武田梨奈「ジャッキーにボコボコにされたい」

武田梨奈「ジャッキーにボコボコにされたい」

『プロジェクトV』公開直前
私たちの大好きなジャッキー・チェン集大成スペシャルトーク

『ラッシュアワー』シリーズや『ベスト・キッド』などヒット作を多数出演し、2016年にはアカデミー賞名誉賞を受賞した世界的アクションスター、ジャッキー・チェン主演最新作『プロジェクトV』がついに5月7日(金)より全国ロードショーされる。

ジャッキー・チェン、驚異の身体能力

御年65歳(現在67歳)とは思えない驚異の身体能力を見せるジャッキー・チェンの最新作となる本作は、ロンドン、アフリカ、ドバイなど世界各国を舞台に危機に立ち向かう、国際保安警備会社“ヴァンガード“を描くアクション超大作。

あの『ポリス・ストーリー3』(92)、『レッド・ブロンクス』(95)の盟友スタンリー・トン監督との最強タッグが再結成。アメリカ、ロシア、中国などでは1000を超えるスクリーンが用意され、イギリス、インド、韓国、シンガポール、マレーシア、アラブ首長国連邦など異例の全世界規模での拡大公開が実現。各国でオープニング興行収入第1位を記録し、現在2020年公開作品世界第13位(Box Office Mojo 12/31調べ)、全世界TOP15入りは「ベスト・キッド」以来10年ぶりの快挙となる。ジャッキーアクション集大成と言える本作は、ファンのみならず目が離せない!

代官山蔦屋書店では、4月22日(木)~5月19日(木)まで「私たちの大好きなジャッキー・チェン」展が開催中

本展では JETLINK製『クレージーモンキー 笑拳』公式 T シャツや映画ソフト、書籍、ポートレートなどの販売会に加えて、本人直筆の超貴重なサイン色紙、ここでしか見られないポスターサイズの写真を展示している。

その会場にてジャッキー・チェン主演最新作『プロジェクトV』l公開を直前に控え、改めてジャッキー・チェンの魅力、67歳になったジャッキー最新集大成映画『プロジェクトV』の魅力、これまでのジャッキー・チェンにまつわるエピソードを女優・武田梨奈さん、本人公認のモノマネ・ジャッキーちゃん、さらには香港映画、アジア映画大好きな映画パーソナリティーの伊藤さとりさんをMCに迎え、ジャッキー・チェンを熱く語ってもらうスペシャルトークイベントが実施されました。

私たちの大好きなジャッキー・チェン 集大成スペシャルトーク

『キック・ガール!』『KG カラテガール』にて主演を務め、アクション女優として唯一無二の存在となっている武田梨奈とジャッキー・チェン本人公認のモノマネ芸人ジャッキーちゃん、自他共に認める大のジャッキーファンのお2人が登壇した。

武田梨奈「ジャッキーにボコボコにされたい」

武田は「ジャッキー・チェンの新作がまた公開されるということで、見る前から本当にドキドキしていました。早く劇場で観たい気持ちがいっぱいです。」と挨拶した。

吹き替え版も出来るよう日々、鍛錬しているというジャッキーちゃんは「日本のみなさん、こんにちは!ぼくはジャッキーちゃんです!」と日本語を話すジャッキー・チェンのモノマネで挨拶した。

ジャッキー・チェンが好きになった理由を聞かれ、武田は「最初は保育園の時、父が元々ジャッキー・チェンさん好きで『酔拳2』をみてどっぷりハマって弟と父とジャッキー・チェンごっこをしていましたね。実際に会ったことはないのですが、遠目で舞台挨拶をみたり、香港に行ったときジャッキー・チェンの事務所にプロフィール持って行ったりとか、数年前に上海のジェッキー・チェン映画博物館行ったりとか、もうほんとにただのファンです!女優をしていてアクションやるきっかけもジャッキーさんの影響でした。14歳の時にアクション女優を目指すオーディションを受けました。」と語ると、ジャッキーちゃんは「僕、まだ上海行ってない!」と羨ましそうすると、ジャッキーちゃんはご本人と会った時のことを聞かれると「ドッキリ仕掛けられました!出会い方は大変でした。その時、僕今みたいに汗かいてて、ジャッキーさんが「ダイジョブ?ダイジョブ?」と手で仰いでくれたり、扇風機も持ってきてくれたり、とっても優しい人でした。その時の日本のスタッフはなんもケアしてくれなかったけどね(笑)。そのままインタビューすることになって、とっても驚いたけど、楽しいひと時でした。」と当時を振り返った。

武田梨奈「ジャッキーにボコボコにされたい」

ジャッキー作品の思い出を聞かれると、武田は「弟とお茶やお水を使って酔拳ごっこをしていました。いつか二十歳になってお酒を飲むことが楽しみだったのは『酔拳』の影響があったからですね。鍛錬のシーンところもいいところですよね。」ジャッキーちゃん「僕は初めて見たのは『スネーキーモンキー蛇拳』。観た次の日からそのモノマネしてましたね。『少林寺木人拳』の時だけ似てるからってジャッキー役をやってましたね。一緒に遊んでいた友達をボコボコにしてました(笑)」

