Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

虫with山崎努&樹木希林!映画『モリのいる場所』爆笑トークイベントレポート

Pocket
LINEで送る

5月22日(火)渋谷のユーロスペースにて、山崎努さん演じる画家・熊谷守一と樹木希林さん演じる妻の絶妙な関係が話題となっている映画『モリのいる場所』のトークショーが行われました。ゲストとして、本作品の沖田修一監督と、こちらも現在映画『孤狼の血』が大ヒット上映中の白石和彌監督が登壇し、二人の息がぴったり合った爆笑トークに会場は大いに盛り上がりました。

映画祭で出会い、その後Netflixオリジナルドラマ『火花』(2016年)でお互い2話ずつ監督を務めたことなどから親交を深めたお二人。白石監督作品『サニー/32』(2018年)では、“沖田修一とアモーレスターズ”という謎の音楽ユニットとして沖田監督がラップ曲を担当するなど特別な絆で結ばれています。公開中のお互いの新作についてコメントを求められ、

「本当に笑いました。横の若いカップルの反応もすごく楽しみました。勇気というか、正しいいことに夢中で、普通は通り過ぎるようなことを絶対にやってくれる。どこまで話していいのか。役所広司さんが警察で30年間庭から出ていないという映画です!」(沖田監督

映画『モリのいる場所』沖田修一監督

「沖田監督の映画が大好きで、時間の使い方が贅沢だなと感じます。まさに沖田監督の真骨頂。ウインナーを潰して汁が飛ぶとか」(白石監督

映画『孤狼の血』白石和彌監督

とお互い見事に会場の笑いを誘いました。

そしてトークはさらにヒートアップ!

白石監督:ほっておくと老人とか、おばちゃんを撮っていますよね?

沖田監督:性癖とか言われてます(笑)。当然かわいい若い女の子も魅力があるし、撮りたい気持ちはあります。でも、そういう映画は多いので、こういう映画があってもいいのではという発想はあります。山崎努さんのドアップをスクリーンで見る機会はなかなかないでしょうし、それを後ろから観察してニヤッとするみたいな部分を自分は持ち合わせています。蝶々を追いかけている山崎さんとか、本当に魅力的でしょ。今まで見てきた山崎さんや樹木さんへの尊敬はありつつ、”自分は何をやっているんだろう”みたいな面白さは追及しています」

白石監督:これだけ大ベテランが二人いらして、気を使うでしょう?

沖田監督:それ僕も聞きたかったです。

白石監督:僕は気を使うタイプなので、一人で手一杯です。それが今回お二人でしょう。脚本書いた時点で、二人にせざるを得ないけど、その辺はどうでした?

映画『孤狼の血』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

©2018「孤狼の血」製作委員会

沖田監督:衣装合わせでは多少ビビっていても、現場ではスイッチが入りますし、お二人とも僕の相撲を取らせてくれるというか、どんな要求にも応じてくれました。カエルが跳んできて、山崎さんの顔があるというあのシーンもこだわっていて、絶対にやりたくて。山崎さんも何でお前がそんなにやりたいのかわからないと言いつつ、しっかり演じてくれました。

映画『モリのいる場所』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

(c)2017「モリのいる場所」製作委員会

白石監督:テイク重ねたの?

沖田監督:結構準備をしたので、実際はカエルの都合です。山崎さん樹木さんがいるのに、その上にカエルがいるような不思議な状況です。

白石監督:火花の時も撮影が深夜に及んでいるのに、最後は虫が笑っている絵をとっていましたよね?

沖田監督:漫才で普通笑わないものまで笑うということで、てんとう虫が笑っているシーンを使いました。100人位のエキストラの方をバックに。

白石監督:むしろ、(老人よりも)虫に行っちゃう人だったのね。虫with山崎努さん、樹木希林さんだったのね。でも、コントロール不能だからこそ、そのシーンを撮るためにスタッフもみんな団結するみたいなの部分はありますよね。

沖田監督:『孤狼の血』も豚が沢山出てくるんですけど、どうでした?

白石監督:虫よりは友達になれますよ。彼らはご飯を食べると19時頃に寝てしまうんです。こっちは23時頃まで撮影が続くので、登場シーンになると「本番ですよ」を起こすんですが、2日目くらいには「本番」と言いかけたくらいで起きてくれましたよ。

(会場爆笑)

この日集まったファンは映画『モリのいる場所』で沢山笑い、沖田監督&白石監督の爆笑トークでさらに笑い、大満足のイベントとなりました。『モリのいる場所』、『孤狼の血』はそれぞれ大ヒット上映中!なお、本日5月23日(水)は沖田監督&カメラマン弟子役の吉村界人さんトークショー、明日5月24日(木)は沖田監督&牛尾憲輔さん(本作音楽担当)のトークショーも開催されます。詳細はユーロスペースHPをご確認下さい。
【作品紹介】
昭和49年。結婚52年目の画家とその妻の、夏の1日。草木が生い茂る庭に寝そべり、せわしなく動きまわる蟻をじっと見つめる老人。ぼさぼさの白髪に長く伸びたヒゲ、まるで仙人のよう。1977年に97歳で亡くなった画家・熊谷守一。その晩年の日常を描いた本作は、名声欲とも金銭欲とも無縁にひたすら好きなことだけを心のままに追いつづけてきた、超然として奥深くも愛らしい人間性を浮き彫りにする。

94歳のモリは、30年間ほとんど、家の外へ出ることなく、庭のちいさな生命たちを飽くことなく眺め、絵を描いてきた。今も毎晩「学校」と呼ぶ画室で筆をとる。昼間、さまざまな訪問客たちで茶の間は賑わい、モリが「かあちゃん」と呼ぶ妻の秀子が客たちの相手をする。庭には無数の生命が暮らしていて、築40年以上の木造家屋の縁側には鳥籠がいくつも並ぶ。ちゃぶ台、縁側、黒電話。ふいに客がやって来て、お茶を飲んでいく。

人と人との距離が今よりも近く感じられる昭和の暮らしと、50年以上をともに過ごしてきた老夫婦の絆、心豊かに充足した人生が、ある夏の1日のなかで味わい深くユーモラスに描かれていく。
■ 予告編

■ 監督・脚本
沖田修一
■ 出演
山﨑努
樹木希林
加瀬亮
吉村界人
光石研
青木崇高
吹越満
池谷のぶえ
きたろう
林与一
三上博史
■ 公式ホームページ
mori-movie.com
■ コピーライト
(c)2017「モリのいる場所」製作委員会
※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『モリのいる場所』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」


関連記事

コメントは利用できません。

大ヒット上映中『ムタフカズ』

注目映画

  1. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  2. ■作品紹介 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物…
  3. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  4. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  5. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  6. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  7. ■作品紹介 双子では、ありません。 原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。 …

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る