篠原ゆき子と倉科カナ純白ドレスで公開祈る!!『女たち』トークショー

女たち

笠井「技のデパートならぬ“泣きのデパート“なんです」と絶賛

6月1日(火)に公開延期となった映画『女たち』。本作が無事に観客の皆様に届くようと祈りをこめて、5月21日(金)本作の主人公・美咲を演じた篠原ゆき子と、その親友・香織を演じた倉科カナ、スペシャルMCに笠井信輔が登壇、『女たち』公開祈念プレミアムトークショーを実施しました!
女たち

篠原「日本、世界にもたくさんいるであろう一人の女性」

笠井の「イベントタイトルのキネンという字がいつもの記念とは違うんです。6月1日に無事公開できますようにと願いを込めるという意味の祈念で、35年ほど映画のイベントに携わっていますが、初めてのことです。」とコロナ禍で惜しまれる映画館休館に寂しさを見せた前置きの後、主人公・雨宮美咲を演じた篠原ゆき子、美咲の親友・香織を演じた倉科カナが登場し、イベントはスタート。

女たち
まず最初にキャストそれぞれから一言ずつ挨拶。篠原は「雨宮美咲はとある田舎に住む40歳、パートタイムで働き、親の介護をしながら一生懸命に暮らしているという、日本、世界にもたくさんいるであろう一人の女性です。」と本作での美咲の役どころを丁寧に説明し、劇中では見せることのない笑顔で話した。

女たち
続いて、倉科は「養蜂家を営んでいて心に闇を抱えている女性を演じてます。」と満面の笑みで挨拶した。スペシャルMCの笠井は「シンプルな『女たち』というタイトルですが、作品は凄まじく強烈なんです。ものすごい映画だと思いました。女たちが壊れていく、精神が崩壊していく様を演じる女優たちの魂のぶつかり合いが“精神的格闘映画”のように感じた。」と、作品を絶賛しながらウィットに富んだ表現で会場を和やかな雰囲気にさせた。

女たち
キャストの挨拶を終え、トークパートがスタートしオファーを受けた際のお話しに。「オファーというよりかは、現場でご一緒した奥山さんに突然「篠原さん主演で映画撮ろうよ。」と言われ、お願いします!と言いつつも、当初は本当の話か半信半疑だった。初めて企画ゼロの段階から携わり本当に完成するのか、怖かったです。だから記者の方々の前で舞台に立てている光景が嘘みたい。」とにこやかな表情で話す篠原。

「天真爛漫なイメージだった倉科さんに直接お会いすると、この人闇あるかも!女としての痛み、笑顔で乗り越えてきた何かがあるのでは無いかと思った。」と倉科と香織の役に通ずるものを感じたという篠原の話は会場で盛り上がりを見せた。
続いては、共演者高畑淳子のトークに。倉科は、篠原と高畑の共演シーンを見て「ゴジラ対コングを彷彿とさせる、まさに怪演×怪演がぶつかりあっていて、これは相当なウェイトの撮影だったんだろうな。高畑さん、顔がもう高畑さんではなく別人だった。」と、三者交えて高畑の壮絶なお芝居、役作りに対して意見を交わした。

篠原も「飲みに行ったり人と関わるという、本来であればあるはずの息抜きの時間がないまま撮影は進み、ずっと美咲のまま群馬の富岡で暮らしていたので、1か月以上役と離れる時間が無く、円形脱毛症が出来ました。」とコロナ禍だからこその壮絶な体験を打ち明けた。

また、「モスクワ映画祭のオンライン記者会見時、現地記者の方が「本当にハンディキャップがある方なんですか?」と質問するほどリアルを追求した演技で、本読みの段階から凄まじかった。撮影の後半、役に入り込みすぎて美咲と自分・美津子と高畑さんの境界線が曖昧になってしまい、高畑さんが普段のように話しかけてくださったのに責められているような気持に陥り、泣いてしまった。」と役に入り込んだ女優たちの裏話も話した。

