57歳デビュー、現在76歳の大ブレイク俳優が圧巻アドリブで魅せる!『HOKUSAI』伝説の色誕生シーン映像解禁!

映画『HOKUSAI』世界中の芸術家を驚愕させた北斎ブルー・ベロ藍!伝説の色が誕生する本編映像一挙解禁!

田中泯演じる北斎が雨中で舞うシーンはアドリブだった!

代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が新千円札のデザインやパスポートに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト 葛飾北斎。ゴッホ、モネなど名だたる印象派アーティストたちに大きな影響を与え、米 LIFE 誌“この 1000 年で偉大な功績を残した 100 人”に選ばれた唯一の日本人です。この度、そんな北斎の知られざる生涯を初めて描く映画「HOKUSAI」が遂に先週、5月28日(金)より劇場公開しました。本作は、その人生に関する資料がほとんど残されていない北斎の生涯を、現存する資料や史実、作品が生まれた年代などを繋ぎ合わせて生まれたオリジナル・ストーリーで、今までほとんど語られる事のなかった青年時代の北斎をも描いています。

北斎が愛した独特の青色“北斎ブルー・ベロ藍”誕生の本編映像解禁!

映画『HOKUSAI』が描くのは、流行り病や権力者による表現への弾圧など、決して自由とは言えない制約された状況でも、何ものにも屈せず、“自分らしさ”を貫き通した葛飾北斎の生き様。葛飾北斎は心を削られるような困難が起こっても、「こんな日だからこそ描く」と筆をとり続けます。

今回解禁させていただくのは、青年期の北斎を演じた柳楽優弥がイチ推しのシーンと語る、田中泯が演じた老年期の北斎が、当時海外の芸術家たちを驚愕させた北斎ブルー・ベロ藍が生まれたシーン映像。5月28日に公開を迎え、SNS上では田中泯演じる北斎に「全てが葛飾北斎!」、「田中泯さんのダンスの様な美しい演技の表現には見惚れました。」、「北斎が 宿ったかのような魂で演じていた。」と、絶賛の声で大いに盛り上がりを見せている。年老いてもなお自分らしさを追求し、新しい手法を追いかけ、絵を描くことに心酔していた北斎は、ベロ藍の美しい色合いを見つけ、青い絵の具を手に取り、雨中で歓喜に舞い始めます。
HOKUSAI,画像
実は当初脚本には舞を踊るという演出はなかったそうで、田中泯のアドリブであったと監督が明かしています。突然雨の中に飛び出したその様子に現場スタッフも驚嘆し、カットがかかると思わず現場は拍手に包まれたというエピソードも。北斎のように世界でもダンサーとして活躍する田中泯だからこそ実現できた奇跡の1シーンであるとも言えるだろう。また、あるシーンの撮影では、「俺の中の北斎が逃げていってしまう!」という声が田中泯から漏れる一幕もあったそうで、まぎれもなく本作の中で、たしかに田中泯が北斎として生きた時間が存在していたといえるのではないだろうか。

そして、本作『HOKUSAI』とともに現在公開中の『いのちの停車場』(東映)では、吉永小百合演じる主人公の医師の父親役という重要な役どころで田中泯は出演を果たしており、現在週末の興行収入ランキングに入る二作品にて名を連ねる。

俳優デビューは57歳、現在76歳にして俳優として大ブレイクを果たしているのは、まるで70歳を超えて世界的に注目されることとなった代表作「冨嶽嶽三十六景」を生み出した、葛飾北斎そのものと言えよう。

世界的ダンサーとしてだけでなく俳優としてもその魅力が大注目され、今もっとも目が離せない田中泯演じる老年期の北斎を、ぜひ、劇場の大きなスクリーンでお確かめください!

『HOKUSAI』本編映像

あらすじ

何があっても絶対に諦めず、描き続けた、その先にー
腕はいいが、食うことすらままならない生活を送っていた北斎に、ある日、人気浮世絵版元(プロデューサー)蔦屋重三郎が目を付ける。しかし絵を描くことの本質を捉えられていない北斎はなかなか重三郎から認められない。さらには歌麿や写楽などライバル達にも完璧に打ちのめされ、先を越されてしまう。“俺はなぜ絵を描いているんだ?何を描きたいんだ?”もがき苦しみ、生死の境まで行き着き、大自然の中で気づいた本当の自分らしさ。北斎は重三郎の後押しによって、遂に唯一無二の独創性を手にするのであった。
ある日、北斎は戯作者・柳亭種彦に運命的な出会いを果たす。武士でありながらご禁制の戯作を生み出し続ける種彦に共鳴し、二人は良きパートナーとなっていく。70 歳を迎えたある日、北斎は脳卒中で倒れ、命は助かったものの肝心の右手に痺れが残る。それでも、北斎は立ち止まらず、旅に出て冨嶽三十六景を描き上げるのだった。そんな北斎の元に、種彦が幕府に処分されたという訃報が入る。信念を貫き散った友のため、怒りに打ち震える北斎だったが、「こんな日だから、絵を描く」と筆をとり、その後も生涯、ひたすら絵を描き続ける。描き続けた人生の先に、北斎が見つけた本当に大切なものとは…?
今だから、見えるものが、きっとあるー。

公式HP

hokusai2020.com / Twitter / instagram

キャスト

柳楽優弥
田中泯 
阿部寛 
永山瑛太 
玉木宏 
青木崇高 
瀧本美織 
津田寛治

作品情報

監督:橋本一
企画・脚本:河原れん

配給:配給 S・D・P
©2020 HOKUSAI MOVIE

今だからこそ、気持ちを込めて公開中!

HOKUSAI,画像

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  2. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  3. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  4. 映画のさりの島
    “やさしい嘘”が生み出した、おとぎ話のような一瞬の時間 2019年ミニシアターファンの心を捉え大ヒ…
  5. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  6. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  7. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る