映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!』エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像

映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!』エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像

『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズのアードマン・アニメーションズ、最新作にして最高傑作!!

映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!』エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像

【ニュース内容】
今回解禁される映像では、主⼈公の原始⼈・ダグを演じるエディが、ブロンズ・エイジ・シティの住⼈・グーナ(メイジー・ウィリアムズ)、ニック・パーク監督と⼀緒に、⾝体全体を使って、主⼈公・ダグを熱演する様⼦が捉えられています。アフレコのシーンは、練習⽤のサッカーボールを⼿に⼊れるためにブロンズ・エイジ・シティのサッカー競技場に潜⼊したダグがグーナと出会うが、競技場に潜⼊したことがバレてしまい、⼤慌てで⼀緒に逃げ出すシーン。

映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!』エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像

ユーモア溢れるこのシーンを⾝振り・⼿振りを交えながら何度も同じシーンにチャレンジ、終了後には監督とともに冗談を⾔い合うエディの素顔が垣間⾒えるシーンも!物語の舞台は先史時代。原始⼈アーリーマンダグとその仲間たちが、暴君ヌース卿に奪われた⼤切な故郷を取り返すため、サッカ
ーで戦いに挑む。果たしてダグたちは強敵を相⼿に試合に勝つことができるのか――!?槍をボールに持ちかえた”アーリーマン(原始⼈)イレブン”の笑いと感動のエキサイティングな⼤冒険!

映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!』エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像

ヴォイスキャストには、主⼈公ダグをエディ・レッドメイン、暴君ヌース卿をトム・ヒドルストン、部族の⻑⽼ボブナーをティモシー・スポールが務めるなど英国のオールスターキャストが名を連ねた、アードマン・アニメーションズの最⾼技術を結集し、過去作を超えるアクションと躍動感を楽しめる1 作!粘⼟の⾵合いと温かみはそのままに、ストップモーション・アニメーションの限界を超えた究極のエンターテイメントです。

映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!』エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像

【あらすじ】
むかしむかし、太古のむかし。まだマンモスがいた頃のお話。勇敢な少年ダグ(声:エディ・レッドメイン)は、ユーモラスな部族のメンバーとブタで相棒のホグノブ(声:ニック・パーク)と⼀緒に⼩さな⾕間で平和に暮らしていた。しかしある⽇、ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿(声:トム・ヒドルストン)が、⾕で採れる⻘銅を奪うため軍隊を引き連れて侵攻してきた。

【エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像】

故郷を追われたダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されている“サッカー”と呼ばれるスポーツでヌース卿に対抗すべく、チームを作って特訓に励む。果たしてダグたちは愛すべき故郷(ホーム)を取り」戻すことができるのか・・・?!

映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!』エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック!

映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!』エディ・レッドメインが全身で絶叫!アフレコ映像

 友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  5. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  6. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  7. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る