映画『いつだってやめられる 10人の怒イカれる教授たち』本編特別映像解禁

映画『いつだってやめられる 10人の怒イカれる教授たち』本編特別映像解禁
Pocket
LINEで送る

頭キレキレ!!落ちこぼれインテリが集まるとこうなる――
本編映像が公開!!

【ニュース】
抱腹絶倒の大ヒット風刺コメディが遂に日本上陸! 落ちこぼれインテリが集結。頭脳フル回転の逆襲が始まる!!2009年にギリシャで始まった欧州危機はイタリアにも拡大。ユーロ圏の深刻な不況はローマの大学研究者たちにも影響を及ぼし解雇者が続出した。そうした学究の道を断たれ社会から弾き出された研究者たちが、その頭脳を使って社会を欺き、鬱屈した日常をぶっ飛ばすイタリア発の痛快な風刺コメディ。

イタリアの若き才能シドニー・シビリア監督は自身の経験も交え、社会の片隅に追いやられている人々と、現代社会の抱えている問題をユーモアと皮肉を込め、コメディ作品として描き出した。主人公の神経生物学者ピエトロ・ズィンニを演じるのは、日本での大ヒットも記憶に新しい『おとなの事情』のエドアルド・レオ。また、イタリア映画界を代表する名匠M.ベロッキオ、P.ヴィルズィからも厚い信頼を得てきたルイジ・ロ・カーショが作品に重厚感を与えている。

【本編の特別映像が公開】
生活のために合法ドラッグの製造に打ちこんだことにより捕まったピエトロ・ズィンニをはじめとするスーパーインテリ集団。彼らは前科の帳消しを条件に蔓延するドラッグの取り締まりを命じられる。押収したドラッグの成分を分析し、出所を突き止めていく中、ある場所が浮かび上がる。製造阻止に向けズィンニは、<古典考古学者>のアルトゥーロ、<動学マクロ経済学者>のバルトロメオ、<理論解剖学者>のジュリオ、<解釈論的記号学者>のマッティア、そして<ラテン碑銘学者>のジョルジョを引き連れて倉庫へ向かう。

しかしいざ突入しようとしても、ずば抜けた頭脳ゆえにそれぞれの主張が衝突し作戦がなかなか進まない・・・・。そんな個性的でマニアックな分野の彼らをシドニー・シビリア監督は「いままで聞いたこともない分野ばかりだろうけど、みんな実際に存在している学問なんだ。大学に行って、それぞれの学者に会ってリサーチした。だから彼らがセリフとして話す内容もすべて事実に沿ってる。本当に頭のいい人ってのは、僕たちの想像をはるかに超えてたよ(笑)話を聞いているととても面白くて、それがこの作品で少しでも伝わってくれたらと思う。」と明かす。





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  2. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  3. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  4. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  5. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  6. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  7. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る