兄弟編・恋愛編『アジアの天使』特別映像解禁!

『アジアの天使』兄弟編・恋愛編特別映像解禁

池松壮亮×オダギリジョー【兄弟編】
池松壮亮×チェ・ヒソ【恋愛編】

『舟を編む』で日本アカデミー賞監督賞を最年少で受賞、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』でアジア・フィルム・アワード、アジア最優秀監督賞を受賞し、その他にも『生きちゃった』『茜色に焼かれる』など数々の名作を発表し続けている石井裕也監督の最新作『アジアの天使』7月2日(金)よりテアトル新宿ほか全国ロードショーとなります。石井監督が、あらためて初心に返り、これまでの経験値に頼らずにオール韓国ロケで挑んだ意欲作。優しさと力強さが調和した人間ドラマであり、誰も見たことのない「アジアの家族映画」が完成しました。

妻を病気で亡くしたシングルファーザーの青木剛とひとり息子の学、そしてソウルでその日暮らしの生活を送る剛の兄、透。韓国でタレント活動をしているソルとその兄と妹。ソウルから江原道(カンウォンド)へと向かう列車で偶然巡り合った二つの家族は、言葉が通じ合わないにもかかわらず、不思議な旅を共にすることに・・・。

主人公の青木剛を演じたのは『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』『ぼくたちの家族』など、石井監督作品には欠かせない顔である池松壮亮。剛が身を寄せることになる韓国在住の兄には、石井監督演出のTVドラマ「おかしの家」で主演をつとめたオダギリジョー。元アイドルで売れない歌手のソル役には『金子文子と朴烈』のチェ・ヒソが扮しています。

【兄弟編】【恋愛編】 2種類の特別映像を解禁

【兄弟編】
最愛の妻を失い喪失感を抱える小説家の青木剛(池松壮亮)は8歳のひとり息子・学を連れ韓国へ渡った。疎遠になっていた兄・透(オダギリジョー)から「韓国で仕事がある」という言葉を頼りにしたが、あてにしていた仕事は最初からなかったことが判明。代わりに韓国コスメの怪しげな輸入販売を持ちかけられるが、その事業も失敗に終わる。ほかに打つ手のない剛たちは、藁をも掴む思いでソウルから北東部にある海沿いの江陵(カンヌン)を目指す。

妻を失い深い悲しみと向き合ったからこそ、言葉や文化を超えて人と人が分かり合おうとすることをあきらめない剛と、剛とは対照的な、いい加減に見えてどこか憎めない飄々とした兄の透との息の合った掛け合いのシーンが映し出されている。
アジアの天使,画像 
江陵に向かう電車の中で黙々と小説を書く剛と、暇を持て余したように剛の後部座席からパソコン画面をのぞき込みちょっかいを出し始める透。

「あの悲しげな瞳、さすがにダサいだろう…」 うんざりしている剛をよそに「うるさくてもお兄ちゃんは言うべきことは言うよ」続けて「お前の小説全然売れないな、ていうかお前旅が好きだよな、だから韓国まで来たんだろ、いや違う、生活に困ってたのか」と軽快な弟イジリは止まらない…剛はたまらなくなり「お前マジ勘弁してくれ、そのデリカシーの無さやばいぞ、お前のせいでこんな事態になっているんだぞ」と淡々と詰め寄るが、透はのらりくらり「お前って言うな、お兄ちゃんと言え」と適当にかわしてしまう。

