山本修夢「プーチンにインタビューするようなジャーナリストではない」『ハチとパルマの物語』監督からのアドバイス明かす

ハチとパルマの物語

作家の佐藤優氏「秋にグッと動くかもしれません」日露関係に言及
日露合作映画『ハチとパルマの物語』トークイベント

モスクワの空港で2年もの間、飼い主を待ち続けた忠犬・パルマの実話を描いた日露合作映画『ハチとパルマの物語の公開を記念して6月20日(日)、東京・渋谷のヒューマントラストシネマ渋谷にてトークイベントが開催された。日露関係に詳しい作家の佐藤優氏、本作にジャーナリスト役で出演している山本修夢さんが出席したほか、参議院議員で佐藤さんとも親交があり、ロシアとの関係も深い鈴木宗男氏も来場した。

本作にジャーナリスト役で出演している山本さんは近年、ロシアのドラマや日露合作映画『ソローキンの見た桜』にも出演しており、ロシア語で演技をする機会も多いという。本作の現場では監督から「役作りのアドバイスとして『あなたの役はジャーナリストだけどプーチンにインタビューするようなジャーナリストではない』と言われました(笑)」と明かし、笑いを誘う。

「商社マンが女性を口説くようなうまいロシア語でした」

そんな山本さんの演技について、佐藤さんは「ロシア語がすごくうまかったです。確かにジャーナリストのロシア語じゃないんです。ジャーナリストのロシア語はもう少したどたどしい。あれは商社マンのロシア語に近いですね。経歴を見る前、俳優になる前に商社の社員だったのかと思うくらい、商社マンが女性を口説くようなうまいロシア語でした(笑)」とユーモアを交えつつ絶賛した。

さらに、ロシアの側から見た本作の見どころ、ロシアでのヒットの要因について佐藤さんは「1977年が舞台になっていますが、私がソ連に行ったのは1975年で、当時のソ連は日本よりもはるかに豊かで世界的に見ても生活水準が高かったんです。一番豊かな頃であり、アフガン紛争の前の平和なソ連で、体制の中にいるんだけど、いろんな人の人間的な物語が描かれているんですね。60代以上の人にとっては、当時のソ連が懐かしいし、若い人も両親からソ連時代は悪いことばかりじゃなかったという話を聞いていて、ソ連崩壊から約30年が経って、ソ連時代を見直すという空気にこの映画はピタッとハマったと思います」と分析する。

山本さんは、佐藤さんの言葉にうなずき、ベラルーシで行われた撮影を述懐。「撮影現場の飛行場跡地に入った瞬間、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』じゃないですけど、30年前のソ連ってこうだったんだなと思えるくらい、細かい部分まで当時の様子が精巧に再現されていて、ソ連の匂いを感じてわくわくするような体験でした」と語る。

こうした再現性の高さについては佐藤さんも太鼓判を押す。「すごいなと思ったのがアエロフロート航空の窓口の女性。70年代後半のソ連時代の典型的な航空会社の職員で、サンドウィッチを食べてるんですけど、あれは野菜も何もなく、白いパンに切ったハムを挟んだだけの典型的な当時のロシア人のお昼ごはんです」と驚きを口にした。

飛行機「イリューシン18」撮影裏話

ハチとパルマの物語
また、映画に出てくる飛行機「イリューシン18」についても言及。佐藤さんが「いまは騒音の基準をクリアできないので、この飛行機は簡単に飛ばせられないはず」と指摘すると、司会を務めた本作のプロデューサーから、飛行機のシーンの撮影が(騒音の規制から外れる)ロシアの軍事空港で行われ、それゆえに日本人の俳優が入ることが許されないため、見た目が日本人に近い現地の俳優を起用したなどといったエピソードが明かされた。

さらに、ゲストとして鈴木宗男参議院議員も登場。マイクを握った鈴木議員は「ハチとパルマを見ていて、我々政治家が失ってはいけないこと、忘れてはいけない大事な心を教えていただいたと思います」と感想を口にした。さらに“盟友”佐藤さんの存在についても「私にとって、佐藤さんとの関係はハチとパルマのようなもの。一緒に逮捕されて(笑)、しかし、いまや佐藤さんは“知の巨人”と呼ばれている。私は佐藤さんと出会えて、付き合いを持てて良かったなと思っています」と語った。

佐藤さんは、最後に今後の日露関係について問われ「いい方向に進むと思います。この映画が作れているということ自体がひとつの証拠です。政府が『やれ』と言うのではなく草の根からの民間の支援がないとこういう映画はできないので」と説明。さらに、安倍政権が築いてきたロシアとの関係、北方領土問題、先日の米露首脳会談にも触れつつ「アメリカとロシアはケンカしないと決めたので、うまくいく条件が整っていると思います。秋にグッと動くかもしれません」とポジティブな期待を口にしていた。

山本さんは観客に向けて「出演者のひとりではあるんですけど、パルマが一生懸命大スクリーンを走っている姿を見ていると感動して涙が出てきます。たくさん映画を観ている見識ある方に『なんでワンちゃんが飼い主に走っていく姿を見ると涙が出るんでしょうか?』と聞いたら『純粋だからじゃないか?』と言っていました。生きていると、計算とか思惑とかいろんなことがあるかもしれないけど、ワンちゃんたちは純粋に飼い主さんを愛している。パルマが一生懸命走っている姿を劇場で見ていただければと思います」と呼びかけ、会場は温かい拍手に包まれた。

『ハチとパルマの物語』は全国公開中。

『ハチとパルマの物語』予告編

キャスト

渡辺裕之
藤田朋子
アナスタシア
壇蜜
高松潤
山本修夢
早咲
アレクサンドル・ドモガロフ
レオニド・バーソフ
ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ
阿部純子(友情出演)
堂珍嘉邦(友情出演)
アリーナ・ザギトワ(友情出演)

監督

アレクサンドル・ドモガロフJr.

脚本

アレクサンドル・ドモガロフJr.
村上かのん

主題歌

「愛の待ちぼうけ」堂珍嘉邦(AGレーベル)

配給:東京テアトル/平成プロジェクト
公式HP:akita-movie.com
©2021 パルマと秋田犬製作委員会

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  4. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  5. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  6. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  7. 映画のさりの島
    “やさしい嘘”が生み出した、おとぎ話のような一瞬の時間 2019年ミニシアターファンの心を捉え大ヒ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る