完璧に再現された70年代の街並み『ベル・エポックでもう一度』本編映像

ベル・エポックでもう一度

一風変わった旅行気分を味わえる本編映像解禁!

第72回カンヌ国際映画祭正式出品作品、フランス映画界のトップに立ち続けるダニエル・オートゥイユ主演最新作『ベル・エポックでもう一度』が、6月12日よりシネスイッチ銀座ほか公開。このたび、本編映像を解禁いたします。

5月16日は、旅の日。松尾芭蕉が奥の細道に旅立った5月16日(陰暦元禄2年3月27日)が由来とされている。

気軽に旅行することもままならないこのご時世に、国境も時空も超えた旅行気分を味わえる本編映像が解禁。解禁となった映像は、戻りたい過去を映画撮影セットに再現する体験型エンターテインメントサービス<タイムトラベルサービス>によって、主人公のヴィクトルが1974年5月16日のフランス・リヨンに旅立つシーン。

ベル・エポックでもう一度

当時の参考資料としてイラストを見せながら念入りに下準備する様子や、その様子を意味深に見つめる男の姿も映し出されている。撮影スタジオのような場所では、様々な時代の衣装を身にまとった人々の姿も。期待と不安が入り混じったような表情で薄暗い通路を抜けると、そこには今はなき想い出のホテルが。「このホテルは80年代に廃業した。まるで本物だ」と、完璧に再現された70年代当時の街並みや衣装に感動するヴィクトル。

ベル・エポックでもう一度

ニコラ・ブドス監督は、「ヴィクトルは、最初は過ぎ去った日々へのノスタルジアだけを抱えているけれど、やがて天職を見つけ、恋に落ち、楽しく過ごしていた魅力的な自分を取り戻そうとするうちに、今の時代と向き合う強さを見出す」と、現代社会に疲れきった人々が笑顔を取り戻す物語でもあると語っている

『ベル・エポックでもう一度』本編映像

あらすじ

職を失い妻にも見放された、元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。ある日、映画撮影セットに過去を再現する、体験型エンターテイメントサービス〈タイムトラベルサービス〉をプレゼントされた彼は、「1974年5月16日のリヨン」の再現をリクエストする。完璧に蘇った”あの日のあの場所“で〈運命の女性〉と再会した彼は、輝かしき日々の再体験に夢中になり、延長のために妻に内緒で全財産を注ぎ込んでしまう。しかし、そんな彼を思いがけない出来事が待ち受けていた―

キャスト

ダニエル・オートゥイユ
ギョーム・カネ
ドリア・ティリエ
ファニー・アルダン
ピエール・アルディティ
ドゥニ・ポダリデス

監督・脚本・音楽

ニコラ・ブドス

2019年|フランス|カラー|シネスコ|DCP|5.1ch|115分|字幕翻訳:横井和子|原題:LA BELLE ÉPOQUE|R15|

配給:キノフィルムズ
公式HP:https://www.lbe-movie.jp
©2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

6月12日(土)
シネスイッチ銀座ほか公開

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画のさりの島
    “やさしい嘘”が生み出した、おとぎ話のような一瞬の時間 2019年ミニシアターファンの心を捉え大ヒ…
  2. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  3. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  6. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  7. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る