池松とオダギリが織りなす兄弟ならではの軽快なやりとりも本作の魅力のひとつ、この旅を通して疎遠だった兄弟の絆も深まっていくのか、注目してほしい。

【恋愛編】
ソウルのショッピングセンターの一角で、剛は観客のいないステージに立つソル(チェ・ヒソ)を目撃する。元・人気アイドルで歌手のソルは、自分の歌いたい歌を歌えずに悩んでいたが、若くして亡くなった父母の代わりに、兄・ジョンウ(キム・ミンジェ)と喘息持ちの妹・ポム(キム・イェウン)を養うため、細々と芸能活動を続けていた。
アジアの天使,画像
市場で再びソルをみかけた剛は言葉が伝わらないことを知りながら、泣いているソルをほっておけず、日本語で話しかける。「大丈夫ですか」と一言。ソルは剛に気づくが、自分を見ながら笑っている剛に対して「なに笑ってるのよ!」と一蹴し、ディスコミュニケ―ションが生まれてしまう。その後、江陵(カンヌン)行きの列車で再会した剛とソルは、それぞれの行き先を目指しながら旅を共にすることになる。
アジアの天使,画像
ソルの「あなたは私の言葉が理解できないからこっそり弱音をはいているだけ」と剛につぶやく。剛は言葉が分からないながらサングラス奥のソルの悲しげな表情を心配し寄り添っていく。

旅を共にするうちに、同じ痛みを抱えていたこと、2人とも“天使“を見たことがあったことなど、言葉が通じ合わなくても、しだいに距離が縮まっていく2人の様子が映し出されている。「あなたは私の運命の人なの?」最後に流す2人の涙の理由とはー。剛とソルの関係の行方に注目してほしい。

『アジアの天使』特別映像【兄弟編】

『アジアの天使』特別映像【恋愛編】

あらすじ

8歳のひとり息子の学(佐藤凌)を持つ小説家の青木剛(池松壮亮)は、病気で妻を亡くし、疎遠になっていた兄(オダギリジョー)が住むソウルへ渡った。ほとんど韓国語も話せない中、自由奔放な兄の言うがまま怪しい化粧品の輸入販売を手伝う羽目に。
元・人気アイドルのソル(チェ・ヒソ)は、自分の歌いたい歌を歌えずに悩んでいたが、亡くなった父母の代わりに、兄・ジョンウ(キム・ミンジェ)と喘息持ちの妹・ポム(キム・イェウン)を養うため、細々と芸能活動を続けていた。
しかし、その時彼らはまだ知らない。
事業に失敗した青木と兄、学たちと、資本主義社会に弾かれたソルと兄、妹たち ── どん底に落ちた日本と韓国の 2 つの家族が共に運命を歩む時、ある“奇跡”を目の当たりにすることを・・・

キャスト

池松壮亮 
チェ・ヒソ 
オダギリジョー
キム・ミンジェ 
キム・イェウン 
佐藤凌

脚本・監督

石井裕也

製作:五老 剛、竹内 力、ハン・ドンヒ、浜田稔、森田 篤、永田勝美、宮前泰志 
エグゼクティブプロデューサー:飯田雅裕 
プロデューサー:永井拓郎、パク・ジョンボム、オ・ジユン 
共同プロデューサー:神保友香
音楽:パク・イニョン 
撮影監督:キム・ジョンソン 
助監督:藤本信介 
美術:渡辺大智 
韓国美術:イ・アヨン 
録音:チェ・ジェワン 
スタイリスト&ヘアメイク:ナム・ジス 
編集:ジョ・ヒョンジュ、岡崎正弥、石井裕也 
VFXスーパーバイザー:赤羽智史

製作:『アジアの天使』フィルムパートナーズ (朝日新聞社、RIKIプロジェクト、D.O.CINEMA、北海道文化放送、UNITED PRODUCTIONS、ひかりTV、カラーバード)
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、SECONDWIND FILM 
配給・宣伝:クロックワークス
助成:文化庁ロゴ 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会 KOFIC、ソウルフィルムコミッション、カンウォンドフィルムコミッション
公式HP:http://asia-tenshi.jp/
© 2021 The Asian Angel Film Partners

2021年 7月2日(金)
テアトル新宿ほか全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  2. 運命に翻弄されながら再会を願い続けた夫婦二人の11年にも及ぶ愛の実話。 二宮和也が主演を務め、シベ…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  5. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  6. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  7. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る