキング2位 大ヒット祝い★山田杏奈★メイキング写真
http://tokushu.eiga-log.com/new/6472.html

■ 山田杏奈初主演 映画『ミスミソウ』解説つき名場面集
http://tokushu.eiga-log.com/new/6278.html






※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
・この映画を観てすぐに頭に浮かんだ言葉が「人間失格」でした。かつて、ここまで「残酷」で「凄惨」な”イジメ”を表現した映画を観た記憶がありません。

自分にのみならず、自分の家族にまで及ぶ悪質で残酷なイジメは、ついに最悪の結末を迎えてしまう。ここから始まる少女(主人公)の報復は、彼女が負った深く激しい怒りの現れだろう・・。あまりに激しい報復行為にどこまで目を開けていられるでしょうか。そして、目をそむけずに観ていられるでしょうか。

学校は”こと”なかれ主義、誰かを頼ることも出来ない移住家族、そして閉鎖的で外の人間を受け入れない、地方ならではの体質。(映画の設定上)さらに味方だと思っていた唯一の人物の思わぬ変貌と展開・・。

どんどんエスカレートするイジメの果てに両親まで焼き殺されてしまう彼女の気持ち、、怒り。相応しい言葉が見つからない程、インパクトの強い映画「ミスミソウ」は、イジメ体質をもう一度考え直す良いきっかけになるのではないでしょうか。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  3. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  4. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  5. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  6. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  7. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る