また、一番好きなジャッキー作品を聞かれると、武田は「一番難しい質問ですね…自分がアクションをする上ですごく参考になったのが『スパルタンX』なんです。『スパルタンX』はジャッキー・チェンとベニー・ユキーデの1対1のシーンがものすごく好きで、本物同士でしか出せない距離感が、私自身アクションをやるようになって、ほんとにすごいんだなって改めて実感しました。」と作品の魅力とともに熱弁した。対して、ジャッキーちゃんには一番好きな作品の一番好きなシーンを声に出さずジェスチャーで再現し、それを武田に当ててもらうクイズ形式となった。ジャッキーちゃんはいたずらするような顔で敬礼をすると、武田はその動作で確信したのか、『プロジェクトA!』と回答し見事にクイズを当てた。

落ち着いたところで、2人にジャッキー・チェン最新作『プロジェクトV』の感想を聞く、武田は「本作はアクションだけじゃなくて、役に対しての重みがあって、その中でするアクションが今まで見てきたジャッキー映画とは違ったカッコよさがあってしびれますね。どんどんいろんなことが進化していくジャッキー・チェンにより尊敬が深まりました。今回もかっこいいんですけどチャーミングなんです。危険なアクションもあったんですが、エンドロールも見応えがあって、最初から最後まで楽しめる作品でした。」と話した。ジャッキーちゃんは「今回、若手をフューチャーしたシーンがたくさんあって、数年前にインタビューした時に、「映画界のために尽力します。そして、若手育成も僕の義務です。」と答えていて、『ライジングドラゴン』以降、若手に力を入れているのが今回も思えたね。」あとね、『ファイナルプロジェクト』でも共演していたジャクソン・ルーさんと並んでいたシーンは堪らなかった。スタンリー・トンさんを調べてから観ても面白いです。武田「ジャッキー作品は周りのキャストとかもチャーミングに描いていて、ジャッキー・チェンが考えていられるんだなと思いましたね」ジャッキーちゃん「女優さんも魅力的でムチミヤさんもそうですけど、シュ・ルオハンちゃんは日本受けするかわいい子ですよね。SNSあるか調べちゃいました。若手も注目の映画ですね。」

さらに、ジャッキー・チェンと共演したらどのような役を演じたいか聞かれると、武田は「ジャッキー・チェンと戦いたいと思ってましたけど、弟子役をやってみたいです。できたらボコボコにされたいです。」と微笑ましく語ると、ジャッキーちゃんは「ほんと少しだけ出れればいいです。鏡に映ったジャッキー役なんかでいいから少し出演したい。アクションはおこがましい、おこがましい。(笑)」とジャッキーちゃんならではの役どころを希望した。

武田梨奈「ジャッキーにボコボコにされたい」

さらに、武田さんへプレゼントとして本作の公開を記念してTOHOシネマズ一部劇場で公式としては初となる“ジャッキーちゃんのアクリルキーホルダー”が発売することが決定したという。実物をみた武田は「かわいい!」と絶賛し、ジャッキーちゃんは「ほんとに売られるのか、またドッキリじゃないか怪しんでます(笑)」

イベントの最後に本作の大ヒット祈願として『プロジェクトV』の名場面をジャッキーちゃんが披露した。ジャッキー声優である石丸博也の声真似で「プロジェクトVを決行する!!」、車を乗って叫ぶ「捕まってろ~!!」と本予告にも映る本作の名シーンを見事に披露。来週末に公開が控えた本作へむけた豪華イベントとなった。

『プロジェクトV』予告編映像

キャスト

ジャッキー・チェン
ヤン・ヤン
アレン
ムチミヤ
シュ・ルオハン
ジュー・ジャンティン
ジャクソン・ルー

監督

スタンリー・トン『ポリス・ストーリー3』『レッド・ブロンクス』

2020年/中国/広東語/107分/5.1ch/シネスコ
日本語字幕:小木曽三希子
原題:急先鋒
英題:Vanguard
配給:ツイン
公式HP:https://projectv.jp/
©2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

5月7日(金)全国ロードショー

友だち追加

1
コメント

avatar
1 コメント数
0 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
1 コメント者数
素人カメラマン 最近のコメント
新しい順 古い順
素人カメラマン
素人カメラマン

写真ヘタクソ過ぎるだろw

0

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. アジア系女性初の快挙!映画『ノマドランド』第78回ゴールデングローブ賞4部門ノミネート!
    フランシス・マクドーマンド主演 賞レース大注目作品! 賞レースを席捲する数多くの名作を世に送り出…
  3. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  4. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  5. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  6. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  7. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る