映画『HOKUSAI』今日から公開!!柳楽優弥・玉木宏・瀧本美織 出演!公開初日に豪華キャスト大集結!熱き想いを徹底トーク!

HOKUSAI,画像
※この映画はまだ評価がありません。

公開初日に豪華キャスト大集結!
熱き想いを徹底トーク!
柳楽優弥・玉木宏・瀧本美織 出演!
オンライントーク番組 生配信!
柳楽「今の時代にあって、
共感できる部分が沢山ある。」

代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が新千円札のデザインやパスポートに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト 葛飾北斎。ゴッホ、モネなど名だたる印象派アーティストたちに大きな影響を与え、米 LIFE 誌“この 1000 年で偉大な功績を残した 100 人”に選ばれた唯一の日本人です。この度、そんな北斎の知られざる生涯を初めて描く映画「HOKUSAI」が遂に本日、5 月 28 日(金)より劇場公開致しました。本作は、その人生に関する資料がほとんど残されていない北斎の生涯を、現存する資料や史実、作品が生まれた年代などを繋ぎ合わせて生まれたオリジナル・ストーリーで、今までほとんど語られる事のなかった青年時代の北斎をも描いています。

こんな時だからこそ劇場公開!公開初日に豪華キャスト大集結!
柳楽優弥・玉木宏・瀧本美織出演!オンライントークイベントの生配信をいたしました!

映画『HOKUSAI』が描くのは、流行り病や権力者による表現への弾圧など、決して自由とは言えない制約された状況でも、何ものにも屈せず、“自分らしさ”を貫き通した葛飾北斎の生き様。葛飾北斎は心を削られるような困難が起こっても、「こんな日だからこそ描く」と筆をとり続けます。コロナ禍の緊急事態宣言下で休館している劇場もある現在は、まさに本作にとって「こんな日」と言えますが、映画『HOKUSAI』で描かれる葛飾北斎やともに生きた人物たちの姿は、先の見えない不安が充満する今の世を生き抜く秘訣をきっと伝えられると思いますが、5 月 28 日(金)より心を込めて公開致します。
そんな本作の公開を記念し<今だからこそ映画『HOKUSAI』をニッポンに届けたいスペシャル!!>と題した、映画公式オンライントーク LIVE 番組を、公開初日の 5/28(金)20:00 より生配信いたしました!
番組では、主演として青年期の葛飾北斎役を演じた柳楽優弥、ライバルとして北斎に立ちはだかる美人画の大家・喜多川歌麿役の玉木宏、北斎を支えた妻・コト役の瀧本美織、本作のメガホンをとった橋本一監督ら豪華キャスト陣と監督が大集結しました!MC は映画プレゼンターとして活躍する赤ペン瀧川が務めました。
番組では、出演者から選ぶ私の好きな『HOKUSAI』イチ推シーン!!を紹介し、視聴者の方と一緒に視聴、撮影時のエピソードについて存分に語っていただきました!豪華キャスト達が集結し『HOKUSAI』の魅力をたっぷりとお伝えするトークイベントで公開初日を盛り上げました!

<番組概要>

【番 組 名】今だからこそ!映画『HOKUSAI』をニッポンに届けたいスペシャル!!
【配信日時】2021 年 5 ⽉ 28 日(⾦) 20:00〜21:00※生配信
【配信場所】番組アーカイブ https://www.youtube.com/user/MOVIEMARBIE/
【出 演 者】柳楽優弥/玉木宏/瀧本美織/橋本一監督
MC:赤ペン瀧川先生(俳優・映画プレゼンター)

イベントレポート

HOKUSAI,画像

孤高の絵師・葛飾北斎の知られざる生涯を初めて描く、映画『HOKUSAI』が本日ついに全国公開。同日には「今だからこそ映画『HOKUSAI』をニッポンに届けたいスペシャル!!」と題した映画公式オンライントーク LIVE イベントが行われ、本作で葛飾北斎の青年期を演じた主演の柳楽優弥、喜多川歌麿役の玉木宏、北斎の妻・コト役の瀧本美織、橋本一監督が参加した。
イベントでは、MC の赤ペン瀧川によるスライドを使用した「3 分でわかる『HOKUSAI』プレゼン」からスタート。「謎多き絵師・葛飾北斎」「レジェンド絵師大集合」「歩み続けた男の一生」などのワードから映画の魅力に迫った赤ペン瀧川のプレゼンに柳楽「最高でした!聞きやすくて改めて映画の魅力を感じた」玉木「補足なし!」瀧本「まるで1本の映画を観た気分!あ…それじゃダメか。皆さん映画を観てください!」と天然コメントで笑わせた。
また「超厳選!! 私の好きな『HOKUSAI』イチ推シーン!!」のコーナーでは、キャスト陣それぞれがお気に入りの場面を紹介。老年期の北斎(田中泯)が、青い絵具を手に雨中で舞う北斎ブルーが生まれたシーンを挙げた柳楽「北斎がようやくこの色に出会えたという喜びがダンスを交えて表現されているのはさすが」と一発本番で捉えられた田中の表現力を絶賛。玉木「見入ってしまうパワーを感じる」とたじろぎ、瀧本も「身震いしました。気迫がスゴイ」と目を丸くしていた。
青年期の北斎(柳楽)が、絵を描く意味を見出せずにもがき苦しみ、海に飛び入り生死の淵までたどり着いた後に、自分らしさを見出して波打ち際で砂に絵を描くシーンをピックアップしたのは玉木。このシーンに柳楽「最初に監督が率先して海に入ってくれて、その背中をキャストとスタッフがぽつんと見ていた。その瞬間に現場が団結した気がする」と回想。瀧本「私もこのシーンはお気に入りです」と明かした。
コト(瀧本)が青年期の北斎(柳楽)に子供を身篭ったことを告げるシーンをおススメに挙げた瀧本は、柳楽とのキスシーンもあることから「自分で選んでおきながら…恥ずかしい!」と赤面も「でもすごくいいシーン」と自信たっぷりにコメントを寄せた。ちなみにこのキスシーンは瀧本曰く「当初は台本にはなくて、撮影地の京都に着いた当日に監督と話し合って生れました」と知られざる舞台裏を紹介した。その相手役となった柳楽「このシーンには女性の強さを感じる。今の時代でも共感できる場面だと思います」と納得していた。
柳楽は、演じた北斎について「僕にとって北斎は憧れのアーティスト。圧倒的であり、アーティストの鏡のような人物。大尊敬。僕に勝てるところは何もない!」とリスペクト。一方、北斎のライバルである歌麿を演じた玉木「まさか歌麿を演じる機会があるとは…」と有名絵師役抜擢に驚きながらも「女性を描くことを得意としていた人なので、濡れ場に近いような気持ちで演じたところもある」と撮影時の心境を打ち明けた。
この日、緊急事態宣言が 6 ⽉ 20 日まで再延長されることが決まったが、東京での映画館の営業については休業要請から時短要請に切り替わった。これに橋本監督「これで上映館も増えますので、お近くの映画館で存分に作品を楽しんでほしい」と期待。瀧本「辛い状況はまだ続きますが、この映画はそんな状況をも乗り越えられるような生き抜く力をくれる作品」とアピール。玉木「こんな時だからこそ、この作品から力強いメッセージを感じてほしい」と祈願。主演の柳楽「今の時代にあって、共感できる部分が沢山ある。好きなことを突き詰めようとする北斎の人生を見て『HOKUSAI』バイブレーションをブルブルに感じてほしい!」と大ヒットに期待を込めていた。

