映画『わたしに××しなさい!』公開記念トークイベント(登壇:玉城ティナ・小関裕太・オラキオ)

映画『わたしに××しなさい!』公開記念トークイベント(登壇:玉城ティナ・小関裕太・オラキオ)

映画『わたしに××しなさい!』の公開記念として、連続TVドラマ版「わたしに××しなさい!」の上映会&トークイベント(舞台挨拶)が5月24日(木)、新宿バルト9で行われました。W主演を務めた玉城ティナさんと小関裕太さんが登壇した他、お笑い芸人で本作にも主演したオラキオさんがトークの進行を務めました。

冒頭からテンション高めのオラキオさんに引っ張られる形で2人もそれぞれの想いを語り、「ティナさん可愛い!」との観客からの声に「ありがとう!」とオラキオさんの勘違い場面も会場を和ませました。小関さんは上裸写真について言及し、プールに飛び込むシーンでずぶ濡れになって何も気にせずシャツを脱いでいたと話す一方、玉城さんは「私には無かった青春感でした。それを(撮影で)疑似体験出来て良かったです」とコメント。

映画『わたしに××しなさい!』公開記念トークイベント(登壇:玉城ティナ・小関裕太・オラキオ)

玉城さんは他にも色々と面白いシーンがたくさんあって、「ば~ん」とか「ふぁ~」みたいな、ここではちょっと言えないですねと照れ笑いする場面も。

話題がミッションの場面に及ぶと、「私の首筋を噛みなさい」というミッションに対して、小関さんはとても難しいシーンだったと振り返ります。実は監督にはこだわりがあって、何度もNGを出され、テイクを重ねたシーンだったことを明かしてくれました。

映画『わたしに××しなさい!』公開記念トークイベント(登壇:玉城ティナ・小関裕太・オラキオ)

オラキオさんは「こんなにも美しい鎖骨があるんだ」「初の鎖骨映画といっても過言ではない」とこだわりの場面を絶賛しました。さらに、小関さんはSの加減が難しかったと話し、Sっ気を過度に出し過ぎるとヤンキーのようになってしまうので、匙加減(さじかげん)を毎日研究しながら撮影に挑んでいたそうです。

エンディングでは3人揃って「バツ」のポーズを決めてトークイベントは盛況に終了。最後に観客よりミッションを求められた小関さんは「朝ごはんをちゃんと食べなさい」と優しく答えてくれました。

映画『わたしに××しなさい!』公開記念トークイベント(登壇:玉城ティナ・小関裕太・オラキオ)

本作は6月23日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開です。


■ 作品紹介
累計発行部数200万部を突破した遠山えまの少女コミックを、「暗黒女子」の玉城ティナと「覆面系ノイズ」の小関裕太のダブル主演で実写映画化。
ケータイ小説家として活躍する女子高生・雪菜は、人気者の同級生・時雨のとある秘密を知る。恋愛小説のネタのため、時雨を脅迫してさまざまな恋のミッションを課す雪菜だったが、その要求は次第にエスカレートしていき……。

雪菜の幼なじみで時雨をライバル視する晶役に「イタズラなKiss THE MOVIE」の佐藤寛太、時雨を一途に思い続ける幼なじみ・マミ役に「ミスミソウ」の山田杏奈、時雨の腹違いの弟・氷雨役に「逆光の頃」の金子大地。「グッモーエビアン!」「猫なんかよんでもこない。」の山本透監督がメガホンをとる。

■ 予告動画

■ キャスト
玉城ティナ
小関裕太
佐藤寛太
山田杏奈
金子大地
オラキオ
高田里穂

■ スタッフ
【原作】
遠山えま『わたしにXXしなさい!』(講談社「KC なかよし」刊)

【監督】
山本透

【脚本】
山本透
北川亜矢子

【製作】
間宮登良松

■ 公開情報
6月23日(土) 新宿バルト9ほか全国公開

■ 公式サイト
http://batsu-shina.jp

■ コピーライト
© 2018「わたしに××しなさい!」製作委員会





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメントは利用できません。

注目映画

  1. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  2. 画像,EXIT
    韓国動員数940万人突破の大ヒット! 『新感染』の次に見るべきサバイバル・パニック映画はこれだ! …
  3. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…
  4. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  5. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  6. 画像,ひとよ,佐藤健
    壊れた家族は、つながれますか。 白石和彌監督最新作 映画『ひとよ』 ■イントロダクション 十…
  7. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…

Facebook





ページ上部へ戻る