映画『女と男の観覧車』公開記念 ウディ・アレン特集上映
Pocket
LINEで送る

1950年代、コニーアイランド。遊園地で働く女の前に音信不通だった、夫の娘が現れた。
その日から彼女の何かが狂い始める──

【ニュース】
数々の名作を生み出し、アカデミー賞©で作品賞1回、監督賞1回、脚本賞3回を受賞している巨匠ウディ・アレン監督の、ロマンティックでちょっとビターな人生ドラマの数々をスクリーンで観ることができる、「女と男の観覧車」公開記念 ウディ・アレン特集上映 が新宿ピカデリーにて開催されることが決定!

◆ウディ・アレン特集上映
<日程> 6月18日(月)〜22日(金)
<場所> 新宿ピカデリー
*劇場HP、公式サイトにて詳細を発表します。

・上映スケジュール発表 6月12日(火)予定
・チケット販売
  
劇場HP :6月15日(金)18:00〜
劇場窓口 :6月16日(土)劇場オープンから
料金 :一律1100円(税込)

【ストーリー】
時は1950年代、主人公のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、元女優で、今はコニーアイランドの遊園地にあるレストランで、ウェイトレスとして働いている。再婚同士で結ばれた、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)、そして自身の連れ子と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指すミッキーとの未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める──。

■ 予告動画

■ 監督/脚本
ウディ・アレン『カフェ・ソサエティ』『ミッドナイト・イン・パリ』

■ 出演
ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』『タイタニック』
ジャスティン・ティンバーレイク『ステイ・フレンズ』『TIME/タイム』
ジュノー・テンプル『リトル・バード164マイルの恋』『トランストリップ』
ジム・ベルーシ『K-9/友情に輝く星』『ゴーストライター』

2017年/アメリカ/英語/カラー/101分/アメリカンビスタ

■ 原題
WONDER WHEEL

■ コピーライト
Photo by Jessica Miglio © 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  2. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  3. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  4. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  5. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  6. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…
  7. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る