笠松将主演『リング・ワンダリング』劇場公開決定!

リング・ワンダリング,画像
※この映画はまだ評価がありません。

主演・笠松将(『花と雨』)× ヒロイン・阿部純子(『孤狼の血』)
東京下町を舞台に、ある一夜の出会いを描く切ない幻想譚

この度、『リング・ワンダリング』が、2022年2月に公開が決定し、主演をいま最も勢いのある若手俳優・笠松将、ヒロインを国際的にも活躍中の阿部純子がつとめることも解禁となりました。

リング・ワンダリング,画像

監督は、前作『アルビノの木』で北京国際映画祭など世界各国の映画祭でノミネート上映されグランプリ含む20の賞を受賞した金子雅和。待望のオリジナル新作長編が遂に完成いたしました。

笠松将が演じるのは、漫画家を目指す草介。幻のニホンオオカミを題材にした漫画を構想するものの、上手く描けず悩む青年に扮する。そんな草介が出会う、不思議な娘・ミドリに阿部純子。草介が描く漫画のヒロイン・梢の二役を演じる。
物語の舞台は東京の下町。草介がミドリを図らずも怪我させたことから、彼女の家族が営む写真館まで送り届けることになり、その家族との出会いを通じて、東京という土地に眠る過去の記憶を知ることとなる。
人間の「生」や「死」に実感を持てない若者が、運命的な出会いを通して、命の重みを知る幻想的で切ない物語となっている。

公開にあたり、主人公・草介を演じる笠松は「金子監督とは、沢山の意見交換を行いました。監督の全身全霊の愛を感じる事ができる、暖かい作品になっています。 」、草介と運命的に出会うミドリ役の阿部は「映画の登場人物として、 自然の中でそこに”ある”ことができて、本当に幸せでした。」と、金子監督の作品世界を絶賛。監督からは「主人公を演じる笠松将さんの野生的な佇まいと眼差し、ヒロインの阿部純子さんが持つ神秘性。二人の魅力が、一夜の夢のような物語を成立させてくれました。」
と、ふたりの存在が、本作に欠かせなかったことを明言した。

コメント

金子監督とは、沢山の意見交換を行いました。監督の全身全霊の愛を感じる事ができる、暖かい作品になっています。
草介という役については、先の事は一切考えず、目の前のことだけに熱中する事を大切にしました。
不思議な世界のお話です。ただ、もしかしたら僕たちもこの主人公のような体験を知らず知らずの内にしているのかもしれない。
この作品に出会い、僕には知らない事があまりにも多いという事に気付かされました。
大切なものをもっと大切に生きていきたいと思います。
とても繊細で、優しい、ヒューマンドラマです。思い悩むこの時代の全ての人が、優しくなれる作品です。
ーー笠松 将

金子監督の作る映画の美しさは、まるで墨絵のような深みがあります。
日本でしか見られない壮大な自然が、ひとりの登場人物として雄弁に語り出し、いつの間にか物語を凌駕しているのです。
初めてロケ現場に足を踏み入れた時、 一切の妥協を許さない監督の作品に対する姿勢に圧倒されたことを覚えています。
私は、ただ、その映画の登場人物として、 自然の中でそこに”ある”ことができて、本当に幸せでした。
「リング・ワンダリング」とは、『人が方向感覚を失い、無意識のうちに円を描くように同一地点を彷徨い歩くこと』を指す、とのこと。
この映画で、ぜひそんな感覚を疑似体験してみてください。
ーー阿部純子

自然と人間の関係を描いた初長編監督作『アルビノの木』の公開が終わったあと、オリンピックに向け再開発が進む東京に対し言葉にならない不安を抱いていた私は、ある日突然、東京の地面の下から発掘された遺物をきっかけに、この土地が持っている過去の記憶が蘇る物語を発想しました。
本作のタイトルは、漫画を描くことに没頭する若き主人公が体験した、現実と幻想の間を行き来する「命の旅」を表わしています。
主人公を演じる笠松将さんの野生的な佇まいと眼差し、ヒロインの阿部純子さんが持つ神秘性。この二人以外はなかった、と確信する彼らの魅力が、一夜の儚い夢のような物語を実現させてくれました。ぜひ劇場でご体験下さい。
ーー金子雅和(監督)

作品情報

監督:金子雅和
脚本:金子雅和 吉村元希
劇中漫画:森泉岳土 音楽:富山優子
撮影:古屋幸一 照明:吉川慎太郎 美術:部谷京子 録音:岩間翼 音響:黄永昌 VFX:高橋昂也
スタイリスト:チバヤスヒロ メイク:知野香那子 イメージボード:金子美由紀 助監督:土屋圭
制作主任:名倉愛 アソシエイトプロデューサー:松井晶子 ラインプロデューサー:武石宏登
キャスティング:大松高 エグゼクティヴ・プロデューサー:松本光司 プロデューサー:塩月隆史 鴻池和彦
製作協力:中山豊 中田直美
製作:リング・ワンダリング製作委員会(Monkey Syndicate、ラフター、プロジェクト ドーン、cinepos、kinone)
2021年/日本/103分/カラー Ⓒ2021 リング・ワンダリング製作委員会
配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト

2022年2月
渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国公開

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  2. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  3. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. カンヌ開幕中!日本映画で唯一のコンペ部門出品作『ドライブ・マイ・カー』90秒予告初公開!
    家福(西島秀俊)の辿る運命から目を逸らせない― 主演に西島秀俊を迎え、村上春樹の短編を映画化した濱…
  6. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  7. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る