北村匠海×今田美桜、真っすぐな想いが炸裂!『東京リベンジャーズ』キャラクターPV!

映画『東京リベンジャーズ』キャラクターPV(タケミチ:北村匠海×ヒナタ:今田美桜)

7週連続キャラクターPV解禁第1弾
“10年後、絶対に会いに行くから”

3月に累計発行部数1000万部を突破したばかりだが,重版に重版を重ね累計発行部数1600万部超!週刊少年マガジンで連載されるやいなや、かっこ良すぎる登場人物たちや、人生にリベンジするため過去に戻るたびに成長を遂げていく主人公タケミチの姿、共に力を合わせ立ち向かう熱い仲間たちとの絆、心揺さぶる名言の数々など、今最も男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス「東京卍リベンジャーズ」。その実写映画である『東京リベンジャーズ』7月9日に公開、2021年の夏を熱く盛り上げる!

キャラクター達の関係性描いたPV7週連続解禁!

フリーターとしてどん底の生活を送っていたタケミチ(北村)は、人生唯一の彼女だったヒナタが事故に巻き込まれて死亡したことをきっかけに、弱小不良だった高校時代にタイムリープ。彼女が死ぬ未来を変えるために奮闘することになる。

今回解禁となった映像では、現代のタケミチのだらしない姿やボコボコにされて土下座させられる弱小不良の姿などが次々と描かれ、挙句にタケミチは「俺みたいにどうしようもないやつが、何しろって言うんだよ!」と情けないセリフを叫ぶ。

そこに「だったら頑張って。それで10年後も私と一緒にいて」とヒナタが一括!ヒナタはタケミチのためなら東京卍曾、無敵の総長・マイキー(吉沢亮)に対しても臆することなくビンタを張るほど芯の強い女子。その強さと真っすぐな心に打たれたタケミチは、「ヒナにはぜってぇ手出すなよ」と自分より喧嘩の強い人間を前にしても怯まず啖呵を切り、どんどんボロボロになっていきながらも頼もしい姿になっていく。「10年後、絶対に会いに行くから」とヒナタに語り掛けるタケミチの姿は観る者の心を強く揺さぶる熱さに満ちており、2人が無事に現代で再会できるのか、物語の結末は是非劇場で確認して欲しい。

第1弾は主人公タケミチ(北村匠海)とヒロイン・ヒナタ(今田美桜)!!

劇中に登場するキャラクター達の魅力に迫るPVは7週連続、全7回AM7時に解禁することが決定(曜日は未定)。次は誰に注目した映像が解禁となるのか、是非ご期待頂きたい!

『東京リベンジャーズ』予告編映像

あらすじ

「これは、オレの人生のリベンジだ!」
ヘタレ男子のタケミチが、人生唯一の彼女・ヒナタを救うため、熱い仲間と共に現在(いま)を変える!!
人生唯一の彼女だったヒナタが、事故に巻き込まれ命を落とした―
不良だった高校までの絶頂期から一変、今はどん底生活を送るタケミチが高校時代へタイムリープし警察も手に負えない最凶の組織“東京卍會”へ潜入。
出会った熱い仲間たちと共に、彼らの暴走を止められるのか!?ヒナタを救い逃げ続けた人生を変えるタケミチのリベンジが今、始まる!

原作

和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」連載中)

キャスト

北村匠海
山田裕貴
杉野遥亮
今田美桜
鈴木伸之
眞栄田郷敦
清水尋也
磯村勇斗
間宮祥太朗
吉沢亮

監督

英勉

脚本

髙橋泉

主題歌

UPER BEAVER「名前を呼ぶよ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

配給:ワーナー・ブラザース映画
©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
公式サイト:tokyo-revengers.jp

7月9日(金)全国公開!!

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  4. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  5. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  6. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  7. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る