篠原は倉科が親友役を演じるにあたって、食事に誘ったそう。倉科はそのお誘いを「すごく行きたかったです。ですがコロナ禍というご時世もあり、話すとすぐに仲良くなってしまう性格のため、本作で仲良くなりすぎるのは本作のためにならない。」とお芝居に対する熱意を伺わせた。

トークも終盤、クライマックス・倉科演じる香織の10分間カメラ長回しのシーンのお話に。当初の脚本では“晴れ”の設定でしたがゲリラ豪雨に見舞われ映画史上屈指の名場面が撮れたという。倉科は「豪雨の中撮影しようと思ったのは、本作において天候や気候、環境がすべて力・味方になってくれていると感じていて、雨も味方してくれるのではないかと思ったから。」だと述懐。本シーンは雨のため、リハーサル無し・当初の脚本からも変更になっているため、衝動に任せて役を演じたという。

次の日に、倉科の太ももに身に覚えのない大きなあざができたという驚愕エピソードも披露。衝動に任せて演じた際に、ワイン瓶で足を殴ったものだったという。さらには酔った役の撮影のために、本物のワイン2本丸々空けたという裏話も。「髪を切ったことも、メディアに取り上げていただき、すごくうれしかったですが、それは役作りのためで、そんなに特別なことだと思っていなかった。すべてを受け入れてくれて、思い切ってぶつかれるこの組だからこそ実現できた。」と演技に対する想い、本作のへの熱い想いを語った。

涙を流す篠原「明日いいことがあるかしれないと思いながら生きてほしい。」

女たち

また、笠井の「今まで見たことのない篠原へとパワーアップしている。その人間になりきって、どんな泣き方でもできる。喜怒哀楽の泣き方を網羅していて技のデパートならぬ“泣きのデパート“なんです。本作の最後で鼻水を垂らしながら泣くシーンもあります。」という発言に倉科も「篠原さんの晒けだしている感じ、格好とかではなく心・パッションでお芝居している部分が格好いいし憧れる。」と篠原のお芝居を絶賛している。

最後に主演の篠原より「“祈念”という言葉の通り、コロナ禍で本当にこの作品も公開できるのか分からない状況で、世界にはシビアな状況な方々もたくさんいると思います。でも、もしかしたら明日はいいことがあるかもしれないし、私自身もこんな素敵な場所に立てると思っていなかった人生なので、もしかしたら明日いいことがあるかもしれないという想いをつなげてどうか生きていってほしいと思います。良かったら6/1劇場で『女たち』をご覧になってください。」と涙ぐみながら言葉を振り絞り、コロナ禍の苦境で生きる人々に向けた言葉で締めくくった。
女たち

映画『女たち』予告

あらすじ

主人公の美咲は、母の介護をしながら地域の学童保育所で働いている。東京の大学を卒業したものの、就職氷河期世代で希望する仕事に就くことができず、恋愛も結婚も、なにもかもがうまくいかず、40歳を目前にした独身女性である。

娘を否定しつづける毒母、そんな母に反発しながらも自分を認めてもらいたいと心の奥底で願う娘。そこに「介護」という現実がのしかかってくる。お互いに逃げ出したくても逃げ出せない。

あるとき、美咲が唯一心のよりどころとしている親友・香織が突然命を絶ち、いなくなってしまう。美咲にとって、養蜂家として自立する香織は憧れだった。美咲の心もポキリと折れ、崩壊へと向かっていく。

キャスト

篠原ゆき子
倉科カナ
高畑淳子
サヘル・ローズ
筒井茄奈子
窪塚俊介

監督・脚本

内田伸輝

【製作】奥山和由
【プロデューサー】木谷真規
【主題歌】荒木一郎 カバーバージョン:Little Black Dress(TOKYO RECORDS INC)
配給:シネメディア、チームオクヤマ
公式HP:https://onnatachi.official-movie.com/
Ⓒ「女たち」製作委員会
2021/日本/カラー/97分

6月1日(火)TOHOシネマズ シャンテ他全国公開!!

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  2. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  3. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  4. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  5. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  6. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  7. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る