イントロダクション

九十年の生涯で描いた作品三万点以上。孤高の絵師の生き様が、今初めて描かれる。
時は江戸。幕府によって表現者たちが自由を奪われていた時代に、自分の道を貫き、ひたすら画を描き続けた一人の絵師がいた。誰もが知る“あの波”を生み出した天才絵師、葛飾北斎である。ゴッホ、モネなど名だたる印象派アーティストたちを刺激し、今なお工芸、彫刻、音楽、建築、ファッション、デザインなどあらゆるジャンルで世界に影響を与え続ける北斎。しかし、若き日の北斎に関する資料はほとんど残されておらず、その人生は謎が多い。本作は、歴史的資料を徹底的に調べ、残された事実を繋ぎ合わせて生まれたオリジナル・ストーリー。今までほとんど語られる事のなかった青年時代の北斎をも描いている。
演じるのは、『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭の男優賞を史上最年少で受賞した柳楽優弥と、国際的なダンサーとしても知られる田中泯。W 主演でそれぞれ若き日と老年期の北斎を体現する。北斎を見出す版元の蔦屋重三郎には阿部寛。晩年の北斎に最も影響を与える戯作者の柳亭種彦を永山瑛太。そして、北斎の一つ先を行く美人画の大家・喜多川歌麿を玉木宏が熱演。北斎の怒涛の人生に共鳴した豪華キャスト陣が集結した!
画狂人生の挫折と栄光。幼き日から九十歳で命燃え尽きるまで、絵を描き続けた彼を突き動かしていたものとは?信念を貫き通したある絵師の人生が、170 年の時を経て、今初めて描かれる。

あらすじ

何があっても絶対に諦めず、描き続けた、その先にー。
腕はいいが、食うことすらままならない生活を送っていた北斎に、ある日、人気浮世絵版元(プロデューサー)蔦屋重三郎が目を付ける。しかし絵を描くことの本質を捉えられていない北斎はなかなか重三郎から認められない。さらには歌麿や写楽などライバル達にも完璧に打ちのめされ、先を越されてしまう。“俺はなぜ絵を描いているんだ?何を描きたいんだ?”もがき苦しみ、生死の境まで行き着き、大自然の中で気づいた本当の自分らしさ。北斎は重三郎の後押しによって、遂に唯一無二の独創性を手にするのであった。
ある日、北斎は戯作者・柳亭種彦に運命的な出会いを果たす。武士でありながらご禁制の戯作を生み出し続ける種彦に共鳴し、二人は良きパートナーとなっていく。70 歳を迎えたある日、北斎は脳卒中で倒れ、命は助かったものの肝心の右手に痺れが残る。それでも、北斎は立ち止まらず、旅に出て冨嶽三十六景を描き上げるのだった。そんな北斎の元に、種彦が幕府に処分されたという訃報が入る。信念を貫き散った友のため、怒りに打ち震える北斎だったが、「こんな日だから、絵を描く」と筆をとり、その後も生涯、ひたすら絵を描き続ける。描き続けた人生の先に、北斎が見つけた本当に大切なものとは…?
今だから、見えるものが、きっとあるー。

『HOKUSAI』予告動画

公式HP

hokusai2020.com / Twitter / instagram

キャスト

柳楽優弥
田中泯
玉木宏
瀧本美織
津田寛治
青木崇高
辻󠄀本祐樹
浦上晟周
芋生悠
河原れん
城桧吏
永山瑛太
阿部寛

作品情報

監督:橋本一

企画・脚本:河原れん
配給:配給 S・D・P

公式HP:www.hokusai2020.com /

©2020 HOKUSAI MOVIE

今だからこそ、気持ちを込めて公開中!

HOKUSAI,画像

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  2. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  3. 映画のさりの島
    “やさしい嘘”が生み出した、おとぎ話のような一瞬の時間 2019年ミニシアターファンの心を捉え大ヒ…
  4. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  5. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  6. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  7. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る